固定ページ:
1 2

3

4 5 6 7

悩める父親

(3)

 そう言えば、一般の健康診断でも必ずあるはずの、尿検査については、妻から一言も報告がありません。
 あまりにも当たり前な検査なので、妻もすっかり忘れているのかも知れませんが、恥ずかしそうにする妻の様子から察すると、どうも普通の尿検査ではないような気がします。
 紙コップに採った尿を差し出した時、
「そんな尿では古すぎます。もっと新鮮な尿が必要です」
 とでも言われたら、妻はどうすればいいのでしょうか。
「新鮮な尿って、一体どうやって?」
 と尋ねたら、
「採尿するのです」
「採尿?」
「そうです。膀胱内にある尿が必要なのです」
 こんなことを言うのです。
「ええっ・・・・??、膀胱内の尿?、でもどうすれば・・・・」
 妻が尋ねると、先生は徐に机の中から何かを引き出してくるのです。
「これを使うのですよ」
 そう、それは導尿用のカテーテルです。
 あの先生なら、こんなものまできっと用意しているでしょう。
 初めて目にする、その恐ろしげなものを見て、
「いやっ、そんなものは使わないで下さい」
 と、妻は抵抗したはずです。
「大丈夫です。私はこれの扱いに長けているから、心配はいりません。それにこの検査は、とても大事なのですよ」
 ここまで言われては、渋々従わざるを得ません。
 カテーテルの扱いに長けているということは、今までに何人もの女性が、先生の手によって無理矢理導尿されたということです。
 この先生は、目の前で女性にオシッコさせるのが、とても好きなのでしょう。
 女性が恥ずかしさで身悶える姿が、何とも言えないのでしょう。
 これには、私も納得です。
 でも採尿してもらうには、尿道口を先生の目に晒すことになります。
 いくらなんでも、こんなことは死ぬほど恥ずかしいことに違いありません。
 その証拠に、愛する夫の私にだって、一度も見せてくれたことはないのですから。

「さあ、今日は診察台ではなくて、これを使います」
 そう言うと、肘掛けの付いた大きめの椅子を持ってくるのです。
「下は全部脱いで下さいね。いつも言っているように、私の前では恥ずかしいという気持ちは捨てて、どんなことでも従って下さい」
 今日も妻は、先生が見守る中、スカートとパンティを脱ぎます。
 いつものこととは言え、やはり恥ずかしいと思います。
 でも私の願いを叶えるためと、裸の下半身を先生の目の保養のために差し出すのです。
「さあ、その椅子に座って。そうそう、そしてこの足をこう・・・・、こちらの足はこう・・・・」
 そんなことを言いながら、先生は妻の裸の足を持つと、片足づつ上げて、両方の肘掛けに、それぞれの足を引っかけたのです。
 完成した妻の姿は、椅子に座ったままで、両足を大きく上にM字開脚した姿です。
 説明するまでもなく、妻の股間部は全て先生の目の前にあるのです。
「いやぁ・・・・、こんなのいやぁ・・・・、元に戻して下さい」
 でももう後の祭り。
 お好きにどうぞ、と言わんばかりの格好です。それならばということで、先生は思う存分妻の秘部を弄りたおすことでしょう。

「あれ・・・・、不思議だな。椅子のこの部分が、少し濡れている様だけど、まさか奥さん、こんな格好して感じているのじゃないでしょうね」
「いやっ、お願いです。見ないで下さい」
「これも検査のために必要なことですから、私も医者として見ているのですよ」
 本当でしょうか、ただのスケベ根性がそうさせているのではないでしょうか。
「でも先生、本当に恥ずかしいんです。お願い、もう降ろして下さい」
「じゃ、検査に入る前に、気を紛れるようにして上げましょう」
 本当は、気を紛らせるのではなく、気を遣らせるつもりなのではないでしょうか。
「おやおや、ここのお豆が少し肥大しているようですから、さすって小さくしてあげましょう」
 そう言いながら、妻の敏感なクリトリスを、指の腹で触れるか触れないかの、微妙なマッサージをすることでしょう。
 妻はクリトリスもビンビンに感じるようで、この微妙な触り具合が、何とも言えず感じると、以前言っていたのを思い出します。
 幾多の女性を相手にして、プロとも言える先生の指技の前には、どのような強硬な意志をもった女性でも、ひとたまりもないと思います。
 それが妻のように、一際感じる女性なら、たとえそれが夫以外の男性の前であっても、悶え泣き狂うのは、時間の問題です。

