【スマイルプリキュア】ジョーカー×みゆきママ(育代)、凌辱

「はぁはぁ…くっ…!」  
星空みゆきことキュアハッピーは大小数多の傷を負いながら  
雨の中を全力で疾走していた。  
「ハハハハ、どこに行こうと無駄ですよ!プリキュア!」  
ジョーカーの笑い声が響く。  
5人でも苦戦したのに1人ではまず勝てない。  
力を消耗し、プリンセスモードに変身できない今ではなおさらだ。  
(とにかく時間を稼がないと、皆が他の幹部を撃退するまで時間を。  
どうする?どこに逃げる?考えろ、考えるんだ、みゆき)  
そうして思いついたのは、本棚の秘密基地。そこしかない。  
ハッピーはとにかく逃げ、何とか自身の家にたどり着き、リビングを  
突っ切って母の料理本が置いてある本棚を手順を踏んで動かし  
秘密基地の道を開いた。  
そして飛び込み、倒れ伏した。  
「はあはあ…あ…う、動けない…はあ……」  
血痕がついていてもここへの道を開く手順は限られた者しか知らない。  
ジョーカーがいくら強くてもどうにもならないハズだ。  
「お…お母さん…買い物にでかけている時間で…よかった」  
風もないのにヒラヒラとまう短冊。  
(そういえば…あのまま…だったっけ…)  
疲れ切った笑みを浮かべて、みゆきは大きく息をついた。  
 
「みゆき?帰ってきたのー?」  
2階からみゆきの母である星空育代が降りてきた。  
本来ならいない時間帯だが雨が降ってきたので洗濯物を  
仕舞う為、出かけていなかったのだ。  
リビングに来た育代はジョーカーに腕をつかまれ、そのまま宙吊りにされた。  
「い、痛い!なっ、何ですか!あなたは----ッッ!?」  
「うるさいですね……この家にプリキュアが来たハズです」  
ジョーカーは育代の顔を覗き込むようにして言った。  
「どこに行った?」  
「プリキュア?…な、何を言っているんですか!知るワケないでしょう!」  
「そうですか……おや、貴女…美しいですねぇ」  
育代の顔を見て、ジョーカーはニヤリと笑う。  
「は、離して下さい!離して!け、警察を呼びますよ!」  
「そうですか。それは一向に構いませんが…プリキュアの居場所は  
貴女の身体に聞くことにしました。  
聞こえていますか、プリキュア?今から何も関係のないご婦人を犯してしまいますよ?」  
「ふぅん…出てきませんねぇ…逃げましたか」  
育代は何とか拘束から逃げようとするが、ビクともしない。  
「まぁ、いいでしょう。貴女には恨みはないのですが  
ウサ晴らしも兼ねてレイプさせてもらいます、美しい奥さん」  
育代の頬をベロリと舐め、ジョーカーはフフフと笑った。  
「レ、レイプ―――い、いやっ!や、やめてくださ――――」  
ジョーカーはトランプを取り出し、育代の腕に貼り付けた。  
そして足を閉じられないよう両足首にも同じようにトランプを  
貼り付けた。  
「う~ん、良い眺めですね」  
ジョーカーが育代から離れ、呟いた。  
しかし、育代の身体は拘束された状態のまま動くことが出来ない。  
 
「そんな…ど、どうして!?」  
動くのは上半身のみ、腕、両脚はビクともしない。  
「表の表札からして…出産の経験はあるハズなのに、全く衰えていない身体ですね。  
とても美しい、お尻も小さく、綺麗な曲線です。御主人が羨ましい」  
「あ、貴方には関係ありません!早く離してください!」  
育代は気丈にも言い放つ。  
「そう邪険になさらず……毎晩、励んでいるんでしょう?」  
「か、関係ないと言っているでしょう!」  
「図星でしたか?ハハハッ気の強い女性は好きですよ…とても好みだ」  
ジョーカーがパチンと指を鳴らすと、ブラウスのボタンとブラジャーのホックがはじけ飛んだ。  
重力に引かれ、豊満な乳がこぼれ落ちた。  
「あ、い、いやああああっ!」  
極限られた者、夫か幼いみゆきにしか見られたことのない肌が  
怪人の前に晒される。  
「誰も来ませんよ…まぁ誰が来ようとも無駄ですが」  
育代の胸を下からゆっくりとすくい上げるように揉み、  
その先端をくりくりと刺激し、摘む。  
「やめてっ!」  
「ああ…とても柔らかいおっぱい…マシュマロみたいですよ」  
根本から絞り上げたかと思うと、左右から寄せ、時折指で先端を弾くように摘む。  
そしてゆっくり押し潰したかと思うと、ぐいと指を食い込ませる。  
身動きできない育代は背後から責めるジョーカーの成すままだ。  
「綺麗な桜色の乳首、もう硬くコリコリしてきましたよ…感じてらっしゃるのではありませんか?」  
「うッ…くっ…」  
育代は唇と噛みしめ、声が漏れないように必死に耐えた。  
下手な言葉はこの男を喜ばすだけだ。  
 
