固定ページ:
1

2

3 4 5 6 7

悩める父親

(2)

 最初は嫌々ながらも、淡々と検査内容を教えてくれていた妻ですが、検査が進むにつれ、その内容を私に話すとき、顔を赤らめるようになり、時折遠くを眺めるように、ボォーとすることがあるのです。
 おそらく、その時のことを思い出しているのかも知れません。
 検査と言ってもいろいろあります。
 風邪などをひいた場合などは、口を大きく開けて、喉の奥の状態を確認します。
「それじゃ、口の中を調べますから、あーんと口を大きく開けて下さい。・・・・はい、いいですよ。今度は中の粘膜の状態を調べますから、目を閉じて・・・・、口をゆっくり窄めていって下さい」
 妻は先生の指示通りに目を閉じ、おちょぼ口になるように窄めていったことでしょう。
 しかしその途中で、口の中に異物があることを感じたかも知れません。
 検査の用具が口に差し込まれているのかも知れませんが、それを確認しようと思った時、
「目を開けてはだめですよ。私が合図するまでは、目は閉じたままですからね」
 こう言われては、目で確かめることが出来ません。
 後は口の中の神経で、その物体を感じ取るしかありません。
 その内その物体が、口の中でクネクネ蠢き始めたら、妻は驚きのあまり、思わず目を開けてしまったことでしょう。
 その時妻が目にしたものは、口の中に挿入されている先生の指だった、なんてこともあったかも知れません。
「目を開けてはだめだと言っているのに。しかたがない・・・・」
 そう言うと先生は、妻に目隠しをしてしまった、ということも考えられます。
 こうなっては、何をされても分かりません。
 これで絶対見ることが出来ないとなると、先生の指は大胆な動きになることでしょう。
 例えば、歯茎の裏を確かめたり、舌の上の感触を楽しんだり、舌の下の根元まで指を這わしたり、上顎の肉感までも確認したに違いないでしょう。
 妻は口の中にまで性感帯があるようで、特に上顎の内側を触られると、とても感じるようです。
 この時も、「うう・・・・ん、んん・・・・、うん・・・・ん・・・・」と唸りながら、先生の指を口で締め付けてしまったかも知れません。
 妻の反応が思った以上に良いとなると、次の段階に移るためか、指をゆっくり引き抜いていったことでしょう。
 その時妻の口は、先生の指を追いかけていったかも知れません。
「さあ、次はもっといいものですよ。口を大きく開けて下さい」
 そして妻が口を開けた時、指何本分にも相当する、太い柱のようなものを咥え込まされるのを感じたかも知れません。
 しかも口の中が目一杯充填されてしまい、息をするのさえ困難なほどのものだとしたら。
 そんな肉の凶器のようなものが、口の中を削ぎ落とすように暴れ回ったら、妻は思わず顔を離そうとしたことでしょう。
 しかしこの時、先生の手が妻の頭をがっちり押さえていたとしたら、逃げ道を失った妻は、棍棒のようなもので、口腔内が犯し尽くされることに、ひたすら耐えるしかないでしょう。
 やがて、「うっ!」と言う先生の声と共に、口の中に熱くどろっとした液状のものが、、拡がっていくのを妻は感じたかも知れません。
 いえいえ、きっとこんなことは起こらなかったはずです。
 これから時間はたっぷりあるのですから、なにも焦らなくても、獲物が逃げないようにじっくり仕込んだ後で、思う存分嬲ぶり尽くせばいいことです。
 先生なら、心の中できっとこう考えたに違いありません。