「先生・・・・、いやっ・・・・、そこ・・・・だめ・・・・やめて・・・・」
 だめと言われたくらいで、やめてしまったら男が廃るというものでしょうか。
「だめっ、だめっ・・・・、本当にやめてぇ・・・・」
 ここまで来たら、後には引けないでしょう。
「いやぁ・・・・いやぁ・・・・、はあああぁぁぁ!!・・・・」
 大きな悲鳴と共に、妻はガックリ肩を落とすことでしょう。
 でも先生にとっては、この程度では満足しません。
「いやっ!・・・・、いやっ!・・・・」
 妻は頭を振りながら、本当に嫌そうにします。
 でも先生の目は、そんな妻の姿を見て、増々力が入ったことでしょう。
「はうっ・・・・、あうっ・・・・、やめ・・・・て・・・・」
「あああぁぁ・・・・、ううぅぅぅ・・・・、また・・・・またぁぁぁ!!・・・・」
 妻は手を突っ張りながら、椅子の背もたれに頭を預け、背中をググッと反らすと、あっという間に二度目の絶頂に追い込まれてしまったことでしょう。
 今や最高に敏感になっていて、体中これ性感帯という状態の女性を、放っておく手はありません。
 あの先生であれば、どこが妻の性感帯かくらいは、とっくの昔に見抜いているに違いありません。
 おそらくは、耳たぶを舐め尽くし、耳の穴に舌先を入れることもやったでしょう。
 耳が極端に弱い妻は、体を捩りながら、
「はあ・・・・ん、ああぁぁ・・・・ん」と、先生の耳を楽しませたでしょう。
 耳に入れたのですから、下にも入れてあげなければと、先生は親切心から、妻の小陰唇を掻き分け、熱く潤んだ妻のおまXこにも、指をズッポリ差し込んだことでしょう。
 そしてカンカンに痼っているクリトリスを、今度は舌で舐め始めたかも知れません。
 ある時は舌先で軽く突つき、またある時は根元まで舐め回し、さらには唇に挟んで、強く吸い上げたりもしたことでしょう。
 その間中、柔肉に潜り込んだ指は、妻の膣壁を掻き回しているのです。
 妻は鼻腔も全開で、声すら出せない状態にまでなったことでしょう。
 もう自分の意志ではどうにもならないのです。
 椅子が壊れるくらい、ガクッ、ガクッと体を痙攣させ、最後に振り絞るような声で、
「イイ・・・・、イク・・・・イクッゥゥゥゥ!!!!・・・・・・・・」
 ドサッと椅子に身を沈め、ついには失神まで追い込まれたとしても、不思議ではないのです。

