固定ページ:
1 2

3

毀れてゆく母

15.
今夜の母はこれで解放されるのだろうか?
しかし次の画面では、今までカメラマンを務めていたと思われるドクターが表れる。
手に何か小さな棒状の物を持っている。
『ひっ!!』
これを胸に当てた途端、女の叫び声が聞こえた。
画面がアップしていくと、棒状の物はハブラシのようだ。
そしてブラシの部分が乳首に触れると、
『あっ! ひぃぃ・・!!』
ブラシは乳首の上を横に走ったのだ。

両肩を押さえられ、唇を奪われ声も出せず、逃げることも出来ず、
胸を這いずり回るブラシの刺激に、ただ首を振って許しを請う。
ようやくしてブラシの動きが止まると、母の体には汗がびっしょり浮かび、
全力疾走の後のように、大きく肩で呼吸を整える。
息の乱れが収まってきた頃、ドクターの持つハブラシが再び動き出した。

『いやっ! いやっ! やめてぇ・・・!!』
なんと、ブラシの動きは臍を通り、真直ぐ下に向かっている。
このまま行けば、どこに到達するか、女にとっては悪夢であろう。
『いやっ! いやっ! だめぇ! とめてっ! とめてぇ!!!』
一瞬ハブラシが止まったかと思ったが、動きのスピードが落ちただけだった。
これから予想されることは、女体にとって最も過敏な部分を、
ブラシがゆっくりした動きで、クリトリスの表面を擦って行くのだろう。
つまり、何百本ものブラシにより、何百回もの刺激が与えられるのだ。

柔道部顧問の先生が、腹部を跨ぐようにして乗り、母の太股を押さえる。
カメラは、これからブラシが這いずって行く部分を接写する。
準備が整ったところで、ドクターが医者としての腕を奮ってブラシを操作する。
『ぐっ! がっ、はあぁ・・・!!!!』
女の悦びの声ではなく、獣の雄たけびのような悲鳴が聞こえる。
『やめっ! やめっ! あがあぁ!!!!』
息すらまともに出来ないと思われるほどの荒れようだ。
確かに、指で触るだけで絶頂を迎えられるほどの性感帯が集中している箇所だ。
これは性の快楽を与えているのではなく、拷問を加えているに等しい。

『いやっ! いやっ! ・・・・・ あうっっ! はああああああぁ・・・・・・・!!!!』
まともな悲鳴にもならない叫びを上げると、母の意識は遠退いていった。
そして一日目が終わった。

母の運命を考えると、僕としてはこれ以上は見たくない。
この次に表れる映像は、あまりにも過酷な毀れてゆく女の姿。
それは、僕の母から、奴隷の女へと堕とされてゆく大切な人の姿なのだ。

 

16.
窓から陽光が零れている。
カチャ、カチャと、食器を洗う音が聞こえる。
カメラが音のするほうに向くと、白いYシャツ姿が台所に見える。
『奥さーん、朝食の片付けがすんだらこちらへお願いします。』
この声は、一日目であまり出番がなかったドクターの声だ。

白のYシャツがゆっくり振り向く。
その姿をカメラは上から下まで舐めるようにして写し出す。
臍の少し上のボタン一つだけが留められ、胸の谷間をあらわにし、ボタンの下には縦長のお臍と、
その下につながる黒い茂みを手で隠すことも許されない、裸Yシャツの母だった。
これが今日母に与えられた、たった一つ衣服のようだった。

『美味しい朝食で食べる物は食べたので、今度は出すものを出しましょうか、奥さーん。』
そう言うと、顧問の先生が母の上半身をテーブルに押し付け、Yシャツの裾を捲し上げる。
お尻を露わにした女の足元には、大きな注射器を持ったドクターが近寄ってくる。
先生は女の背中を押さえながら、両手で尻の肉を左右にかけ分ける。
そしてそこには、男たちの目の前に晒された、母の肛門があった。

初めて見る母の肛門に、たっぷりと液体を含んだ注射器が近づいてくる。
『奥さーん、これからされること、ひょっとしたら初めてかも知れないけど、
この味を知ったら、きっと病み付きになるかもしれませんから、よーく味わって下さいね。』
『いやっ、いやっ! 変なことしないで!』
テーブルに押さえつけられ、後ろを振り向くことも出来ない母が叫ぶ。
『これも、りっぱな医療行為の一つですから、何も怖がることはありません。』
医者の言葉であっても、肛門を他人に見られている女にとっては、虚しく響くだけだろう。