「大きく、張りもあって、乳首も桜色……下はどうなっているんでしょうねぇ?」  
またしても指をパチンとならすジョーカー。  
「あっ…ひっ!?」  
今度はスカートが避け、ストッキングに覆われた尻が露出した。  
「思っていた通り、綺麗なお尻ですねぇ、大きすぎず小さすぎず……おや?  
下着が微かに湿っています…これは何ですか?」  
ジョーカーが中指でぐっと育代の秘所を突く。  
「――――はッ…ん!」  
思わず上ずる育代の声、目尻には大粒の涙が浮かび頬を伝う。  
(あ、あなた…ごめんなさい…ゆ、許して)  
育代は胸中で謝罪した。成熟した身体はこの暴漢の責めに反応し、股を濡らしている。  
夫以外の男にまさぐられ感じている。育代はそんな自分が情けなかった。  
「奥さんは乱暴にされると感じてしまうんですねぇ……好きですよ、そういうの」  
ジョーカーはべろっと舌なめずりすると、ストッキングを直に引き裂いた。  
ビィィッと生地が裂かれる音と主に食い込みに押さえつけられていた尻肉が  
ぷるっと弾みを付け、あらわになった。  
「あッああ…い、いやッ…やめてッ!」  
「そんな表情をされるとますます興奮してしまいます」  
ジョーカーは尻の感触を楽しみながら手を全体に滑らせた。  
ふにふにした感触を手で包み、下から上へ尻肉を持ち上げるように揉みしだく。  
ぞくぞくとした感覚が育代の背を登っていく。  
「ああ…柔らかいお尻…ウサ晴らしのつもりでしたが…ふふふ」  
ジョーカーは育代の下着の両端を持ち、一気に太腿まで引き落とした。  
股間の秘唇と下着が糸で結ばれた。、  
「あッ!くっ…やぁ…ううっ…」  
既に諦めたような育代の表情。顔を伏せ、もうなすがままだ。  
「奥さん…楽しまなくとも罪にはなりませんよ…ククク」  
ジョーカーが育代の後ろに立ち、その猛り狂った肉棒を秘裂に押し当てた。  
ぐにゅっと先端が濡れた膣口にあてがわれた。

濡れているとはいえ、受け入れる肉棒は怪人のソレ。  
逃れられず、防げないと悟った育代は悔しさに歯を食いしばった。  
膣口にぐっと反発する肉棒の先端。  
「おや…濡れているのになかなか入りませんね…力を抜いてもらえますか?」  
クククと笑うジョーカーに育代は頭を振るだけだ。  
「そうですか…それでは少々乱暴にして差し上げましょう」  
ジョーカーは育代の腰を掴む手に力を込め、一気に腰を突き出した。  
ズブッという感触と共にジョーカーの肉棒が一気に育代の最奥まで到達した。  
「あぅ!あっ…あッ!」  
強引な挿入に育代は眼を見開き、口を大きく開いたまま一瞬、静止した。  
「ふふふ…いい具合ですよ、奥さん…乱暴に突いてあげますよ」  
ジョーカーが耳元で囁くと同時に腰を突き出した。  
遅れて続く痛みに育代は声を上げた。  
「はっ―あッ―痛ッ!あッ!あぐッ!あ!」  
育代の意志に反して熱くぬめった肉棒をぎちぎちと包み込む膣内。  
ジョーカーの肉棒に吸い付き、異物の侵入を拒もうとますます締め上げる。  
「ああ…キツい。奥さんの身体は気に入ってくれたようですね…締め付けて  
未練がましく吸い付いてくるなんて」  
「や、やめっ…やめて!う…動かな…なっ!あぐっ…はッ!」  
 
育代の白い肌に玉の汗が浮かび、突かれるたびに涙をまき散らす。  
形容しがたい痛み、そして突かれるたびにわき上がってくる微かな快楽。  
行為に及び、突かれ続ける度にやがてそれが反転する。  
夫とのセックスで絶頂を迎え、膣内で精を受け止めた育代にはそれが  
許せなかった。無理矢理犯されて感じる自身の体が許せなかった。  
「ほらほらもっと声を上げてください。気持ちいいんでしょう?」  
丸みを帯びた艶やかな尻にジョーカーは腰を擦りつけた。  
ズブッズブッズブッと肯えて抉るように突き上げるジョーカー。  
突かれる度に育代の身体が前へ前へと動くが、脚を固定している為  
逃れられない。そして成熟した身体は強引な交わりに感じ始めている。  
立ったまま、獣のように後ろから犯され、感じている。  
それはジョーカーの嗜虐心を十二分に満たしている。  
「あッ…ああ!はッ…!ぐぅ!んッ!」  
必死に歯を食いしばって声が漏れないように耐える育代。  
それでも激しい突き上げに鼻にかかったような甘い声が漏れてしまう。  
 
