ページ:

1

2 3 4 5 6 7

逆襲のホームレス

1、
この話を読んでいるあなたも、一度は早朝に空き缶拾いをしてお金を稼いでいる人を見た事があるかと思う。この話はそんな人の中で、その日の飲食代を稼ぎ、その日暮らしをしているあるホームレス達を、蔑みの目で見たある人妻の物語である・・・

木島香奈子は、夫である宏と、高校1年になる一人息子、明と三人で生活をしていた。香奈子は38歳になるが、バストは88cm、ウエスト65cm、ヒップ90cmの身体からは、まだまだ女の色気を醸し出す魅力的な女性であった。

専業主婦である香奈子だが、規則正しい生活をしていて、朝は洗濯、買い物は開店時間の10時に自転車でスーパーに向かい、昼食後に掃除を行うなど規則正しい生活をしていた。

5月の連休が終った頃、この日も香奈子は何時もの日課通り 買い物に出掛けた。香奈子は、自分が買い物に行く時に、酒屋の販売機前で屯(たむろ)して酒盛りをしている2人のホームレス達の姿を見かける度に、眉根を寄せて不快な表情になる。何処かで調達したのか、5月にしては二人共薄汚れた黒いダウンジャケットを来ていて、下は紺色の作業着を着ていた。

(まったく、この人達は毎日毎日こんな朝から酒盛りして・・・少しは真面目に働こうと思わないのかしら?)

香奈子の家のある町内は、元々工業地帯だった為、住宅もそんなに建っておらず、店も疎らで、あるのは酒屋が2、3件のみ、空き缶などを売りに来るホームレス達にとっては、正にこの辺に住み着くのに格好の場所であった。

ホームレス達は、香奈子のそんな表情に気づかず、香奈子の身体を嘗めるようにいつも見つめていた。

「ヘへへ、相変わらず良い身体してるな、あの女はよぉ・・・」

背が低く出っ歯の男が仲間に話し掛ける。この男は、酒も好きだが、それ以上に女に目が無く、落ちているエロ本を拾っては、目にする女達をオカズにし、時には我慢出来ず覗きも行う姿に、仲間からは出刃亀と呼ばれていた。香奈子は知らないが、出歯亀は香奈子の下着を拝借してオカズにした事もあった。

「お前は女なら誰でも良いんじゃねぇか?だが、女何か何時抱いたかすら覚えてねぇな!」

ワンカップの酒をチビリチビリ飲みながら、白髪交じりの長髪に髭面の男が呟く、この男は出刃亀から酒造と呼ばれていた。女より酒の方が生き甲斐だが、酒が入ると気が大きくなるのか、女を犯してぇと言うのが口癖だった。50前後の二人は、香奈子の話題をつまみに、Y談で盛り上がるのだった・・・

買い物を終えた香奈子は、自転車をこぎながら再び戻って来るも、相変わらず酒盛りをしている二人を見て眉間に皺を寄せて不愉快そうにする。二人も香奈子が戻ってきたのに気付くと、酒の勢いもあってか、香奈子に絡み始めた。

「奥さぁぁん、こんちはぁ!へへへ、どう?奥さんも一杯?」

「こっちに来て一緒にどうだい?」

香奈子は益々不愉快そうな表情を浮かべ、

「結構です!あなた達、昼間からお酒何て・・・少しは働こうとする気は起きないのかしら?」

香奈子の言葉に、出歯亀はヘラヘラ笑いながら、酒を飲んだりエロ本読んだり出来りゃ良いと言うものの、酒造の方は顔色を変えると押し黙ってしまった。香奈子は、フンと言った表情で再び自転車をこいでその場を後にした。

「あの野郎・・・誰が好きこのんで・・・」

酒造も元々こんな生活をしていた訳では無く、リストラにあっても働く意欲はあったのだが、年齢がネックになり中々職が見つからず数年、職探し中に出会った出歯亀と出会い、空き缶集めならその日の生活には困らないからやろうぜと言われ、その場凌ぎで始めた事が切っ掛けであった。嘗ての出来事が甦ったのか、香奈子に対し、憎悪にも似た感情が沸き上がるのだった。

「おい、出歯亀!お前、あいつの家知ってたな!今からあいつの家に行って・・・犯してやろうじゃねぇか!!」

「本気か!?・・・良いぜ!たっぷり可愛がってやろうじゃねぇか!!」

出歯亀も同意すると、二人はその場にワンカップを投げ捨て、香奈子の家へと向かった・・・

 

 

ページ:

1

2 3 4 5 6 7
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 逆襲のホームレス

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 真面目だった彼女がヤリチンDQNのオナホ便器に

    【あらすじ】 雪乃という最高の彼女と幸せな学生生活を送る勇人。勇人の叔父の経営するレストランを手伝う…
  2. 倒錯の夏

    倒錯の夏 第1章 一日目・8月6日 プロローグ …
  3. 美奈子

    美奈子 ―"MINAKO" a wife of boys' toy. ― …

人気記事をチェック!

  1. その封筒を、最初に見つけたのは僕だった。――これって、 お母さん、 封筒の中には、母の写真が入っ…
  2. とある午後の昼下がり、暖かい春の日差しが室内に降り注いでいた。  (ほんとに暖かくなったわね・・…
  3. (1) 「うぉ~い、みんなぁ。撤収、撤収~!」 現場監督の野太い声がだだっ広いホールに響き渡る…
  4. 戦い 第1回 私45歳、妻美鈴42歳、結婚21年目を迎えた夫婦です。私は一昨年より地方の支社に…
  5. *サイト閉鎖されておられました作者様がDL販売を開始されましたので作品の補完および公開を自粛させて頂…
熟女のサンプル動画が見放題!

ピックアップ記事

  1. 覗き込んだ男

  2. 蒼きハイエナたちの時代 I

  3. 母を恋いうる

ページ上部へ戻る