そして、液体を一滴肛門に垂らすと、針の無い注射器がゆっくり女に挿入されていく。
『いやあぁ・・・、だめぇ・・・やめてぇ・・・・』
『奥さーん、もうずっぽり入ったのだから、後はたっぷり入れられるのを楽しんで下さいよ。』
母をあざけ笑うような言葉を吐きながら、ドクターはピストンをゆっくり押してゆく。
注射器に入っていた液体が、ゆっくり母の肛門に消えていく映像が流れる。
『ああぁ・・・、だめぇ・・・だめぇ・・・・』
母のか細い声は、自分が浣腸の餌食にされていることを如実に示している。

 

17.
やがて全ての液体を出し切った注射器が、母の肛門から引き抜かれる。
『放して、放して! 手を離して!!』
『これは医療行為だと言ったでしょう。医者の私が許可するまでこのまま我慢して下さい。』
『だめっ! だめっ! だめよぅぅ!! 出ちゃうからぁぁ!!』
しかし、女の叫びは無視され、顧問の男は女から手を離さない。
『おねがい! おねがいっ! トイレに行かせてぇ!!』
断末魔のような母の声が響く。

『こんな所でぶち撒けられたらたまらん。 さあ、一緒に行きましょう!』
ドクターは母の手を掴むと、一緒に玄関から外に出てゆく。
カメラは二人の後を追う。
母はドクターに握られた手を振り切ろうともがく。
そしてYシャツが引き離されると手が放された。
ドクターから開放された母が全裸の姿で駆け出す。

直ぐ側にある小川の中に駆け込むと、膝までの半分しかない水の中にしゃがみこむ。
『来ないで! こっちに来ないでぇ! あっちに行ってぇぇ!!!』
カメラは小川の水の中にお尻をつける母の姿をしっかり捉えている。
『いやっ! いやっ! 見ないでぇぇーー!!!』
まもなく、ボコッという音と共に泡が出てくると、川の水が僅かに黄色じみて流れる。
しばらくして、川の水が元の透明になっても、母は体を震わせながら、川の中にしゃがんだままだ。
浣腸をされ、川の中で排泄する姿を男たちの目に晒したのだ。

『佳子、すっきりしたみたいだな。今度はこっちを出すところを見せてもらおうか』
北村が全裸の母の後ろから抱え上げ、子供にオシッコをさせるようスタイルにする。
膝を抱えられ、男たちに向かって足を大きく開けさせられる。
『脱糞姿は川の水で隠すことが出来たみたいだが、放尿シーンはしっかり見せてもらうよ。』
ドクターが大股開きにされた母の股間に手を添えると、尿道口に刺激を加える。
『いやよ! そんなこと、しないでぇ!!』
口を固く結んで必死で堪えるが、男の指の攻撃には到底勝てない。
やがて・・・・
『て、手を・・・・・。い、いやぁぁ!! 見ちゃ・・・いっやぁぁぁ!!!』
母の涙と共に、股間から噴水のように液を吹き上げる。
一瞬止まったが、さらに男が指で尿道口を押し込むと、
陽光に照らされきらめきながら、先ほど以上に大量の尿を巻き上げた。

母がここまで堕ちるなんて、なんということだ。
こんな姿は、愛する夫である僕の父にすら見せたことがないであろう。
そんな人前では決して晒してはならない、女としての痴態。
それを、今回初めて会う男たちの目の前で、恥ずかしい姿を披露してしまったのだ。
そして母を取り囲む男たちは、泣き叫ぶ母の姿を目を凝らして眺めている。
人妻として、母親として、女として、最も恥ずかしい姿を・・・。

 

18.
陽の光は消え、次は部屋の中の映像に切り替わる。
その映像の中には、うつ伏せでベッドに横たわる全裸の母がいた。
その姿は、大の字のように手と足を縛られている。
さらに腰の下にまくらが押し当てられているのか、お尻を上に突き出した格好だ。
『放して・・・下さい。こんなこと・・しないで・・・。』
『奥さん、もう解放されたいんだろう? これが我慢できれば、放免してやるよ。』
母は本当に男たちの手から解放されるのだろうか?
しかし、我慢できれば・・・? これはどういう意味なのか。

北村がお尻の肉を左右に掻き分け、再び母の肛門をカメラの前に露出させる。
そこにドクターが表れ、長いスポイトのようなものをお尻の穴に挿入し、
何やら得体の知らない液が入っている膨らみ部を押さえ、中の液体を全て穴の中に注ぎ込んだ。
『あっ、いやっ、変なことしないで!』
先ほどの浣腸とは違うが、一体なにを入れられたのだろう。
『ドクター、それって何ですか? まさか麻薬の類じゃないでしょうね。』
北村にとっても経験したことが無いことなのだろうか。
『奥さんのことが心配か? 大丈夫だ、そんな変なものじゃない。
 これは、神経系統のある治療に有効な薬のひとつだ。』
映画などでやっている麻薬は、よく腕に注射している。
これとは違い、量は僅かのようだが、浣腸と同じように肛門に注入している。

