タグ:中年

  • 2対1の交換

    夫 Y 43才、妻 知子 35才 1.再婚  今、私たち夫婦の寝室で、夫である私以外の男であるT・和夫が・・ 何の遠慮もなく、コンドームも付けずに私の妻である知子の膣内にイチモツを挿入して・・・・ 生の膣内の滑りを味…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 柔道整復業界における需要と供給

    柔道整復業界における需要と供給 36才.柔道整復見学師  会社に向かう途中、@治療院の看板が見えます。 最近、どうも腰が痛いという妻の愚痴を思い出した私は、たまには奥さん孝行でもしてみるか等と、柄にもないことを考え…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた

    嫁の麗子とは結婚してまだ2年だ。お互いに32歳で、職場結婚だ。大手ハウスメーカーに勤務していて、世帯年収は1700万ほどあり、余裕のある生活を送っていた。 つきあい始めの頃は、俺の方が引っ張っていくような関係だった…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家庭訪問

     私は40歳の公務員です。妻は36歳で、私が言うのもなんですが、美しい妻だと思っています。いや美しいというより、色気のある女です。結婚10年目の今でも、服装から言葉遣い、床の中まで気を使ってくれて、男の私を満足させて…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 変わりゆく妻

    みなさま、はじめまして。自己紹介からします。私「しげる 35歳」妻「ゆみこ 34歳」結婚5年を向かえた夫婦です。子供はいません。半年前までは全く普通の夫婦でした。本当に平凡な夫婦でありました。 1年ほど前、初めてパ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 農業体験

     昔、4月某所で農業体験の一泊ツアーが募集されていました。 母は、親父が定年したら、のんびり田舎で農業でもしながら過ごすのも悪くないかもと、甘い考えを持っていて、偶々見付けたこのツアーに参加した。本当は親父を誘ったの…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 映画館で

    私が小学校高学年の頃の話です。当時、母は35歳この頃はグラマーと呼べる体型で巨乳、夏など薄着で歩くとすれ違いざまチラりと母の胸に視線を浴びていたのを子供心に覚えています。梅雨の終わりも近いある小雨の休日、たまたま見て…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 悩める父親

    (1)  皆さん、私の悩みを聞いて下さい。 それは2歳になる、我が家の長女のことですが、どうも私の子ではないようなのです。「ようなのです」というよりも、まず間違いなく私以外の男の子供だと思います。 妻は他の男の子種…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 妻は義父のモノ

      第一話  私は29歳、妻の瞳は23歳。 瞳と結婚してから四年。瞳は小柄で痩身なので今でも女子高生に間違えられるほどだ。子供は二人いるのだがどちらも私の子供ではない。これからここに書くことは私の屈辱と絶望にまみれ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 強烈なエロおやじに母親を犯させた

    厨房の頃、あるマンションの管理人のおやじと知り合いになった。そのおやじは、そのマンションで捨てられたエロ本をくれるのでエロまっ盛りの漏れには、親友に匹敵するくらいの重要人物となった。おやじは一人暮らしの住み込みらしく…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【ドラゴンクエスト・トルネコの大冒険】せめて悪い夢ならば(仮題)

     私はトルネコ。旅をしながら商売をしているもので、ひょんなことから勇者様の旅に同行することになってしまいました。 そのおかげで、やはり家を留守にする期間も長くなってしまいます。ただ一人の、気ままな旅では無く、仲間であ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【アイドルマスターシンデレラガールズ:渋谷凛】りんこうりゃく

    「いやぁ、君が凛ちゃんだね? 初めまして」 「……どうも」 「ま、ま。座って座って」  どこか甘ったるい香りに咽そうになりながら、私――渋谷凛は、じろりと目の前の男を睨んだ。  30代から40代程度だろうか。  男の身…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 悪魔の契約と妻の裏切り

    悪魔の契約と妻の裏切り① 私は30歳、妻は29歳で娘が2人。結婚9年目の一般的な幸せな家庭でした。 妻は背が高く175センチもありモデルを目指していた頃もありました、胸はペチャンコですがかなりのスレンダー美人です。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 幼馴染が家にやってきた

    家族は父親一人きりという父子家庭で育った主人公。彼には幼馴染がいる。 小さい頃から一緒に遊んだ幼馴染。ともに原っぱを駆け回った幼馴染。クラスメートでもある幼馴染。 ショートヘアがトレードマークの活発な君。運動部に所…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 町内会の寄り合い(外伝)<商店街シリーズ③>

    紅葉が美しく色付いた十一月の某日、遥と真治は商店街恒例の慰安旅行で、ひなびた温泉街に来ている。今、二人は貸し切り状態になった混浴の露天風呂に入り、ゆったりと体を休めていた。「真治、もっとこっちへいらっしゃいよ」「お、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 飯島の回想<商店街シリーズ②>

    その日、飯島酒店の後継ぎである飯島清は、御用聞きの最中にいきつけの喫茶店『はるか』で一休みをしていた。当節十九歳。高校を中退し、あまり素行が良いとはいえないこの少年を、喫茶『はるか』の女主人、佐古遥は事ある毎に優しく…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 町内会の寄り合い<商店街シリーズ①>

    「ただいま、あれ?母さんは?」「商店街の寄り合いに行ったよ。遅くなるから先に寝てなって、言ってた。」「そうか」まだ晩夏の雰囲気が漂う薄曇の八月某日、地元の公立高校に通う佐古真治は、中学生の妹、奈津実とそんな会話を交わ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 部長のオナニー

    「息子夫婦と温泉に行くはずが、息子の出張で急にキャンセルになったんだが、 どうだ奥さんと一緒に行かないか? もちろんわしは邪魔する気はないから気ままに一人旅を楽しむからさ」 そう言って部長は二泊三日の温泉旅行をプレ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【ガンダムビルドファイターズ】セックスバトル②

    「うふふ、敵情視察といきますか」イオリ模型店に入るミホシ。次の対戦相手であるイオリ・セイの信頼を得ることが目的だった。「あれ…?誰もいない…?」閑古鳥だった。店員もいない。「何か聞こえるわね」店の奥から聞こえる。『バ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 留守番

    隣のご夫婦と私たち夫婦は、子供が同級生ということもあり、たいへん仲がよかった。休日のときは、よくお互いの家へ行き食事をしたり、近くの公園に遊びに行ったりしていた。 しかし、奥さんが癌のため、35歳の若さで亡くなられ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 倒錯の夏 第1章 一日目・8月6日 プロローグ …
  2. ―― 蒼きハイエナたちの時代 1~6 ――「優しそうだし、何でも許してくれそうじゃん」「崩れたっ…
  3. ■【To LOVEる】 リトのアンラッキースケベ 古手川唯編(全画面でプレイ) …

おすすめ記事

  1. 2015-7-23

    悪者と僕

    その封筒を、最初に見つけたのは僕だった。――これって、 お母さん、 封筒の中には、母の写真が入っ…
  2. 2015-6-9

    不倫残業で上司の巨根の虜とされていた妻

    ■不倫残業で上司の巨根の虜とされていた妻(全画面でプレイ)[説明]インストール不要でブラ…
  3. 2015-6-7

    いつも楚々とした母が僕のせいで……

    栃木県の那須塩原の近くに父の会社の社長が保有する別荘があった。 子供の頃、毎年、夏休みになると、そ…

ピックアップ記事

  1. 【ガンダムビルドファイターズ】セックスバトル①

  2. 妻の輪姦動画①

  3. 【ドラゴンクエスト・トルネコの大冒険】せめて悪い夢ならば(仮題)

ページ上部へ戻る