 でもまだ大事な「採尿」という検査が残っています。
 椅子の上でグッタリへたり込む妻に対して、気付け薬として、ひょっとして先生の唾液を飲ませる、なんてことまでしたのではないでしょうか。
 まだ失神から醒めやらぬ妻の顔を持ち上げると、その可愛い妻の唇に、先生の唇を押し当てたのかも知れません。
 そう、息苦しさで妻が目覚めるように、空気が漏れないほど強くです。
 こうなっては、妻が目覚めるまで時間はかからないでしょう。
 ふと気が付いて目を開けると、先生の顔が目の前にあるのですから、あまりのことにビックリし、また息をするためにも、口を大きく開けたに違いありません。
 先生はこの時を狙って、口内に溜め込んでおいた唾液を、妻の口にたっぷりと注ぎ込んだことでしょう。
 普通の状態なら、吐き出すことが出来ても、窒息寸前の妻ですから、息をするためには、自分の口内にある先生の唾液を、コクコクと飲み干さなければなりません。
 それがどれほど背徳的なことであっても、今の妻には息が出来る状態にすることが、最重要課題なわけで、それが何を意味するのか、考える暇すらなかったことでしょう。
 妻は先生の唾液を飲み込んでしまった後で、事の重大性に気付いたと思いますが、もう食道を越えて胃にまで達した先生の唾液は、元には戻らないのです。
 後は妻の腸壁が、先生の唾液を吸収するのを待つだけです。
「いやぁ・・・・、先生、酷い・・・・」
 妻が怒るのも当然です。
 人妻の唇を奪うだけでなく、唾液までも人妻の体内に注ぎ込んだのですから。
「奥さんが気を失ってしまったから、医者の務めとして自家製の栄養剤をプレゼントしたのですよ。
 どうです、貴女のために、私の体内で特別に調合したエキスですから、じっくり味わって下さいね。
 でも奥さんの唇、なかなか美味しかったですよ。御馳走様でした」
「いいえ、どういたしまして、お粗末様でした」
 などと妻が言おうものなら、勘当ものです。

「さあ、スッキリしたところで、検査に取りかかりますよ」
 先生はカテーテルを手にして、ぱっくり開いた妻のおまXこの上に、おちょぼ口のように僅かに綻びた尿道口を探り、その先っぽをあてがいます。
「いやっ、先生お願い、許して下さい・・・・」
 妻は初めて挿入されるカテーテルに恐れおののき、精一杯の抵抗を示したでしょう。
「奥さん、そんなに暴れると危ないですよ。
 尿道が傷ついてしまうかもしれない。
 それに動いた拍子に、私の手許が狂って、膀胱を突き破ってしまうかも知れませんよ。
 そんなことになったら、一生垂れ流しになってしまいますからね」
 ここまで言われたら、もうピクッとも動くことは出来ません。
 妻としては、先生の手によってカテーテルが、自分の尿道口から体内に侵入してくるのを、ただ静かに見守るしかありません。
 でも、
「痛いっ!先生、痛いっ!」
 きっとこうなるでしょう。
「動かないでっ!!」
 こう言われても、痛いものはどうしょうもないのに。
「先生っ!もう、入れないでっ!!」
「もう少し、もう少しの我慢!」
「いやぁぁぁ・・・・、あうっ!!」
 到頭、導尿用のカテーテルが、妻の膀胱内まで挿入されてしまったのでしょうか。
「ふうぅ・・・・、さあ、ずっぽり入ってしまいましたよ。どうやら、ここを弄くられるのは初めてのようですけど、あそこやお尻の感覚とは、またひと味違うでしょう?これが病み付きになる女性もいるようですから、奥さんもそうならないよう、気を付けて下さいね」
 嫌がる妻に、無理矢理カテーテルを挿入しておきながら、先生はこんな言い方で、妻を虐めたかも知れません。
「もう抜いてぇ・・・・、お願いですから・・・・」
 挿入時の痛みは薄れても、今度はそれ替わって、恥ずかしさが一段と増してくることでしょう。
「今入れたばかりなのに、もう抜いては無いでしょう。さっきも言ったように、病み付きになるほど、違った快感があるそうですから、奥さんもゆっくり楽しんで下さいよ」
 ”あるそうです”ということは、先生自らの体験ではなく、多くの女性を実験台にして得たものでしょう。
 妻のように嫌がる女性が、無理矢理カテーテルを挿入され、恥辱にまみれる様をじっくり観察したのでしょう。
 それでも飽きたらず、カテーテルを上下左右さらには前後までさせて、先生の犠牲となった女性たちが、未知の快感に悶えながら堕ちる姿を、堪能したに違いないでしょう。
 そうやって身に付けた知識を、今また妻の躰を使って、確かめるつもりなのではないでしょうか。