『これは、神経の情報伝達に障害が発生した場合に有効な薬だ。
 神経系統がやられると、針を刺されたり、火傷を負っても判らなくなることがある。
 この症状を改善する薬でな、体の感覚神経反応を高めるものだ。
 もっと判りやすく言えば、感覚が非常に敏感になる訳だ。』
母の肛門から注入されたものが、麻薬のような代物でなかったことに一応安心した。
『この薬の場合は、特に皮膚の感覚が鋭くなる。
 本来は病気の改善用だが、これを正常な女性に使うとどうなるか・・・。
 つまり全身の皮膚が感じやすくなる訳だから、全身が性感帯になってしまうのさ。』
なんという薬だ。こんなものを使われた女は、一体どうなってしまうのか。

『ところで北村君は、この奥さんのアナルには手を付けていないのか?』
『何度か指を突っ込んでやったのですが、すごく嫌がりましてね。
 こいつにはアナルセックスは無理だとあきらめていたのですよ。』
北村という奴は、母のおまんこだけでなく、肛門まで奪うつもりだったのか。
『君はまだこの人妻の本性が分かっていないようだな。
 昨夜意識を失っている時、アナルをじっくり弄ってやったら、結構いい反応だったよ。
 おそらく、アナルが感じる女だと知られたくなくて、わざと拒絶していたのだろうよ。』
北村に見抜けなかった母の性感帯を、この医者はちゃんと見つけたようだ。
『今から奥さんの本当の姿を見てみようじゃないか。』
ドクターは不敵な笑いを浮かべながら、軟膏のようなものを母の肛門に塗り込んでいく。
先ほど入れられた薬で、全身が性感帯になっている母をさらにどうするつもりか。
『今度の薬剤は、まあ一種の媚薬と言っても良いかもな。
 さっきとの相乗効果で、まもなくこの人妻のアナルは、とびっきりの性感帯に仕上がるからな。』

『いやぁ・・・  いやぁ・・・』
すすり泣くようなか細い声を上げながら、母はお尻をゆっくり揺すらしている。
『だんだん感じてきたようだな。もうこの奥さんのアナルは何でもほしがるようになる。』
医者の言葉通り、お尻をさらに突き上げながら、母は自分で刺激を求めているような動きを始める。
『そろそろ人妻が他の男に晒しだす恥ずかしい姿をみせてもらおうか』
母はこれから一体どうなるのだろう。

 

19.
『あっ・・、あっ・・、いやぁ・・・だめぇ・・・だめぇ・・・・・』
画面には、クリトリスの刺激により、母を悶絶させたハブラシが再び表れ、背中の中心部に沿って
ゆっくり腰の下の膨らみまで動いていくのが写し出された。
先ほどドクターが言っていた、皮膚感覚が敏感になり、全身性感帯にさせられた母の啜り泣く声だ。
『あっ、あっ、あっ・・・、ひいぃぃ!!』
お尻にまで達したハブラシは、お尻の丸みに沿って上へ下へと刺激を与える。
それにしてもすごい反応だ。肛門から注入された薬の効き目なのだろうが、
治療薬というよりは、まるでセックスドラッグのようだ。

『あっ! あっ! だっ・・・・ああああああぁぁ・・・・・・!!』
ハブラシが母の肛門の中心を走ると、たちまち官能の声が漏れ出す。
『だっ! だっ! だっ・・・・だめぇぇぇぇ!!!』
今度はドクターの指が母の肛門を捕らえ、第一間接まで埋め込んだ。
ドクターの指はその場のままで、肛門を拡げるような動きをしながらゆっくり引き抜く。
その時カメラが捕らえた母の肛門は、空気を求める魚のように呼吸をしているようだ。
そして抜け出た男の指を求めるよう、お尻をさらに突き出すような動きをみせる。

『お、お願いです。痒いの・・・何とか・・・して・・・・。』
母の反応がだんだん変わってきた。
『奥さん、何とかしてとは? 一体どうしてほしいのかな?』
『お、お尻が痒いんです。だから・・・お願い・・・・もっと・・・し・・て・・・・』
『だから、何をどうしてほしいのか、はっきり言わないと判らないよ、奥さん。』
ふざけたことに、母の苦しみを十分分かっていながら、さらに追い込んで行こうとしている。
『奥さん、もう開放してほしいって言ってたよな。このまま何もせず放っといてあげようか?』
このまま放ったらかしにされたら、母は一体どうなるのか。
母の震えがさらに増し、そして・・・・。
『指を・・・指で・・・、お尻の痒みを取って下さい。指を・・・入れてぇ・・・!』
精神的な抑制より、肉体が欲する感覚が上回ってしまったようだ。

『それじゃ・・・・・・・・・・・。 口に出して言ってみろ。』
ドクターが母の耳元で何かを囁いている。
『そ・・・、それは・・・・』
一体母に何を言ったのか? 母にさらなる動揺が広まったようだ。
『いやなら、このまま我慢してもらおうか』
『いや・・・  いやぁ・・・』
『いやなら、言ってしまえ。そうしたら奥さんの疼きを静めてやるよ。』
何を言わそうというのか。母が耐え切れない疼きを治める言葉とは?

