タグ:卑語・淫語

  • セックスレスの私に、若い3人の子達が

    目覚まし時計の音に夢の中から揺り起こされる。 35歳になり、目覚まし時計に反応するまでの時間が長くなったのを実感する・・・。 まだ少しボーッとしているけど、いつものように息子を起こさないように、そっとベッドを出る私。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 倒錯の夏

    倒錯の夏 第1章 一日目・8月6日 プロローグ その日は、片田舎の民宿にしては珍しく忙しい日だった。団体客を早朝に送り出したばかりだというのに、午後3時には次の団体の予…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 美奈子

    美奈子 ―"MINAKO" a wife of boys' toy. ― 第1話  美奈子 私は23歳の人妻です。元は小学校教師で、1年前に職場の同僚の男性(もちろん彼…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 清楚だった彼女が先輩に寝取られて…

    俺の彼女は、社内では付き合っている事は秘密にしている。 24歳、事務員 アヤです。(俺は27歳) ある日、会社の先輩でもあるアキラさんから飲み会に誘われました。 アキラさんは30歳で既婚、奥さんはやはり同じ会社…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 金髪ビッチだった嫁は、今では黒髪の上品な主婦になっていた

    私の妻は、4歳年下だ。まだ私が大学生の時に彼女に知り合い、そして、色々とあったが結婚に至った。 妻の純子は、今は専業主婦をしていて、そろそろアラサーと言われる年齢になってきたので、最近子作りを始めたところだ。と言っ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【To LOVEる】 リトのアンラッキースケベ 古手川唯編

    【あらすじ】 自宅のポストに不審なDVDを見つけたリト。そのDVDには彼のよく見知った女生徒が何人もの男たちに犯されている映像が収められていた…… ■【To LOVEる】 リトのアンラッキースケ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 不倫残業で上司の巨根の虜とされていた妻

    【あらすじ】商社に勤めている妻の出社後、休みであった夫は妻のクローゼットの中からDVDを見つける。胸騒ぎを覚えてDVDを再生した夫が目にするものとは…… ■不倫残業で上司の巨根の虜とされていた妻…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 愛情よりも

    お隣さん① 結婚して十数年。不倫や浮気など考えたこともなかった私が、あんな体験をするなんて。私は今年36才になる主婦です。顔はごく普通で、身長がわりと高く骨太の体型で、独身時代もあまり男性にモテたという経験はありま…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 被虐天国

    前作 → 2対1の交換 ニュートン 「被虐天国」 予告 「2対1の交換」ですっかり私の恥ずかしい性癖を全国の方に知られる事となってしまいました。 T・和夫はいつもわたしを嫉妬させ、興奮させ、結局、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2対1の交換

    夫 Y 43才、妻 知子 35才 1.再婚  今、私たち夫婦の寝室で、夫である私以外の男であるT・和夫が・・ 何の遠慮もなく、コンドームも付けずに私の妻である知子の膣内にイチモツを挿入して・・・・ 生の膣内の滑り…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた

    嫁の麗子とは結婚してまだ2年だ。お互いに32歳で、職場結婚だ。大手ハウスメーカーに勤務していて、世帯年収は1700万ほどあり、余裕のある生活を送っていた。 つきあい始めの頃は、俺の方が引っ張っていくような関係だった…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 大学のサークル

    今日大学のサークルに出ようと思って部屋のドアに手を掛けた。ドアには何の意味があるのかわからんが、小さい小窓がついていて部屋をのぞけるようになっている。いつもはそんなところから部屋を覗いたりしないんだが、部屋の前までき…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 趣味で撮ってた彼女とのハメ撮りのチンポが俺じゃなかった

    昔付き合ってた彼女と、よくハメ撮りしてました。てか、ほとんどその為にバイトして8mmビデオカメラ買ったんです。もちろん、ちょくちょくそれをオカズにするわけですが、ある日ふとその気になったらカメラが見当たらない。ああ、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 母の梓

    午後六時ごろ帰宅した努は、自宅に灯かりが無い事に気がついた。 普段であれば、母の梓が台所に電気をともし、夕食の準備をしている時間にも関わらず、外から見る限り家の中は真っ暗である。 駐車場を見ると、車があるので出か…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 幼馴染が家にやってきた

    家族は父親一人きりという父子家庭で育った主人公。彼には幼馴染がいる。 小さい頃から一緒に遊んだ幼馴染。ともに原っぱを駆け回った幼馴染。クラスメートでもある幼馴染。 ショートヘアがトレードマークの活発な君。運動部に所…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 計画的混浴

    この話は先週の休日、馬鹿な亭主、そう私が妄想の世界を現実の世界へと計画してしまった話です。 記憶がまだ鮮明に残っていますので、皆さんに告白します。 尚、ご意見、感想等、ありましたら当掲示板または直接メール頂けると…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 寝取られボウヤ<商店街シリーズ④>

    (いやらしい体つきになってる・・・) 浴室にある大きな鏡の前で湯上りの裸身を映しながら、遥はそんな思いに悩まされていた。 温泉での相姦劇後、商店街の面々は飯島にいい含められれているのか、遥を嬲りに来る事が 無くなった…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 町内会の寄り合い(外伝)<商店街シリーズ③>

    紅葉が美しく色付いた十一月の某日、遥と真治は商店街恒例の慰安旅行で、ひなびた温泉街に来ている。今、二人は貸し切り状態になった混浴の露天風呂に入り、ゆったりと体を休めていた。「真治、もっとこっちへいらっしゃいよ」「お、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 飯島の回想<商店街シリーズ②>

    その日、飯島酒店の後継ぎである飯島清は、御用聞きの最中にいきつけの喫茶店『はるか』で一休みをしていた。当節十九歳。高校を中退し、あまり素行が良いとはいえないこの少年を、喫茶『はるか』の女主人、佐古遥は事ある毎に優しく…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 町内会の寄り合い<商店街シリーズ①>

    「ただいま、あれ?母さんは?」「商店街の寄り合いに行ったよ。遅くなるから先に寝てなって、言ってた。」「そうか」まだ晩夏の雰囲気が漂う薄曇の八月某日、地元の公立高校に通う佐古真治は、中学生の妹、奈津実とそんな会話を交わ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1.  私はトルネコ。旅をしながら商売をしているもので、ひょんなことから勇者様の旅に同行することになっ…
  2. 【あらすじ】商社に勤めている妻の出社後、休みであった夫は妻のクローゼットの中からDVDを見つける。胸…
  3. 「……!?」倉庫を整理していたらとんでもないものを見つけてしまった。それはぼくの母さんが見知らぬ…

おすすめ記事

  1. 2015-7-23

    悪者と僕

    その封筒を、最初に見つけたのは僕だった。――これって、 お母さん、 封筒の中には、母の写真が入っ…
  2. 2015-6-9

    不倫残業で上司の巨根の虜とされていた妻

    【あらすじ】商社に勤めている妻の出社後、休みであった夫は妻のクローゼットの中からDVDを見つける。胸…
  3. 2015-6-7

    いつも楚々とした母が僕のせいで……

    栃木県の那須塩原の近くに父の会社の社長が保有する別荘があった。 子供の頃、毎年、夏休みになると、そ…

ピックアップ記事

  1. 不倫残業で上司の巨根の虜とされていた妻

  2. 陥落した母

  3. 幼馴染が家にやってきた

ページ上部へ戻る