固定ページ:
1 2 3 4 5 6

7

8

戦い

戦い 第61回

5月29日(土)の2

辺りが暗くなり出した頃、私は海沿いにある公園に向かっていました。ここは私が妻にプロポー
ズをした場所です。野田のアパートを出た時、思わない事も無かったのですが、そんなドラマの
様な事は無いと思い、後回しにしてしまったのです。
公園へ着くと、もう真っ暗でしたが、駐車場の一番奥に妻の車が止まっているのを発見しました。
しかしまだ喜べません。一度立ち寄ったものの車をここに置いて、また何処かに行ってしまった
可能性も有ります。最悪、海に入ってしまった事も考えられます。
何組かのカップルに、変な目で見られながら探し回っていると、1人でベンチに座っている、妻
らしい人影を見付け、静かに近付いて前に立つと、顔を上げた妻は人目も憚らず、急に泣き出し
て抱き付いて来ました。
しばらくベンチに座り、昔の事を思い出しながら、真っ暗な海を見ていましたが、気が付くと妻
は、右手でしっかりと私の上着の裾を握っています。
「俺達の家に帰ろうか?」
妻はゆっくりと頷き、心配なので1台は置いて行こうと言う私に、もう大丈夫だからと言い残し、
自分の車に乗り込みました。家に着いても何を話していいのか分からず、キッチンのテーブルを
挟んで、向かい合ったまま黙っていると、その時携帯が鳴り。
「心当たりは全て探したが、見つからない。すまない。これも全て私のせいだ。美鈴さんに、も
しもの事が有ったら・・・・・・・・・。」
「ちょっと待て。連絡が遅れたが少し前に見つかった。美鈴は無事だ。」
野田は怒った声で“どうしてすぐに”と言い掛けましたが、“良かった。そうか。良かった。”と
言って他は何も聞かずに電話を切ってしまいました。
「美鈴。これから俺達はどうなるか、どうすれば良いのかまだ分からんが、こんな事だけはする
な。こんな事は許さん。一生お前を怨むぞ。」
「ごめんなさい。もうしません。ごめんなさい。あなたや子供達の顔が浮かんで、私には出来ま
せんでした。1人では怖くて出来ませんでした。私はずるい女です。あそこにいれば、あなたが
来てくれると思いました。あそこで待っていれば、必ず迎えに来てくれると信じていました。本
当にずるい女になってしまいました。」
悪く考えれば、最初から死ぬ気など無くて、これも妻の計算通りだったのかも知れません。しか
し私は、そこまで妻が変わってしまったとは、思いたく有りませんでした。
安心したせいかお腹が減り、朝から2人とも何も食べていなかった事を思い出し、インスタント
ラーメンを2人で作って食べていると、家の前で車の止まった音がしたので、こんな時間に誰だ
ろうと思い、窓から覗くと、それは私が少し援助して、娘が買った古い軽自動車で、助手席から
は息子も降りて来ました。
娘は入って来るなり。
「お母さん、帰っているの?帰っているのなら電話ぐらいしてよ。」
娘と息子は険しい顔で座り、携帯をテーブルの上に置き。
「お母さん。これはどう言う事?どう言う意味?」
俺の所にも来たと言う、息子の携帯メールを見ると。
〔ごめんなさい。お母さんはお父さんを裏切ってしまいました。あなた達を裏切ってしまいまし
た。取り返しの付かない事をしてしまいました。あなた達の母親でいられる権利を、自分で放棄
してしまいました。お父さんの事をお願いします。こんな母親でごめんね。ごめんね。〕
その時娘が。
「お父さんを裏切ったって、まさか・・・・・・・そうなの?お母さん、そうなの?」
子供達が来てから、ずっと俯いていた妻は顔を上げ、私の目を見詰めて涙を流しました。私もそ
んな妻が心配で、妻の顔を見ていると、2人の様子を見ていた息子が。
「なんだ、心配して損した。親父、勘弁してくれよ。脛をかじっていて言い難いけど、俺達も忙
しいんだ。夫婦喧嘩は2人でやれよ。子供まで巻き込むなよ。」
娘がまた妻に何か言おうとしましたが、息子がテーブルの下で娘の足を蹴りました。それは妻に
も分かったと思います。娘は大きな溜息をつくと。
「そうね。心配して損したわ。お母さんは家をすぐに飛び出すし。お父さんはお母さんの姿が、
少し見えないだけで大騒ぎだし。お母さん、今日のガソリン代と、高速代はお母さんが払ってよ。」
そう言うと、私を見詰めながら涙を流している妻の前に手を出しました。すると息子も手を出し
たのを見て、娘が。
「途中で食べたハンバーガーも私が出したし、あんたは何も払っていないでしょ?」
「俺だって、バイトを途中で抜けさせてもらったから、半日分のバイト代は、もらう権利は有る。」
娘と息子が言い争いを始めましたが、わざとそう振る舞ってくれている事は分かっていました。
知らない内に、2人は大人になっていた様です。妻だけでなく、私も救われた気持ちでした。
今日は遅いから泊まっていけと言うと“そうするか。”と言う息子に、今度は娘がテーブルの下
で息子の足を蹴り“明日もバイトで夜の方が道も混んでいないから。あんたも明日バイトが有る
でしょ。”と言って席を立つと、妻は慌てて自分の財布からお金を出し、泣きながら2人に渡し
ていました。子供達も赤い目をして帰って行ってしまいましたが、これも私達に気を利かせた事
は、言うまでも有りません。
子供達の成長に感謝しましたが、これで問題が解決した訳では有りません。私の中では、これで
元の夫婦に戻れるほど、簡単な問題では有りませんでした。