「奥さん、これはどうですか?」
「いやあぁぁ・・・・、動かさないでぇ・・・・」
 そんなことを言っても、先生は妻の躰に、新しい官能の芽を植え付けるために、こんな破廉恥なことをしているはずですから、やめるはずがありません。
「ほら、ほら・・・・、こうしたらすごいでしょう?奥さんだったら、こーんなことも感じるかも知れませんね」
 こうなると妻も、躰の中から湧き起こる、全く新しい感覚に戸惑いながらも、脳が快感と受け取るまでには、さほど時間もかからないでしょう。
「ああぁ・・・・、先生・・・・やめてぇ・・・・、変になるぅ・・・・」
「いいですよ、とことん変になりましょう」
 そう、これが先生の目的なのですから。
「はあーん・・・・、いや・・・・あ・・・・、こんな・・・・ところで・・・・」
 もう妻が崩壊するのも目前です。
「さあ、いよいよですよ。思いっきり変になって下さいね」
 そして先生は、カテーテルを圧さえていたクリップを外したに違いありません。
 それと同時に、クリップで堰き止められていたオシッコが、妻の意志とは無関係に、カテーテルの管の中を駆け下っていったことでしょう。
「いやあぁぁ!!だ・・・・めえぇぇぇ・・・・・・・・」
 妻の膀胱内まで押し込まれたカテーテルは、そこに溜められていた尿を、強制的に排出し始めたのです。
 もう誰にも、止めることは不可能でしょう。
 このことこそが、導尿用カテーテルの究極の役目なのですから。
 そして先生の究極の目的も、誰の目にも晒したくない排泄行為を、他人の前で実演させることにより、耐え難い屈辱を与え、それが引き金となって、湧き出してきた不可思議な快感を一気に爆発させ、淫らな欲望に溺れさせることにあるに違いありません。
 何ともはや、こんな先生の手に掛かったら、どれほど抑制心の強い女性であっても、赤子の手を捻るようなものでしょう。
 もし私の妻が、こんな先生の淫欲の餌食になってしまったとしたら、妻は何とも哀れなものです。
 自分の意志では、どうしても止めることが出来ない排尿行為を、涙で曇った目で見つめながら、奈落の底に堕ちていくのを、感じ取ることしか許されていないのですから。