 産婦人科の検査と言えば、妻の股間を単に見るだけでなく、器具を使ったり、直接触ったりということも十分考えられます。
 妻の性感は結構いい方で、拙い私のテクニックでも、十分に感じてくれています。
 そんな妻が、熟練工とも言える先生に、触診という名目で恥ずかしい部分をたっぷり責められたら、じゅわーっと愛液が浸み出してくることは否めません。
「うん?これは何かな?汗・・・・?奥さん、暑いですか?」
「い・・・・いえ、大丈夫・・・・です」
 長い間視姦され続け、焦らされた揚げ句に、大事な部分にちょこっと触れられただけで、濡れ始めていることを感じている妻は、恥ずかしさで目も開けておられないことでしょう。
「ふーむ、何だろうな?ちょっと粘り気があって、匂いは・・・・?、味は・・・・?」
 なんてことを言われたら、妻の顔は真っ赤になっていたことでしょう。
「もう少し、丁寧に味わってみよう」
 などと訳の分からないことを言いながら、あの部分に先生の舌が直接押し当てられたら、妻でなくてもたまったものではありません。
「あーん、だめぇ・・・・、先生やめてぇ・・・・」
「患者さんの味を知っておくことは、医者としての務めです」
 医者というのは、何と役得な商売でしょうか。
「でも・・・・そんなとこまで・・・・、はあーん・・・・いやぁーん・・・・」
 妻のこんな声を聞かされたら、腹一杯になるまで舐め尽くすしかないでしょう。
 妻の泣き声が、耳に心地よい響きを与えてくれることは、夫の私が保証します。

 妻の膣内が、愛液で十二分に潤ったら、
「おおっ、そうだ!これならオイルもいらないから、今の内に膣内の触診もしておきましょう」
 と言い出すかも知れません。
 そして妻の膣口から指を入れ、触診などという淫乱極まりない名目で、妻の柔肉の感触を心のゆくまで楽しむつもりなのでしょう。
 初めの間は一本の指だけだと思いますが、揉みほぐれてくる内に、指二本挿入となったかも知れません。
 一本だけなら必死に耐えていた妻も、二本の指となるとたまりません。
「く・・くぅ・・・・、は・・・・ふ・・・・」
 耐えに耐えていた声が、ついに妻の口から漏れてきたことでしょう。
 こんな妻の艶っぽい声を聞かされた先生は、”この人妻を、もっと、もっと、泣かせてみよう”きっとこう思ったに違いありません。
「はあ・・・・ん、だめ・・・・え・・・・」妻は先生の期待通りに、さらに悶え声を上げたことでしょう。
 先生のことです、おそらく女の泣き所を責めてくるでしょう。
 特に妻は、Gスポット攻撃にとても弱いのです。
 ここを擦り上げられたら、激しくのたうちまわり、たちまちの内に潮を吹いてしまいます。
「奥さん、安心なさい。触診でも問題なさそうですよ。さて、こっちはどうかな?」
 などと言いながら、妻の反応を確かめつつ、Gスポットをじわじわ擦ったことでしょう。
「はひぃ・・・・んん、はうぅ・・・・ぅぅ・・・・、だ・・・・だめ・・・・ぇ・・・・」
 もうここまで来たら、崩壊するのは確実です。
 先生は手の動きをスピードアップさせたことでしょう。
「はあ・・・・、はあぁ・・・・、ああぁ・・・・、い・・・・い・・・・」
 こうなってしまったら、妻も後戻りできません。
 妻の本意でなくとも、躰が勝手に快楽を追求しているに違いありません。
 先生の指によって、今にも手が届きそうな絶頂を、追い求めているのです。
 しかしもしここで、先生が悪戯心を出したとしたら、どうなることでしょう。
「はい、奥さん。触診はこれで終わりです」
 そう言うと、妻の泣き所を責めていた指を、スッと引き抜いたかも知れません。
「はん・・・・えっ・・・・?」
 期待が裏切られ、妻は戸惑ったことでしょう。
「あれぇ、奥さん。何か御不満なことでも?」
「えっ・・・・?、い・・・・いえ・・・・」
 こんな中途半端な状態で放って置かれたら、この躰の芯の疼きはどうなるのでしょうか。
 妻としては、最後までやってほしかったけれど、そんなことを先生に言えるはずもありません。
「奥さん、はっきり言ってもらわないと困りますね。主治医に対して、隠し事はいけません」
 そんなことを言いながら、カチカチに尖っている妻のクリトリスを、ぐっと摘んだかも知れません。
「はひぃ・・・・んん・・・・」
 妻の躰を、一気に電流が駆け抜けていったことでしょう。
「ほら、ほら、正直に答えないと、こうですよ」
 先生は、なおも妻のクリトリスを揉み込みます。
「はは・・・・ん、あん、あぁ・・・・ん、だ・・・・めぇ・・・・・・・・。先生・・・・もう・・・・一度、・・・・触診・・・・を・・・・、お願い・・・・します・・・・。はぁぁ・・・・ん・・・・」
「分かりました。でも、どこを触診するのですか?」
 なかなか意地悪な先生です。
「あぁ・・・・ん、そ・・・・んな・・・・」
「どこなんですか?」
「さっきと・・・・同じ・・・・と・・・・こ・・・・」
「同じところ?」
 まだ言わす気です。
「ち・・・・つ・・・・、膣の・・・・中・・・・です・・・・」
「まあ、いいでしょう。正直に言ったご褒美です」
そう言うと、一気に指を妻の肉壷に突き入れ、Gスポットを激しく擦り上げたことでしょう。
「ひいぃぃ・・・・んん、・・・・は・・・・うぅ・・・・、あぁ・・・・ううぅぅ・・・・」
”よし、もらった”先生はそう思ったかも知れません。
「くっ・・・・うぅぅ・・・・、だ・・・・めえ・・・・ぇぇ!!・・・・」
 先生の思惑通り、妻は物の見事に潮を吹き上げてしまったことでしょう。
「あう・・・・うぅぅ・・・・ぅぅ・・・・」先生の手が止まらない限り、妻は飛沫を上げ続けたに違いありません。
「はっ・・・・ぐうっぅぅ!!!・・・・・・・・」
 体をガクッ、ガクッ、痙攣させながら、一際大量の潮を吹き上げると、妻は混沌の世界に沈んでいったのかも知れません。
 診察台の上で全裸で横たわり、こんな痴態を先生の目の前で晒してしまった妻と、それをしっかり見届けた先生との間には、今まで以上の絆が生まれてくるのかも知れません。
 もちろん、医師と患者という立場以上にならなければよいのですが、もしそうなら妻に潮を吹かせるまでには行かないと思うのですが・・・・。