 

戦い 第62回

 

5月30日(日)の1

前夜は一睡もしていなかったのか、妻はベッドに入るとすぐに寝てしまい、私の横で寝息をたて
ています。私も一度は眠ったのですが、疲れているはずなのに早くに目が覚めてしまい、その後
寝付かれずに、妻との事を考えていました。私にとっての夫婦とは何なのか考えていました。
勿論、婚姻届を出した時から、法律上夫婦で有る事は間違い有りません。
しかし、
お互いに相手に対する愛情がないと、それはただの共同生活者だ。
たとえ実際には束縛していなくても、夫婦なら相手を束縛したい気持ちが有って当然だ。
育った環境も違い、お互い1人の人間だから、考えや方が違うのは仕方ないが、時には自分を殺
して、お互いに歩み寄るのが夫婦だ。
片方の気持ちが離れた時、離婚届は出さなくても、それはもう夫婦では無い。
と思っていました。
それともう1つ。
長い結婚生活、間違いの1度や2度は有るかも知れないが、気持ちまで相手に行かなければ、
夫婦でいられる。
とも思っていましたが、私を愛していても、妻の身体が他の男を求めてしまった今、この考えは、
私に都合の良い考えだったと気付きました。風俗など私が妻を裏切る事は有っても、妻に限って、
私以外の男と関係を持つ事は、考えられなかったからこそ思えた事だったのです。
人間と同じ様に、夫婦と呼べるのかどうかは分かりませんが、多くの生物は、子孫繁栄の為の生
殖行為をしたものが、夫婦の様な形をとります。1度その様な行為をしただけで死んでいく者も
有りますが、前回とは違う相手と、行為を行う者も少なく有りません。それは、より強い、より
良い子孫を残す為だと思います。
当然、夫婦の関係はセックスだけでは有りません。それ以外の部分の方が大きいかも知れません。
お互いに納得して、セックスレスでも仲の良い夫婦でいられる方もみえますし、歳を取り、その
様な行為が出来なくなっても、夫婦でいられます。
しかし、人間も1つの生物だと考えると、子供に恵まれたかどうかは別にしても、以前私達は間
違い無く夫婦でした。ところが、妻の身体が野田を選んだとしたら、妻の雌の部分が野田に惹か
れたとしたら、今は野田と妻の方が、夫婦に近いのでは無いかと思えるのです。
ただ、人間は他の生物と違い、遊びも覚えました。子孫を残す為だけにセックスをする訳では有
りません。私も今では、子供を作ろうと思って交わった事は有りません。それどころか、子供が
出来てしまわなかったか心配な時も有ります。しかし、そこまでの過程は遊びでも、男が女の中
に入り、腰を振っている瞬間は、子孫を残そうとする生殖活動その物ではないかと思えるのです。
これらは私の夫婦感です。勿論人それぞれで、10人いれば10通りの考えが有ります。それら
を否定するつもりは有りません。当然妻にも妻の考えが有って当然です。しかし、お互いに歩み
寄るなど、今まで考えていた夫婦の形を、自分で否定してしまう事になるのですが、今の私は、
妻の身も心も私に向いていないと、夫婦として満足出来ません。夫婦としてやって行く自信が無
いのです。
夫婦はセックスだけでは無いと分かっていても、妻と野田とのしてきた行為を考えた時、私の中
で、その部分が大きな割合を占めてしまうのです。
外が白み出した頃、ドアの音で起こしてしまったのか、トイレから戻ると妻が。
「ごめんなさい。私のせいで眠れなかったのですね」
「違う。トイレに行きたくて目が覚めてしまった。やはり歳だな。」
お茶を煎れてくれると言う妻に、コーヒーにしてくれと頼み、2人でコーヒーを飲みました。
「くどい様だが、やはりどうしても気に成っている事が有る。」
「何でも聞いて下さい。今なら何でも話せる気がします。」
「そうか。俺の事を愛してくれているのは分かった。では、野田の事を愛してはいないと言って
いたが、嫌いでは無いのだな?野田にはどういう感情が有るのだ?」
「はい。昨年は同情から、課長の事を好きだと勘違いしてしました。あなたを愛しているのとは
違った感情でしたが、愛に近い物を感じていました。それは間違いだったと気付いてからも、そ
れらの感情は無くなりましたが、嫌いには成れませんでした。」
「それは今回、脅されて無理やりされたと思っていても、そうだったのだな?自分と向き合って
みて、分かっているのだろ?」
「ごめんなさい。気付かない内に、私も抱かれたいと思う気持ちが何処かに有って、そのせいか
も知れませんが、あなたには嫌いだと言いましたが、どうしても嫌いには成れませんでした。」
「それも愛の一部では無いのか?」
「違います。それだけは、はっきり違うと言えます。」
「気持ちが身体に負けてしまうのか?本能がそうさせるのか?」
「よく分からないのですが、何となく思うのは、あなた以外、私にとって始めての男の人だった
からかなと・・・・・・。あなたしか知らなかった私が、課長という男の人を、知ってしまった
からかも知れません。」
今まで敵から命を掛けて群れを守り、食べ物を調達し、交尾の時期を迎えた時、自分より強い雄
が現れて群れを追われ、その雄と今まで妻だった雌の交尾を、横目で見ながら群れを出て行く、
はぐれ猿の姿が頭に浮かびました。私には負け犬根性のような物が、染み付いてしまった様です。
「俺しか知らなかったのが、野田に抱かれて、もっと気持ちの良い世界を知ったと言う訳か?俺
より野田の方が、気持ちが良かったという訳か?」
「そんな事有りません。あなたと課長を比べた事など、1度も有りません。私の言い方が悪かっ
たです。ごめんなさい。」
私は妻を責める為に、質問をしたのでは有りませんでしたが、また妻を責めている事に気付き。
「悪い、悪い、そんな事を聞くつもりでは無かった。元へ戻るが、それなら野田に、情が移って
しまったと言う事か?野田の身体に愛着が有ると言う事か?」
「それとも違う様な気がします。誤魔化している訳では無くて、上手く説明出来ません。ごめん
なさい。・・・・・・・ごめんなさい。」
「そうか、謝らなくてもいい。美鈴、コーヒーをもう1杯もらえないか?やはり何処の喫茶店よ
り、お前の煎れてくれたコーヒーが1番美味い。」
妻はやっと笑顔を見せ、コーヒーを注いでくれましたが、この時私は、妻と別れようと思ってい
ました。それは妻の答えを聞いたからでは有りません。その前から考えていた事でした。