「我慢しても無駄ですよ。そうだ、奧さんがイくタイミングと同時に中で  
射精するなんてどうでしょう?人間同士ではなかなか味わえないおもしろい  
趣向だと思いますよ」  
「あッ…ふ、ふざけ…やッ…ないで!んッ!」  
「こんなに濡れているのに説得力ありませんよ」  
ジョーカーは嬉々としながら育代の淡い唇にむしゃぶりついた。  
口内を蹂躙され、舌を絡め取られる中、  
ジョーカーと育代の獣交はまさに破滅的な終焉を告げようとしていた。  
「あッ…ああッ!」  
育代の腰がガクガクと震え、腰がビクン、ビクンと波打ちだす。  
(ダメッ…い、いや…いやッ!あ、あなたッ!みゆき!許して…)  
「もうイキそうですか?堪え性のない人ですねぇ」  
ジョーカーは猛烈な勢いで育代の尻に腰を叩きつけ始めた。  
パンパンパンと手拍子のような音が響く。  
「あッ!あぅ!あッ!あッ!んんんぅ!」  
育代の上半身が仰け反り、膣内がキュウウと締まった。  
達する前兆である。育代の意識が眩く霞み、ゾゾゾッと背筋を駆け上り脳天を穿つ。  
 
d_056374jp-001「さぁ、しっかり種付けしてあげますからねぇ…星空育代さん」  
それと同時にジョーカーは育代に覆い被さりのけ反る乳房に指を食い込ませた。  
「んッ!いや、いやッ!んうううッ!!」  
ピクンピクンと震える絶頂。真っ白になる視界、その最中、  
育代の膣内にぶばッどぶッとぶちまけられた。  
人間の精子と違い、濃度も量も粘つきも違う怪人の精子を受け入れてしまったのだ。  
下腹部に広がるおびただしい体液の不快感に育代はすすり泣いた。  
見知らぬ者にレイプされた喪失感、そして感じ、絶頂してしまった。  
夫と娘への裏切りとも言える自身にただただすすり泣いた。  
「ふぅぅ……」  
射精絶頂の快感に喉を痙攣させ、舌で育代の項を舐め、ジョーカーは萎えかけた  
肉棒を名残惜しく育代の膣口から引き抜いた。  
「ん…ぁ」  
育代の力のない呻きとともにどろっと黄ばんだゼラチンの塊が育代の膣口から滴り落ちた。  
太腿や膝にボトッ…びちゃと付着する白濁は淫靡な光景だった。  
放心状態の育代を満足そうに眺め、ジョーカーは育代の耳元で囁いた。  
「奥さん……妊娠してしましたね?」  
「あ…に、にんし…ん?」  
「また形にもならない胎児のようですが…残念でしたね。魔の精に負けて死んでしまうか  
はたまたその胎児に魔が潜り込んで化け物が産まれるか…まぁ、拘束は解きましたので  
早く股を洗って掻き出した方がいいかもしれませんねぇ…」  
「そ…そんな…」  
「いいですねぇ…その顔、最高のバッドエナジーが取れそうです。そうだ、今度は  
仰向けで堪能させてください。奥さんのこととっても気に入りましたので」  
ジョーカーは育代を床に引き倒すと、トランプを取り出した。  
「い、いや…も、もう十分でしょう!いやッいやああああッ!」  
そして育代は犯された。何回、いや何十回と犯された。夫にも許したことのない体位で  
性技で何度も何度も犯され続けた。  
 
END

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【スマイルプリキュア】ジョーカー×みゆきママ(育代)、凌辱
  • ■出典など
ママのエッチな欲求解消法 ~バッドエンド~

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 真面目だった彼女がヤリチンDQNのオナホ便器に

    【あらすじ】 雪乃という最高の彼女と幸せな学生生活を送る勇人。勇人の叔父の経営するレストランを手伝う…
  2. 倒錯の夏

    倒錯の夏 第1章 一日目・8月6日 プロローグ …
  3. 美奈子

    美奈子 ―"MINAKO" a wife of boys' toy. ― …

人気記事をチェック!

  1. 「……!?」倉庫を整理していたらとんでもないものを見つけてしまった。それはぼくの母さんが見知らぬ…
  2. (1)  皆さん、私の悩みを聞いて下さい。 それは2歳になる、我が家の長女のことですが、どうも…
  3. その封筒を、最初に見つけたのは僕だった。――これって、 お母さん、 封筒の中には、母の写真が入っ…
  4. 「体験告白、嬲り犯される心」 第一部(1)<目の前で犯される妻の姿に…>  情けなかった…。妻…
  5. 戦い 第1回 私45歳、妻美鈴42歳、結婚21年目を迎えた夫婦です。私は一昨年より地方の支社に…

ピックアップ記事

  1. 妻の輪姦動画①

  2. 陥落した母

  3. 覗き込んだ男

ページ上部へ戻る