 私の心配は、膀胱の中が空っぽになるまで、恥辱の行為を続けさせられた妻は、それでもう解放してもらえるのでしょうか。
 いや、いや、あの先生のことです、もう落とし穴は用意していないとは限りません。
 ひょっとしたら、今度は空っぽの膀胱を、洗浄しようと言い出すかも知れません。
 息も絶え絶えになっている妻に、
「もう、出る物も出し尽くしてしまったので、小腹が空いてきませんか?こんな恥ずかしい姿を披露していただいたお礼に、何か差し上げましょう、奥さんの膀胱にね」
 こんな言葉を聞いたが最後、妻は発狂寸前にまで追い込まれてしまうことでしょう。
「いやああぁぁぁぁ!!!もう、やめてえぇぇぇ!!!来ないでぇぇぇ!!!・・・・・・・・」
 診察室内に響きわたる妻の悲鳴も、悪魔に魂を売り渡した先生にとっては、心地よいものにしか感じないことでしょう。
「これからが本番です。奥さんにはもっと未知の世界を、彷徨ってもらわなければなりませんから」
 もう妻にとっては、恐怖以外の何ものでもないでしょう。
 そしてその恐怖は、得体の知れない液体がなみなみと入った注射器が、膀胱にまで達したままのカテーテルに繋がれた時、現実のものとなってしまうのです。
 それを目の当たりにした妻は、どんな顔でその光景を見つめるのでしょうか。
「奥さん、この液がこれからどうなるのか、楽しみでしょう?」
 妻の顔が恐怖で歪んでいるというのに、まだ追い詰めるつもりなのでしょうか。
「さあ、奥さん、体の芯から味わって頂くため、ゆっくりいきますからね。これが病み付きになってしまっても、私は知りませんよ」
 なんという先生でしょうか。
 妻に淫らな快感を植え付け、その虜にさせるつもりなのに、あたかも自分の責任ではないと言い放つのです。
 そしてその言葉通り、妻の悶え苦しむ姿を楽しみながら、注射器内の液体を、ゆっくりと妻の膀胱内に注入していったことでしょう。
「ひいいぃぃぃぃぃ!!・・・・・・・・」
 一体どんな感覚なのでしょうか。
 普通尿道というのは、膀胱から外に向かっての、一方通行のはずです。
 そして膀胱そのものも、排泄物である尿を、体外に排出する機能しか持っていないはずです。
 そんな人間の生理の仕組みに逆らって、外から膀胱に向かって、液体が逆流していくのですから。
「んがぁぁぁぁ・・・・、はううぅぅぅ・・・・」
 妻に出来ることと言えば、この恥辱の時が過ぎ去るのを、じっと待つことしかないのでしょう。
 しかし、蝸牛が這うほどゆっくりと注ぎ込まれる液体は、妻に永遠とも思われる苦しみを与え続けているのです。
「はぁぁぁ・・・・、も・・う・・、や・・・・め・・・・て・・・・・・・・」
 妻の頭の中は、もう何も考えることが、出来なくなっていることでしょう。
 妻の膀胱が膨らみ切った頃、尿道を嘖み続けた液体も、ようやく底をついたようです。
 妻は失神寸前まで行きながらも、膀胱の破裂しそうな痛みで、現実世界に引き戻されてしまいます。
 例え注射器の中味が空になっても、妻の苦しみはそこから新たに始まるのです。
「奥さん、満腹になりましたか?まだなら、もう一本サービスしましょうか?」
 その言葉が耳に届いた途端、最後の力を振り絞って、妻は必死で首を横に振ったことでしょう。
「そうですか、満足して頂けましたか。それじゃ、トドメといきましょうか」
 まだトドメが残っているとは、どこまで妻を陥れたら気がすむのでしょうか。
 先生のことです、トドメとして、パンパンに膨らんだ妻の膀胱を、じわじわと揉み込んだかも知れません。
 そして、苦しむ妻の顔を横目で見ながら、妻の尿道を犯していたカテーテルを、一気に引き抜いたに違いありません。
「んっ、ふがああぁぁぁぁ!!!・・・・・・・・」
 妻には一瞬我が身に何が起こったのか、理解することが出来なかったでしょう。
 ただ感じるのは、破裂しそうだった膀胱の痛みが徐々に薄れ、その変わり、激しく飛沫をあげながら、尿道口から撒き散らす痴態を見つめる先生の目と、新たに湧き起こる、妖しく疼く淫蕩の蔭だけ。

(まだ悩んでいます)

 

固定ページ:
1 2

3

4 5 6 7
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 悩める父親
  • ■出典など

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 倒錯の夏

    倒錯の夏 第1章 一日目・8月6日 プロローグ …
  2. 美奈子

    美奈子 ―"MINAKO" a wife of boys' toy. ― …
  3. 蒼きハイエナたちの時代 I

    ―― 蒼きハイエナたちの時代 1~6 ――「優しそうだし、何でも許してくれそうじゃん」「崩れたっ…

人気記事をチェック!

  1. 関連 ⇒ 【無料NTRゲーム】【To LOVEる】 リトのアンラッキースケベ 古手川唯編 【女性キャ…
  2. (1)  皆さん、私の悩みを聞いて下さい。 それは2歳になる、我が家の長女のことですが、どうも…
  3.  私は40歳の公務員です。妻は36歳で、私が言うのもなんですが、美しい妻だと思っています。いや美…
  4. 柔道整復業界における需要と供給 36才.柔道整復見学師  会社に向かう途中、@治療院の看板が見…
  5. その封筒を、最初に見つけたのは僕だった。――これって、 お母さん、 封筒の中には、母の写真が入っ…

ピックアップ記事

  1. 2017-11-22

    倒錯の夏

    倒錯の夏 第1章 一日目・8月6日 プロローグ …
  2. 2017-11-22

    美奈子

    美奈子 ―"MINAKO" a wife of boys' toy. ― …
  3. 2015-7-27

    蒼きハイエナたちの時代 I

    ―― 蒼きハイエナたちの時代 1~6 ――「優しそうだし、何でも許してくれそうじゃん」「崩れたっ…
ページ上部へ戻る