 

戦い 第63回

5月30日(日)の2

2日間休んだので、早く戻って月曜からの仕事の準備をすると言って、早い昼食にしてもらい、
赴任先へ戻る準備を始めると、妻も大きなバッグを出してきて、暗い表情で自分の衣類を詰め出
しました。
「美鈴、何をしている?」
「あなたと一緒に・・・・・・・・・。」
「そんなに休んでも大丈夫なのか?」
「えっ、仕事を続けてもいいのですか?」
「ああ。今の仕事が好きなんだろ?」
「ありがとう。ありがとう。続けさせて下さい。」
目には涙が溜まっているのですが、表情は少し明るくなりました。
「でも、流石に明日1日ぐらいは休みたいのですが、電話をしてみないと分かりません。」
「そうだな。1日ゆっくりしろ。野田がお前を探してくれている時、会社関係らしい人に、親戚
で不幸が出来たと嘘を言ってくれていたから、そう言えば休み易いだろ?」
「そうします。ありがとう。」
そして玄関を出る時に。
「来週はまた俺が帰ってくるから、来なくてもいいぞ。それと、野田と2人で会ってもいいぞ。
話も有るだろ?」
「いいえ、もう課長とは・・・・・・・・・。」
「自棄に成って言っているのでは無い。もう野田は日本にいなくなる。このままモヤモヤした気
持ちを持っていられるよりは、俺もその方がいい。そうは言っても、美鈴からは誘えないだろう
から、野田が誘って来たらの話だがな。」
「・・・・・・・・・・・・・でも・・・・・・・。」
「美鈴から誘って、勘違いされても嫌だから、野田から誘われたらの話だ。その時は会ってスッ
キリとして来い。本当に俺は構わないから。」
「ありがとう。あなた、ありがとう。」
私はその足で、野田のアパートに向かうと、野田はすぐにドアを開けて、中に入れてくれました。
「課長、昨日は連絡が遅れて悪かったな。」
「課長?」
「ああ。まだ怨みは消えないから、野田さんとは呼び難い。美鈴がそう呼んでいるから、俺もそ
うした。」
野田は何回も頷いてから。
「私を訴えないのか?」
「いいや、微妙だからな。第一美鈴が被害届けを出すかどうかも分からん。それより課長も、警
察に行かなかったのか?」
「こちらも微妙だったから・・・。私の方の非が大きいし・・・・・・。それなら慰謝料は前の
口座でいいのか?」
「どうでもいい。・・・・・・・・・・そうだな。けじめだから貰っておくか。金額は任せる。
そこから治療費を引いておいてくれ。」
私は本題に入りました。
「今日お邪魔したのは、課長と会えなくなる前に、聞きたい事が有って来た。俺にとって敵の、
課長に聞くのも変な話しだが、課長なら、俺の気持ちを分かってくれると思った。」
“俺と同じ様に、妻に不倫された。”と言う言葉は飲み込みました。
「知りたい事の想像はつく。知りたい気持ちも分かる。しかし聞けば、普通ではいられないのと
違うのか?」
「もう大丈夫だ。また怒り出して、暴力を振るう事は絶対に無い。何にでも誓う。」
「・・・・・・そうか。あの時は本当に殺されると思った。」
“今更聞いて何になる。”という気持ちも有りましたが、知っておきたい欲望に勝てませんでし
た。

 

