固定ページ:
1

2

3 4

家庭訪問

 翌日、仕事から帰宅すると、二階のベランダに、大きなバスタオルが干されてありました。妻が、布団の上に重ねて、男とセックスをしていたときのバスタオルだ。
 路上から、居間の窓を見ました。ここからでは、カーテンを閉めてあれば中は見えない。
 そういう事だったのか・・・私は合点がいきました。

 バスタオルを布団の上に重ねていたのは。布団にシミをつかせないためだ。妻と男の流れる汗。妻の潮噴き。垂れ流れる男の精子。
 居間の雨戸を閉めていたのは、外から見えないためではなく、音が漏れないためだ。妻の大きな絶叫。男の獣のような呻き。
 そういう事だったのだ・・・。

 ある夜の、食事の時、私は思い切って妻に言いました。
 「あ、愛しているよ・・・」
 妻は大きな目をますます大きく開き、私を見つめていました。やがてニッコリと微笑み、
 「ありがとう、あなた。うれしいわ」
 そう言って、ビールを注ぐのです。
 
 「あまり、驚かないんだね。私がこういう事を言っても」
 「ええ、わかってますから」
 「何がわかってるんだい?」
 妻は、両肘を突いて、顎を支えるようにして私を見つめながら、言います。
 「あなたは、そうやって、私の料理を残さずおいしそうに食べてくれるわ。結婚してからずっと毎日。美味しかった・・・ご馳走さま・・・かならず言ってくれるわね」
 「そんな事・・・何てことないじゃないか、そのぐらい・・・」
 「いいえ、女はそんな事が、嬉しいのよ。私は、こんな家庭を持つのが、夢だったの」
 「・・・・・・」
 「私の父は、乱暴者だったから、母がいつも泣いてたわ。だから、あなたとの今の様な生活を持つのが、夢だったのよ。ありがとう、あなた」

 私は、その夜、妻を抱きました。妻の美しく豊潤な肉体。私の手には、持て余してしまう。妻の中に入った瞬間、肉のざわめきで、射精しそうになりました。私は歯を食いしばりました。
 『並の男なら、あっという間に果ててしまう・・・』
 男の言葉がよぎり、私は耐えました。そんな私の背中を、余裕しゃくしゃくの妻が、ポンポンと叩くのです。まるで子供をあやすようなその仕草は、我慢しなくていいのよ、と言ってる様だ。
 「ううっ・・・」
 私は妻の中で果てました。
 「ああっ・・・あなた・・・ああっ・・・いい・・・」
 私には判ります。妻のその喘ぎが、演技だって事は。

 事が終わると、妻は、仰向けになった私の顔の上に、乳房を持ってきてくれるのです。いつもだ。私はその柔らかな乳房に顔を埋め、イチゴ色の乳首を吸う。大きな乳房を揉む。私はそれで癒されるのです。妻が言いました、
 「あなた、もう使わないの?その・・・あれ・・・」
 妻が何を言いたいか判りました。ローターやバイブ。妻と男との性交を始めて見た時から、購入し使ってきたものだ。それを私はもう、部屋の隅に放置している。もう捨てるつもりだ。男の激烈な腰使いを目の当たりにすると、玩具がますますおもちゃに見えてしまうのです。

 「ああ、もう使わない」
 私はそう言いきりました。
 「イヤかい?使ったほうがいいのかい?」
 妻が言いました。
 「いいえ、あなたは、無理をしていたように見えたのよ。私はこの方がいいのよ、あなた。ありがとう」
 そう言って、私の髪を優しく撫でる妻。私は思い切って頼みました。
 「なあ、もう一度したいんだ。し、してくれないか?く、口で・・・勃たしてくれないか?」
 妻は口を尖らせながら私を見下ろし、
 「もう、あなたったら・・・エッチ」
 そう言って、私の股間へと下がっていきました。そして、私の萎えた男根を捧げもち、目をつむって、チュッとキスをしてくれたのです。私は鳥肌が立ちました。男にしなかった事を、私にしてくれたのです。妻の豊満な乳房が、私の腿で潰れました。