 ある時は、便の検査もあったようです。
 しかし検便の容器らしいものも無いし、便を持っていくような素振りもないのです。
 どうやら、妻が恥ずかしそうに教えてくれた、極僅かな手がかりから察すると、医院に行ってから便を採られたらしいのです。
「今日も下を全部脱いでから、診察台に上がって下さい。便の検査をしますから」
 便の検査と言っても、診察台で大股開きになって、どうやって検査するのでしょうか。
「先生、便の検査をするのに、こんな格好をする必要があるのですか?」
 妻にしてみれば、当然の疑問でしょう。
「もちろん、赤ちゃんを無事授かるためには、この格好がとても大切なのです。あっ、もう少し足を上げた方が・・・・」
 そう言うと、先生は診察台のハンドルを廻して、妻の足が上に跳ね上がるようにしたのかも知れません。
「ほーら、奥さん、見えてきましたよ。うーん、なかなか綺麗な穴ですね」
 なんと先生は、妻のお尻の穴がよーく見えるようにしてしまったのです。
 妻の足はベルトで固定されているため、足を閉じることが出来ません。
「先生、恥ずかしいです。そんなに見つめないで下さい」
「私は医者です。私に対して恥ずかしがっていては、大事な検査が出来ません。それに貴女のアヌスが、丸見えなんですから、見たくなくても見えてしまいますよ」
 先生が無理矢理こんな格好をさせたくせに・・・・。
「これは凄い!穴の皺の数まで数えられそうだ。数えてあげましょうか?」
「いやっ、いやっ、そんなの数えないでっ」
 肛門の皺まで数えられたら、妻でなくても、たまったものではないでしょう。
 私でさえ、やらせてくれなかったことなのに・・・・。