戦い 第64回

5月30日(日)の3

野田は黙って席を立つと、コーヒーを煎れて来てくれたのですが、妻の煎れてくれたコーヒーを
飲んだ後の私には、正直あまり美味しく有りません。
「何から話せばいい?何でも聞いてくれ。」
「ああ。知ったところで、どうにも成らない事は分かっているのに、どうして知りたいのだろう
な?正直に言うと、もう関係を持たれるのは何より嫌な筈なのに、課長と美鈴の行為をこの目で
見てみたかった。しかし、私がいては本当の姿は見られないと思い、思い直した。男らしく過去
の事として忘れれば楽になるのに、それが俺には出来ない。女々しいと思うだろ?」
「ああ、確かに女々しい。しかし私もそうだった。2人の会話は勿論の事、その時の反応、ちょ
っとした指の動きまで、全て知りたかった。別れた今でも知りたい気持ちは有る。気になると言
う事は、美鈴さんを愛している証拠では無いのか?」
野田の“今でも知りたい”と言う言葉の中に、別れた奥さんへの、未だに断ち切れない思いを感
じました。
「最初、美鈴とそうなった切欠から話してくれるか?」
そう言うと野田は、ぽつりぽつりと話し出し。
「私は妻の浮気を知り、目の前が真っ暗になった。晴天の霹靂とは正にこの事だった。妻を責め、
相手を罵り、いくら2人が謝っても心は晴れない。誰かに聞いて欲しいと思っても誰にも話せず、
おかしく成ってしまいそうだった時、目の前にいたのが美鈴さんだった。
以前から、可愛くて真面目で素敵な人だと思っていて、気になる存在では有ったが、それ以上の
感情は無かった。しかし、妻との事から一時でも逃げ出したい私は、いつしか美鈴さんを目で追
い、色々空想する様になっていた。そう思って見ていると、美鈴さんの仕草は可愛く、次第に“も
しも美鈴さんが私の妻だったら”とまで思い描く様になってしまい、1度でいいから2人だけで
お茶でも飲みたいと思っても、気の小さな私は、どの様に声を掛ければ良いのかも、分からなか
った。」
「気が小さい?」
「こんな大それた事をしておいてと思うだろうが、私は気が小さくて臆病な人間だ。会社で威張
っていたのも、その事を知られたく無いからなんだ。小さなミスでも、舐められない様に厳しく
叱った。しかし怨まれるのは怖いから、仕事以外では優しく接した。それがいつの間にか、普段
は優しいが仕事には厳しいと、部下から慕われる様に成っていた。」
「美鈴も、女子社員から人気が有ると言っていた。」
「妻の方が積極的に不倫していたと知り、誰かに私の胸の内を、知ってもらいたいと思った時、
もう美鈴さんしか考えられなかった。優しい美鈴さんなら癒してもらえると思ったし、ただお茶
に誘うのと違い、相談なら誘い易かった。
何回か話を聞いてもらい、今まで妻にも見せた事の無い、弱い私を見られてしまい“しまった”
と思ったが、美鈴さんの反応は逆で、より私に優しく接してくれる様に成った。ある時酒に誘っ
たが、その時点で下心が有った訳ではない。いや、多少有ったが、そこまでの勇気が無く、考え
ない様にしていたと言った方が、正しいかもしれない。
しかし、酒に弱い美鈴さんは、少し呑んだだけで顔がほんのりピンクになり、その顔を見ていて
凄い色気を感じてしまい、妻と遠ざかっていた私は人肌が恋しく、酒の力も借りて思い切って誘
ってみると、良い返事は無かったが、強く拒む事もなかった。
その後ホテルで見た美鈴さんの裸は、妻しか知らない私にとって、凄く眩しく綺麗だった。」
「えっ、妻しか知らない?」
「ああ。恥ずかしい話だが、私は美鈴さんを知るまで妻しか知らなかった。一生それでいいと思
っていた。」
「いや、馬鹿にしているのでは無い、以外だっただけだ。」
妻を手玉に取っていた様に思っていましたが、野田も妻に溺れていたのだと思いました。

 

戦い 第65回

5月30日(日)の4

野田は余程感激が大きかったのか、興奮気味に話し出しました。
「セックスに興味が無かった訳ではないので、知識だけは豊富だったが、妻との経験しか無く、
実践には乏しいので、はたして私のやり方で、美鈴さんを喜こばせる事が出来るのか、凄く心配
だったが、美鈴さんは何回も何回も達してくれて、これが普段会社で見ている、あの清楚な美鈴
さんかと、疑いたくなる程の乱れようだった。私は美鈴さんを、喜ばせる事が出来た事で、有頂
天になった。会社で美鈴さんの姿を見ているだけで、あの嫌らしい腰の動きや、妻の低い声とは
違う、可愛い喘ぎ声、達する時の表情までも思い出し、デスクの下で、あそこを硬くしていた。
美鈴さんと目が合うと、恥ずかしそうに下を向く仕草がまた可愛く、私は美鈴さんの虜に成って
いった。」
「美鈴は最初からすんなりと受け入れたのか?」
「いや、ホテルの部屋に入ると、正気に戻った様に“やはり私は主人を裏切れない”と言って帰
ろうとしたので、抱き締めてやや強引に・・・・・すまん。」
「次に関係を持った時は、すぐに付いて行ったのか?」
「美鈴さんは凄く罪悪感を持っていた。もう二度と裏切れないと言われたので“美鈴さんだけが
生きる糧で、美鈴さんと付き合えないなら、死んでしまいたい。”と言って、優しさを利用して
しまったが、美鈴さんを手放したくなかった。1度結ばれただけなのに、愛してしまっていた。
嘘をついてでも、脅してでも、もう離したく無いと思った。」
「別れた奥さん、美代子さんの事は、もう愛していなかったのか?」
「・・・・・・・・いや、愛していた。怒られそうだが、2人とも愛していた。」
私にはこの感覚が分かりませんでした。昨年不倫していた時の妻もそうだったのですが、気にな
るとか、素敵だと思うとか、あの人を抱いてみたいまでは分かっても、2人の人間を同時に、同
じ様に愛せるという感覚が、私には理解出来ません。
「細かい事を聞くが、この頃はちゃんと付けていたのか?」
「美鈴さんを愛していて、大事に扱っていたから必ず付けていた。」
「その後、中に出した事も有ったのだろ?大事に扱っていたのなら、どうしてそんな事をした。」
「そうだな。嘘はいかんな。本当は大事に扱っていたからでは無い。最初の頃、私の興奮も凄く、
美鈴さんが達するまで我慢出来る自身が無かった。早く出してしまって、美鈴さんに馬鹿にされ
ないか心配で、少しでも感覚を鈍らせる為に付けていた。それに妊娠でもして、ご主人にばれる
のが怖かった。そうかと言って、出る直前に外へ出す自信も無かった。」
「それでも中に出す様になった。そうだろ?」
「すまん、安全な時だけだ。何回か関係を持った頃、私はどうしても付けずにしてみたくなった。
最初の内は、付けずに入れても少しの間だけで、危なくなる前に付けていた。しかし有る時、誘
惑に勝てず、中に出してしまった。たまたま安全な時期なので良かったが、美鈴さんは泣いて抗
議して来た。しかし、その時の征服感、優越感は言い様が無いほどだったので、逆に安全な時は
教えて欲しいと頼んだが拒否され、それで私は、“私は子供が出来ても構わない。美鈴との子供
が欲しいくらいだ。”と腹にも無い事を言って脅した。ご主人にばれるのが怖かったくせに。た
だでも、美鈴さんがご主人に打ち明けてしまわないか、毎日ビクビクしていたのに。」
どうしてこんなにも、中に出された事に拘るのか、自分でも分かりませんでした。この事に付い
て、もっと事細かに聞きたかったのですが、やはり耐えられず、他に聞きたい事も有ったので、
次の質問に移ろうと思ったのですが、私は険しい顔になっていたらしく、私の顔を見た野田は、
黙り込んでしまいました。
私の顔が険しくなったのは仕方が無い事です。ここに来た時から、出来る限り友好的に接してい
ますが、野田への怒りが、全く無くなっていた訳では有りません。妻と私との問題だと思う様に
なっていて、確かに以前ほどの怒りは有りませんでしたが、それでも私の生活を壊した、責任の
半分は有る男です。妻を真剣に探してくれたぐらいで、そう簡単に許せるものでは有りません。
しかし私には、妻の事を聞き出したいのと、もう1つ目的があったので、出切る限り、険しい顔
にならない様にしていたつもりなのですが、野田の話を聞いていて、妻と野田の様子が頭に浮か
び、悔しさから、自然と怖い顔になっていた様です。