 妻と出会ったのは、もう12年前のことだ。私は上司に連れられて、あるスナックに入った。そこで妻は働いていたのです。私は一目惚れしました。しかし、私のことです、水商売の女性なんて、住む世界が違う。これは卑下しているのではありません。むしろ逆です。ストレスのたまる客商売をこなす、人間性の高い人種だと、私は常々思っていました。
 妻は、人気のあるホステスでした。派手な明るさはないが、来る客を和ます落ち着きがありました。ママにも信頼されていたようです。何度か通ううち、私はますます妻に魅せられましたが、しょせん高嶺の花でした。それに私の給料では、上司にでも連れられない限り、ひんぱんに通うことはできない。妻は憧れの存在として、私の頭の片隅にいただけなのです。

 なんという偶然でしょうか。ある日、仕事で車を使っている時でした。人気の少ない道で、停車している車と、その車の横でウロウロしている女性がいました。私服姿で最初はわからなかったのですが、妻でした。私は後ろに車を止め、声をかけました。パンクでした。
 妻は、私に気づき驚きましたが、すぐに困った顔で訴えてきたのです。JAFを呼んだのだが、とても急いでいて困っていると。スペアタイヤは積んでありました。私もよく車は使いますので、タイヤ交換ぐらいは慣れています。作業は15分で終わりました。妻は何度も頭を下げ、あっという間に行ってしまいました。
 そして翌日、妻の方から私のアパートに電話があったのです。スナックのママに調べてもらったと言いました。私の上司から聞いたのでしょう。とにかく私は舞い上がり、何を話したか覚えていませんが、週末に会うことになっていました。それから妻との交際が始まったのです。
 普段の妻は、スナックの仕事の妻と違って、朗らかで、ほほえましい女性でした。二年後、私は妻に結婚を申し込みました。その時の妻のうつむいた笑顔は、今でも忘れられません。

 男は、妻の何を握っているのであろうか。私の知らない、妻の過去を知っているのか?ひょっとして、スナックに勤める前は、体を売るようなことをしていたのか?それを男は知っているのか?
 私は、男が言う『切り札』を、妻に焦点を当ててしまっていたのです。

 男の家庭訪問が、もうすぐまたやって来る。

 

固定ページ:
1

2

3 4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家庭訪問

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 倒錯の夏

    倒錯の夏 第1章 一日目・8月6日 プロローグ …
  2. 美奈子

    美奈子 ―"MINAKO" a wife of boys' toy. ― …
  3. 蒼きハイエナたちの時代 I

    ―― 蒼きハイエナたちの時代 1~6 ――「優しそうだし、何でも許してくれそうじゃん」「崩れたっ…

人気記事をチェック!

  1.  私はトルネコ。旅をしながら商売をしているもので、ひょんなことから勇者様の旅に同行することになっ…
  2. 「うふふ、敵情視察といきますか」イオリ模型店に入るミホシ。次の対戦相手であるイオリ・セイの信頼を…
  3. ■不倫残業で上司の巨根の虜とされていた妻(全画面でプレイ)[説明]インストール不要でブラ…
  4. 「いやぁ、君が凛ちゃんだね? 初めまして」 「……どうも」 「ま、ま。座って座って」  どこか甘っ…
  5. 母が連れ去られてからもう2週間がたとうとしている。母は半強制的に同級生の剛太のマンションで囲われ…

ピックアップ記事

  1. 2017-11-22

    倒錯の夏

    倒錯の夏 第1章 一日目・8月6日 プロローグ …
  2. 2017-11-22

    美奈子

    美奈子 ―"MINAKO" a wife of boys' toy. ― …
  3. 2015-7-27

    蒼きハイエナたちの時代 I

    ―― 蒼きハイエナたちの時代 1~6 ――「優しそうだし、何でも許してくれそうじゃん」「崩れたっ…
ページ上部へ戻る