タグ:異常シチュ

  • 倒錯の夏

    倒錯の夏 第1章 一日目・8月6日 プロローグ その日は、片田舎の民宿にしては珍しく忙しい日だった。団体客を早朝に送り出したばかりだというのに、午後3時には次の団体の予…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 美奈子

    美奈子 ―"MINAKO" a wife of boys' toy. ― 第1話  美奈子 私は23歳の人妻です。元は小学校教師で、1年前に職場の同僚の男性(もちろん彼…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 捻れた絆

    捻れた絆 私は、土曜、日曜と1泊まりで、妻と共有の友人の結婚式に里帰りしました。私は浩市 28歳 妻の美沙23歳 今年で結婚4年目を向かえたごく普通の家庭です。また新郎の勇次は高校時代からの新友で、たまたま新婦の綾…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 古井戸の呪い

    (1) 「うぉ~い、みんなぁ。撤収、撤収~!」 現場監督の野太い声がだだっ広いホールに響き渡る。 今日の仕事が終わったのだ。 やれやれと言いながら、皆撤収作業にかかり出す。 その中で、唯一人、黙々と作業を続ける者が…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 主婦売春が日常の町

    家族の夕餉にスマホの着信音が響く。発信者を見るなり煮魚を掴んだ箸を置いて、洋子はいそいそと支度を始めたのであった。 「あなた、私の分だけ取ってあとは片付けお願いね」「お客さん?」「ええ、ちょっと遅くなるから子供たち…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 母が連れ去られてからもう2週間がたとうとしている。母は半強制的に同級生の剛太のマンションで囲われ…
  2. 美奈子 ―"MINAKO" a wife of boys' toy. ― …
  3. 『僕の好きな委員長は僕の嫌いなクラスの不良に女にされていた。』委員長はどちらかというとクラスでも地味…

おすすめ記事

  1. 2015-7-23

    悪者と僕

    その封筒を、最初に見つけたのは僕だった。――これって、 お母さん、 封筒の中には、母の写真が入っ…
  2. 2015-6-9

    不倫残業で上司の巨根の虜とされていた妻

    ■不倫残業で上司の巨根の虜とされていた妻(全画面でプレイ)[説明]インストール不要でブラ…
  3. 2015-6-7

    いつも楚々とした母が僕のせいで……

    栃木県の那須塩原の近くに父の会社の社長が保有する別荘があった。 子供の頃、毎年、夏休みになると、そ…

ピックアップ記事

  1. 陥落した母

  2. 倒錯の夏

  3. 不倫残業で上司の巨根の虜とされていた妻

ページ上部へ戻る