 

戦い 第66回

5月30日(日)の5

野田の表情が少し変わったので、飲みたくは無かったのですが、もう1杯コーヒーが欲しいと言
うと、野田は急いでキッチンへ行き、コーヒーを煎れて来てくれました。
「怖い顔をしていたか?つい今迄の怒りを思い出してしまった。でも今は、もう美鈴との問題だ
と思っているから安心してくれ。これを飲んで少し落着く事にするよ。」
野田はあの時の恐怖を思い出していたのか、怯えた様な表情になっていましたが、私の言葉を聞
き、ほっとした表情になり。
「もう止めておこうか?」
「いや、もっと知りたい事が有る。途中で俺が怒った様な顔になっても、何もしないから話を続
けてくれ。頼む。」
野田は頷きました。
「最初の内は、普通に関係を持っていた様だが、いつから縛ったりとか・・・・・・・つまり、
SMのような事をした?」
「最初の内は、美鈴さんと関係を持てるだけで充分だった。嫌な事を忘れられる唯一の時間だっ
た。しかし、回を重ねる内に、それだけでは満足出来なくなり、勝手な考えだと分かっていても、
私は美鈴さんとしかしていないのに、ご主人とも関係を持たれる事に嫉妬心を覚える様になった。
独占したくなった。美鈴さんに、ご主人の事を好きでも構わないから、身体の関係だけは持たな
いで欲しいと頼んだが、当然拒否され、色々考えた末に・・・・・。」
「俺に知られるのが怖かったのだろ?美鈴が俺を拒否し続けたら、当然ばれるとは思わなかった
のか?」
「私に美代子以外にも好きな人が出来たせいか、美代子との関係は益々悪くなっていた。私は自
棄になっていて、その頃には、ばれても殺される事は無いだろうと思っていたので・・・・・・・。」
「それとSMの様な行為と何の関係が有る?それは課長の性癖だろ?」
「勿論それも有る。若い頃からずっと願望は有って、その様な雑誌や小説をよく読んでいて詳し
かったが、実際には、変態だと思われないか心配で美代子には出来ず、そうかと言って、他に女
を作る勇気も無かった。美鈴さんにも嫌われないか心配だったが、私にはご主人と引き離す為だ
という、大義名分が有った。」
私には、それでどうやって、私と妻を引き離す事が出きると考えたのか、理解出来ませんでした
が、野田がまた、ぽつりぽつりと話し出し。
「美鈴さんを見ていて、その様な行為と美鈴さんは結び付かず、絶対にした事が無いと思ってい
た。もしそうなら、その様な事をすれば、それで感じる事が出来れば、真面目な美鈴さんは“私
はこんな事をしてしまった。こんな女になってしまった。私は普通の女では無くなった。”と思
い、ご主人に顔向けが出来ず、ご主人と関係を持つことをためらうと考えた。実際私の考え通り
に行くかどうかは分からなかったが、どちらにしろ、私がその様な行為をする、自分に対しての
言い訳にはなった。私が何も言わなくても、実際ご主人との行為を避け出したので、その事が原
因かどうかは分からなかったが、上手く行ったと思った。」
本当にそこまで考えていたのか、ただ自分の欲望を満たす為にしていたのかは分かりませんが、
他人事の様に、感心しながら聞いていました。しかし野田の言葉が途切れた時、本来聞きたかっ
た事を思い出し。
「最初、どのような事をした?美鈴はどうだった?」
「美鈴さんが前戯だけでイッてしまい、まだ余韻に浸っていて朦朧としている時、持って来てい
たロープで、両手首を縛ると、気が付いた美鈴さんは可也嫌がり抵抗したが、そのロープの端を
ベッドの上に縛った。それでも私を罵りながら、足をばたつかせて抵抗していたので“何もしな
い、暴れると足も縛るぞ、それに、手首に痕が残って旦那にばれるぞ”と脅すと大人しくなった
が、私がバイブとローターを出してきたのを見て、また暴れ出した。それを見て私は逆に興奮し
てしまい“両手首に痕が残れば、普通の男は何をしていたのか分かる。旦那だけでは無くて、会
社のみんなにも分かってしまうぞ”と脅すと、それからは抵抗しなくなった。
それで私はローターを当てると、言葉とは裏腹に感じ出したが、次にバイブを使おうとすると“怖
い。止めて、怖い”と少女の様に怯え、それがまた、かえって私を興奮させた。
しかしこれも、嫌がっていたのは最初だけで“美鈴はこんな物でイクのか?”とか言葉で辱めな
がら使っていると、美鈴さんは腰を上下させながら、何回も達してくれた。
その後ロープを解いて自由にし、私がコンドームを着け終わると同時に私を押し倒して、始めて
自分から私に跨って腰を振り出した。しかし腰の動きはぎこちなく、思った快感を得られない様
だったので、私も下から助けてやると、我を忘れたかのように両手で自分の髪の毛を掻き毟り、
口からは涎を垂らしていた。
あの可愛い顔からは想像がつかない、下品に涎を垂らしている美鈴さんを見て、もっと色々な事
を試したくなった。」
野田の話を聞いていて、以前の怒りを思い出して拳に力が入りますが、ぐっと我慢しました。