「それでは力を抜いて、口で大きくゆっくり息をして下さい。そう、そう、スーハー、スーハー・・・・」
「ひっ!先生・・・・」
「はい、奥さん、もっと力を抜いて」
「先生・・・・、そんなところまで・・・・」
「便の検査ですから、お尻の中に指を入れて調べるのは当然でしょう。直ぐに済みますから」
 今まで触れられたことも無いはずの肛門に、あろうことか指まで押し込まれて、妻の狼狽えはいかばかりか。
 しかも、オイルまで使われて、穴の中から揉み込まれたなら、妻は発狂しそうになるのではないでしょうか。
「先生、いやぁぁ・・・・、そんなこと、しないで・・・・」
 妻の悲鳴が聞こえてきそうです。
「おやぁ?何だぁ、これは・・・・、何か固くて、変なものが・・・・」
「えっ?・・・・・・」
 お尻の中にあるもので、固いものと言えば、もちろん”うんち”しかないでしょうに。
 ということは、妻は肛門に指を入れられただけでなく、その中に溜まっている、汚らしい排泄物を、直接触られたということでしょうか。
 大便があるのは、理の当然なのですが、それをもろに指摘されては、顔から火が出るほど恥ずかしかったでしょう。
「これはイカン。奥さん、どうも宿便があるようですね。これじゃ、宿便の検査をやらなくては・・・・」
 こんなことを言われたら、妻は増々狼狽えてしまうでしょう。
「あの先生、宿便ですか・・・・?」
「そうです。腸壁の奥に溜まっている便のことで、これは女性にとって大敵ですよ。
 美容にもよくありません」
「でも、どうやって検査するのですか?」
「肛門鏡を入れて、無理矢理掻き出すか、薬を使って出すかですね」
「そんな掻き出すなんてやめて下さい。でも・・・・薬だったら注射をするのですか?」
 そう言えば、妻は注射が嫌いでした。
「そう、便を柔らかくし、腸の動きを促す薬を入れるのですが、注射と言っても注入時の痛みは全くありませんから、心配には及びませんよ」
 もしこう言われたら、当然注射される方を選ぶでしょう。
 でも、便を柔らかくする注射といえば・・・・、ひょっとして、浣腸!?
 妻はどちらかというと、便秘気味のようですが、今まで浣腸のお世話になったことはないはずです。
 浣腸などされたことがなければ、その注射器がどれほどのものか、全く知る由もないのです。
 確かに先生の言うとおり、痛みはないかも知れませんが、それ以上のことが何かあるはずです。

「それじゃ、薬を入れる注射をしますから、今度は診察台の上で四つん這いになって下さい」
 妻は訳も分からず、先生に従ったことでしょう。
「痛みは無いので、力を抜いていて下さいね。そしてさっきと同じように、ゆっくり息をして下さい。それから私が良しと言うまで、絶対に動かないこと。そうしないと怪我をすることもありますからね。それじゃいきますよ、力を抜いて」
 そう言いながら、先生は後ろから妻のお尻を覗き込み、手にした特大の浣腸器を、妻の肛門にあてがったことでしょう。
「あっ、先生いやっ、変なことしないで下さい」
「力を抜いて!、動かないでと言ったでしょう!!」
 医者が治療行為として行うことに、妻も逆らえないことでしょう。
 それをいいことに、先生はなみなみと入ったグリセリン溶液を、妻のお尻に注ぎ込んでいくのです。
「ああっ、先生、気持ち悪い。もうやめて下さい」
「これは薬ですから、少しは我慢して下さい」
 そして先生は、浣腸器のピストンを、最後まで圧し切るのです。
「ほーら、全部入ってしまいましたよ」
 先生は浣腸の洗礼で震えている妻の餅肌のお尻を撫で回し、人妻のお尻に大量の浣腸液を注ぎ込んだことに、感無量となったに違いありません。
 それはそうです、夫にさえもされたことがない行為は、先生が妻にとって、初めての男になった訳ですから・・・・。