母は拒絶するよう頭を振りながらも、遂に口を開いた。
『き、北村さん・・・。 佳子は・・・・・あ・・なた・・の・・もの。
 あなたの・・・・・お・・・んな・・・です。だから・・・お願い・・・です。』
開放されたいと望んだはずの母なのに、男達の手によって無理やり与えられる
肉欲に堕ちた・・・。母は男が仕掛けた罠に堕ちてしまった。

 

20.
『佳子は・・・・・あ・・なた・・の・・もの。 あなたの・・・・・お・・・んな・・・です。』
これを最後に、元の生活に戻りたいと願ったはずの母なのに、
男たちから与えられる淫乱な快楽により、もう引き返せない道へと踏み込んでしまった。

『佳子の希望通り、俺の女にしてやるよ。お前が味わったことの無い世界を教えてやる。』
北村はそう言うと、母の手足の拘束を解き、うつ伏せに寝る全裸の母の上に重なっていった。
『奥さーん、あなたが経験したことの無い世界を教えて上げますよ。
 たっぷりと味わって下さい・・・覚悟はいいですね?』
ドクターが母に向かって忠告を垂れ、北村の指示を与える。
『佳子のバージンを誰が奪ったか知らないが、アナルの処女は俺が戴くよ。』
そしてカメラは、母の小さく窄まった蕾に迫り、北村のペニスがそこに狙いを定めるシーンを捉える。

『あっ、あっ・・・・、だめっ・・・だめっぇぇ・・・・・・!!』
生まれて初めて男のペニスが挿入されようとする母の肛門。
男女の愛の営みと考えたことも無い母に与えられる、未知のセックスの味。
本来は体内から出すだけの排泄器官に、外から押し広げられ挿入される感覚。
これから母が味わう世界はどんなものだろう。

肛門に注入された薬と、男達の指によって、既にほころび始めている母のアナル。
今、男のおんなに成り下がってしまった母は、その男の手によってお尻を突き上げさせられ、
牡を迎える牝犬のポーズを取らされていた。
お尻を突き上げ、足を大きく広げて、肛門を男の目の前に晒している。
男は眼前にある自分のものになった女のアナルにペニスをあてがい、ゆっくり腰を進めた。

『ひっ! ひっ! いやっ! そこは・・だめっぇぇ!!!』
入って行っている! 本来体から出すだけであるはずの母の肛門が、男のペニスを受け入れている!
『はっ! はっ・・・・・・・ ひいぃぃ・・・・・・!!』
入ってしまった! 男の腰が母のお尻の肉と密着するまで突き進んだ。
『どうだあ、佳子! お前にアナルは俺のものだあ!』
『だめっ、だめっぇぇ! いやあぁぁぁ・・・・・!!!』
父すらも知らない、母の恥部が深部まで犯されてしまった。

 

(未完)

固定ページ:
1 2

3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 毀れてゆく母

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 倒錯の夏

    倒錯の夏 第1章 一日目・8月6日 プロローグ …
  2. 美奈子

    美奈子 ―"MINAKO" a wife of boys' toy. ― …
  3. 蒼きハイエナたちの時代 I

    ―― 蒼きハイエナたちの時代 1~6 ――「優しそうだし、何でも許してくれそうじゃん」「崩れたっ…

人気記事をチェック!

  1. とある午後の昼下がり、暖かい春の日差しが室内に降り注いでいた。  (ほんとに暖かくなったわね・・…
  2. *サイト閉鎖されておられました作者様がDL販売を開始されましたので作品の補完および公開を自粛させて頂…
  3.  私は40歳の公務員です。妻は36歳で、私が言うのもなんですが、美しい妻だと思っています。いや美…
  4. 誰でもよかったわけではない。 どうでもよかったわけでもない。 ただ少し――疲れてしまっていたのか…
  5. (1)  皆さん、私の悩みを聞いて下さい。 それは2歳になる、我が家の長女のことですが、どうも…

ピックアップ記事

  1. 2017-11-22

    倒錯の夏

    倒錯の夏 第1章 一日目・8月6日 プロローグ …
  2. 2017-11-22

    美奈子

    美奈子 ―"MINAKO" a wife of boys' toy. ― …
  3. 2015-7-27

    蒼きハイエナたちの時代 I

    ―― 蒼きハイエナたちの時代 1~6 ――「優しそうだし、何でも許してくれそうじゃん」「崩れたっ…
ページ上部へ戻る