 

戦い 第67回

5月30日(日)の6

野田の話によると、ハードな行為までは望まなかったそうですが、妻に恥ずかしい格好をさせ、
恥ずかしい言葉を言わせたりして、普段会社で見ている清楚な感じの妻との、ギャップに興奮し
ていたようです。
そう言えば、私も初めて美代子さんに会った時がそうでした。野田は当然妻である美代子さんに
も、その様な行為をしていたと思っていたので、お淑やかそうに見えた美代子さんが、縛られた
り他人には言えない様な事をされていると思うと、性的に凄い魅力を感じました。美代子さんの
崩れ様を見てみたいと思った覚えが有ります。
「旅行に行き、仲居さんに見せたのは?」
「旅行に行ったのは、美鈴さんが私から離れて行きそうな気がしたからで、美鈴さんを愛してい
た私は、美鈴さんがご主人の元に戻ってしまう事が一番怖かった。美代子も愛していたが、どち
らを取るかと聞かれれば、子供の事や今迄の生活を考え無ければ、間違いなく美鈴さんを取って
いたと思う。
しかし美鈴さんは、私の事を好きだと言ってくれていても、どちらを選ぶかと聞けば、ご主人の
方を選ぶ事は分かっていたので、旅行に行き、現実から気持ちを引き離そうと思った。私とは離
れられないと思わせたかった。
美鈴さんはずっと罪悪感を持っていて、何回会っても1つ返事で受け入れてくれる事は無かっ
た。旅行に行こうと誘った時は尚更だったが、いざ旅行に行ってみると旅館に入る時以外、自分
から腕を組んで来たりして、今迄に無く積極的だった。部屋に入ってからも、今までの様に、拒
むような素振りは微塵も見せなかった。
最初は、旅行に来て開放的に成っているのだと思ったが、次第に、美鈴さんはこの旅行で、私と
の関係を最後にする積もりでは無いのかと思えて来た。仲居さんに見せたのも、普通では有り得
ないような事をしたかった。
帰りの車の中で“美鈴は凄いな。他人に見られながらイケる女はそうはいない。普通の生活に戻
れるのか?あんな事をした女が、何も知らない、あの真面目な旦那の顔を見ながら、何食わぬ顔
で生活していけるのか?出来るとしたら美鈴は、とんでもない悪女だな。”と自分の事は棚に上
げて言い続けた。何とか引き離そうと必死だった。」
「美鈴は何と答えた?」
「・・・・・・・・・・いや、ただ声を上げて泣いていた。」
他にも、もっと詳しく聞きたい事は有ったのですが、聞く気力が無くなっていき、野田から聞け
るチャンスは、もう無いと思いながらも、今迄の事を聞き出すのを止めました。
「本当に外国へ行くのか?」
「ああ。ご主人を前にして言い難いが、ここまで話したついでに聞いてくれ。私は本当に美鈴さ
んと行きたかった。もし断られれば、会社を辞めて日本に残ろうかとさえ思っていた。ところが、
あの便箋を見せられ、美鈴さんはご主人と別れる事は出来ないとよく分かった。正直ショックだ
ったが、探し回っている内に、もしもまだ死んでいなくて、私と一緒に行った喫茶店とか私との
思い出の場所にいたら、まだ望みは有ると思い直して、余計必死に探し回った。しかし、結局見
付けたのは私では無くご主人の方だ。多分思い出の場所にいたのだろ?・・・・・・・・私は外
国に行くよ。」
「俺の推測だが、転勤の話があった時、美代子さんと行こうと思ったのでは無いのか?」
「・・・・・・・お見通しか。私は卑怯な人間だ。その通りあいつと行こうと思った。しかし再
婚すると知り、犯罪者に成ってでも2人の仲を壊してやろうと思ったが、その時頭に浮かんだの
が美鈴さんの顔だった。ずるい考えだが、私にはまだ美鈴さんがいると思ってしまった。」
私は良いタイミングだと思い、ここへ来たもう1つの目的を話しました。
「課長は明日会社に行くのか?」
「いや、思ったより早く腫れはひいたが、唇がまだこの色だ。準備が有ると言って、2日ぐらい
休もうと思う。引継ぎぐらいで大した仕事も無いし、会社にそのぐらいの無理は言ってもいいだ
ろう?」
「明日は美鈴も休むと言っていた。俺はこの足で赴任先に戻る。会って、スッキリとした気持ち
で日本を離れたらどうだ?」
「いいのか?2人で会ってもいいのか?会ってしまって、また・・・・・・・・・・・・・・・・。」
野田は言葉を濁しましたが、何を言いたいのか分かりました。
私がドアの外に出ると野田も付いて出て来たので、美代子さんがいつ籍を入れるのか聞くと、相
手の母親が引き伸ばしていて、早くても秋だと、子供から聞いた事を話しました。
「美代子さんには転勤の話はしたのか?話せば何らかの・・・・・・・・・・。」
「いや、子供達の事も有るから、行ってから連絡はしようと思っていた。美代子と会っては話さ
ない積もりだが、子供達には話してから行く事にするよ。」
この事を話したのは、野田に対する優しさでは有りません。妻と野田が会う段取りをとりながら、
気付かない内に、妻だけに目が行く事をさせない様にしていました。