「先生、お腹が変、熱くなってきました」
「薬が効いてきた証拠です。でも我慢して下さいよ」
「ああ、お腹が苦しい。お願いします、おトイレに・・・・」
「しょうがない奥さんだな、さあこれでどうです」
 そう言うと、指を栓がわりに、妻の肛門にグッと潜り込ませたことでしょう。
「あっ、痛い」
 そんな声も漏れてきたかも知れません。
 初めての浣腸なら、そんなに長く保つはずもありません。
「先生、本当にもうだめ! 早くトイレに行かせて!」
「いいですよ。でも私の指を飲み込んだままで、廊下を歩いてトイレまで行けますか?」
「そんなの嫌っ! 指を抜いて下さい」
「いいですけど、栓も無しでトイレまで我慢できますか? もし廊下でお漏らしでもしたら、恥ずかしいですよ」
 あの先生なら、こんなことまで言うかも知れません。
「先生、助けて。どうしたらいいのですか」
「ほら、そこに便器があるでしょう。そこですれば、恥ずかしい目に遭わなくて済みますよ」
 切羽詰まった妻は、泣く泣く先生の指示に従うしかなく、肛門に先生の指を入れられたまま、便器に跨ったことでしょう。
「先生、指を抜いて、あっちに行っていて下さい」
 そして先生の指が抜かれてから、先生が立ち去るまで、妻は必死の思いで肛門を引き締めています。
 でも先生は一向に動こうとはしません。
「私は医者として、患者の側を離れることは出来ません」
 なるほど、それもそうだ。
「いやぁ・・・・、お願い、あっちに行って・・・・」
 しかし先生を部屋から押し出すことも出来ない妻は、先生に見守られながら、夫の私にすら見せたことのない恥ずかしい行為を、実演して見せるのです。
「いやぁ・・・・、だめぇ・・・・、見ないでぇ・・・・、いやあああぁぁ!!・・・・」
 こうして宿便が採取されるのでしょうか。

(まだ悩みは尽きません)

 

固定ページ:
1

2

3 4 5 6 7
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 悩める父親
  • ■出典など

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 倒錯の夏

    倒錯の夏 第1章 一日目・8月6日 プロローグ …
  2. 美奈子

    美奈子 ―"MINAKO" a wife of boys' toy. ― …
  3. 蒼きハイエナたちの時代 I

    ―― 蒼きハイエナたちの時代 1~6 ――「優しそうだし、何でも許してくれそうじゃん」「崩れたっ…

人気記事をチェック!

  1. *サイト閉鎖されておられました作者様がDL販売を開始されましたので作品の補完および公開を自粛させて頂…
  2. 『僕の好きな委員長は僕の嫌いなクラスの不良に女にされていた。』委員長はどちらかというとクラスでも地味…
  3. (1) 「うぉ~い、みんなぁ。撤収、撤収~!」 現場監督の野太い声がだだっ広いホールに響き渡る…
  4. 誰でもよかったわけではない。 どうでもよかったわけでもない。 ただ少し――疲れてしまっていたのか…
  5. 「うふふ、敵情視察といきますか」イオリ模型店に入るミホシ。次の対戦相手であるイオリ・セイの信頼を…

ピックアップ記事

  1. 2017-11-22

    倒錯の夏

    倒錯の夏 第1章 一日目・8月6日 プロローグ …
  2. 2017-11-22

    美奈子

    美奈子 ―"MINAKO" a wife of boys' toy. ― …
  3. 2015-7-27

    蒼きハイエナたちの時代 I

    ―― 蒼きハイエナたちの時代 1~6 ――「優しそうだし、何でも許してくれそうじゃん」「崩れたっ…
ページ上部へ戻る