戦い 第68回

5月31日(月)の1

昨日は、赴任先のアパートに着く直前に妻から携帯に電話が有り、アパートに電話したが、もう
着いているはずの私が出なかったので、とても心配したと言う内容でした。
明日まで待てずに昨夜会う約束をして、様子を伺いに電話して来たともとれ、裸で抱き合う野田
と妻の姿が浮かび、中々寝付かれませんでした。
今朝も重い気持ちで、だるい身体を引き摺るように出社しましたが、流石に仕事が始まると忙し
く、私にその様な事を考える暇を与えてくれませんでしたが、昼休みに成ると、やはり気になっ
て食欲も有りませんでした。
コンビニで買ったパンを、牛乳で胃に流し込んでいると、妻から電話が掛かり。
「先程課長から電話が有って、今夜食事をしながら話がしたいので、会って貰えないかと言われ
ました。本当に会ってもいいのですか?」
私は“思い止まれ。会うにしても夜はやめろ。”と言いたいのを抑えました。
「ああ。会ってスッキリして来い。」
「会っても話をするだけですから。食事をしながら話をするだけですから。」
「ああ、分かっている。ご馳走してもらえ。」
「ありがとう。それなら6時にレストランで会わせてもらいます。あなたをもう二度と裏切りま
せんから。あなたや子供達を裏切る様な事は絶対にしませんから。ありがとう。」
話しをするだけだと何回も言われると、逆にその事を意識していると思へて、かえって心配にな
ります。
アパートに戻ると9時でした。あれから何も妻からの連絡は無く、私からは電話しない積もりで
したが、10時になっても連絡が無かったので、家に電話をしてしまいました。しかし妻は出ま
せん。やはり妻が野田と会っている事が分かり、1つ目の望みを無くし、落胆しました。
私は男らしく無く、決断力の無い人間です。妻と別れる事を決めてからも、まだ妻を愛している
と気付き、迷っていていました。そうかと言って、自分に対するちっぽけなプライドから、この
まま許す事も出来ず、妻と野田を会わせる様に仕向け、その結果で決めようと思ったのです。
まず、妻が思い止まって野田の誘いを断った時は、無条件で許す様に努力しようと思いました。
次に、妻が野田と会って話だけで済み、きっぱりと気持ちにけりを付けて来た時ですが、何も会
わなくても別れる事は出来るだろうと思っていましたので、離婚届は出しませんが、夫婦の関係
は解消して、フリーになろうと思いました。
次は、気持ちにけりを付けても、最後の関係を持った時です。この時は正式に離婚する積もりで
す。ただ離婚するのではなく、妻に離婚届にサインさせ、妻を奴隷の様に虐め貫いて、私の気が
少しでも収まった時に提出し様と思います。
最後は、また関係を持ち、気持ちの整理も出来なかった時ですが、野田は外国に行っても、行き
っぱなしでは無く、連休を利用して返ってくる事も有ると思いますので、妻とは離婚せず、一生
手元に置いて罵り、自由を奪ってやろうと思いました。
やはり私には、どうなろうとも妻を自由にしてやるだけの度量は有りません。
最初の、誘われても会わないと言うのは無くなった様ですが、携帯には電話せず、妻からの連絡
を待ちました。しかし10時30分を過ぎても電話は掛かって来ません。私の頭の中は、妻と野
田がセックスでしている光景で、一杯に成っていました。
書置きをして出て行った、前夜の妻を思い出し、今頃これが最後だと思い、激しいセックスをし
ているのかも知れません。日本に帰った時は必ず会おうと約束をしながら、激しくキスをしなが
ら、交わっているのかも知れません。
私の中でどんどんと、嫌な妄想が膨らんでいきます。野田が自分の物を妻の中に入れ、動かずに
妻の髪を撫ぜながら、話している2人の声が聞こえます。
「美鈴、私と縁を切れるか?」
「私には無理です。」
「向こうへ行って、生活する為の準備が出来次第呼ぶから、その時はすぐに来い。」
「はい。必ず連絡してね。・・・・・課長、それよりも動いて下さい。」
「課長と言わず、昔の様に呼んでくれ。」
「はい・・・・。あなた、早く動いて。」
その時急に電話が鳴り、そんな妄想をしていた私は驚き、心臓が止まりそうでした。

戦い 第69回

5月31日(日)の2

妻からの電話だと分かっていても、腹立たしくてすぐに出る気にはなれず、しばらく放って置き
ましたが鳴り止まないので、一度大きく深呼吸をしてから。
「美鈴か?今日は疲れてしまって、服も代えずに少しベッドに横になったら、眠ってしまった。」
「起こしてしまって、ごめんなさい。」
「もうこんな時間か。随分と長くレストランにいたのだな?店の人に嫌な顔をされなかった
か?」
「遅くまで、ごめんなさい。レストランでは落ち着いて話が出来なかったので、その後喫茶店に
行ったのですが、そこも人が多く、すぐ隣にも人がいて話せませんでした。課長は呑むつもりで
車は置いて来ていたので、私の車の中で話をしていました。でも本当に話だけで、課長を送って
行った時も、アパートの中には入りませんでした。本当です。」
私は“ホテルにでも行って、抱き合いながら話していたのでは無いのか?仮に車にいたのが本当
でも、車の中で何もしなかったのか?”と言いたいのを我慢して。
「そうか。それで、気持ちの整理は出来たか?」
「はい。今迄ごめんなさい。これで私も、身も心もあなただけを見ていく事が出来ます。本当に
ありがとう。こんな事をしてしまい、汚れた身体は元に戻らないし、あなたを裏切り続けた事は
消せませんが、私の気持ちは、昔の私に戻れると思いました。あなたが許してくれれば、これか
ら一生懸命に償い、あなただけを見て生きて行きたいと思いました。」
この言葉は以前にも聞いた事が有り、素直に喜べない私がいます。もし本当に踏ん切りを付ける
事が出来たとしても、今夜2人の間にどんな会話が有って、そう思える様になったのか気掛かり
でした。もしかしたら、これで最後だと思い、激しく抱かれた後なので、今はスッキリとしてい
るだけかも知れません。
「良かったな。それじゃあ。」
「えっ、それだけですか?」
「ああ。それとも他に、俺に話さなければ成らない様な事が有るのか?」
「・・・・・・・いいえ。今日はありがとう。」
聞きたい事が山ほど有るのに、素っ気無く電話を切ってしまいました。野田と会った事や、帰り
が遅すぎる事への怒りがそうさせたと思いましたが、2人の間に何が有ったのか、聞くのが怖か
ったのかも知れません。2人にまた関係を持たれる事がそんなに怖いのなら、最初から、2人を
会わさなければ良かったのです。自分の馬鹿さ加減に呆れてしまいます。

6月5日(土)の1

妻が野田の誘いに乗り、会ってしまった事が分かり、後は身体の関係を持ったかどうかですが、
気の小さい私は、悪い方へしか考えられなくなっていました。
火曜日から昨日まで、妻は毎日必ず電話をくれましたが“今迄会っていたのではないだろうか?”
とか“電話をしておいて、今から会うのでは?”とか思い、週末が近付くに連れ“野田が毎日家
に来ていて、野田の隣で、裸で電話をしているかも?”とさえ思う様になっていて、自分で仕組
んでおきながら、妻を信用出来なくなっていきました。
待ちきれない私は朝早くに赴任先を出て、昼前には我が家に着きましたが、妻の顔を見ると何故
か聞けません。また、何か疚しい事が有れば、聞いても本当の事は言えないでしょう。
最近はあまり肉を食べなくなっていたので、買い置きは無いと思い。
「焼肉が食べたくなった。外に出るのは億劫だから、家で焼こう。悪いが買ってきてくれない
か?少しでいいぞ。」
「昼から焼肉なんて、珍しいですね。」
そう言いながらも、仕掛けていた昼食の準備を止めて、エプロンを外すと車で出て行きました。
妻がいなくなると、寝室、お風呂、居間からキッチンまで、何か痕跡が無いか探しましたが、何
も変わった事は有りません。もう一度寝室に戻り、妻の下着が入っている引き出しを開けて隅々
まで探し、パンティーを手に取った時、背後に人の気配を感じて振り向くと、スーパーの袋を手
に持った妻が、目に涙を溜めて立っていました。

 

戦い 第70回

6月5日(土)の2

私は何か痕跡が無いか探すのに一生懸命で、妻が帰って来た事に気付かず、不意を突かれた格好
になってしまい、凄く悪い事をしている気持ちになり、妻に掛ける言葉が見つかりません。
妻は涙を一筋流すと、何も言わずにキッチンへ行ったので、私はベッドに座り、まだ手に握られ
ていた白いパンティーをぼんやりと眺めながら、妻を問い詰めることよりも、何故か、今私がし
ていた事の言い訳を考えていました。
暫らくすると妻が寝室の入り口まで来て。
「あなた、遅くなってごめんなさい。仕度が出来ましたから、召し上がって下さい。」
キッチンへ行くとホットプレートの上に、少しの野菜と肉が乗っていて、ご飯やお箸、タレの入
ったお皿は1人分しか有りません。妻は食べないのか聞こうとした時、妻は寝室へ行ってしまい
ました。
本当に焼肉が食べたかった訳では無く、キャベツを1切れ摘み、気になって寝室の前まで行くと、
妻のすすり泣きが聞こえます。
自分を信じてもらえなかった事が悲しいのか、私のそんな姿が哀れに思えたのか、又は他に理由
が有るのか分からず、キッチンへ戻って考えていると、その時電話が鳴り、それは野田からでし
た。
「ご主人が帰って来ていると思い、電話させてもらいました。今夜7時頃にお邪魔させてもらえ
ないでしょうか?話しておきたい事が有ります。お願いします。」
「ああ。俺は構わない。」
「ありがとう。では7時に。」
電話を切ってから嫌な予感がし、悪い方へしか考えが行かず。
「美鈴さんを私に譲って下さい。」
「あなた、お願いですから、私と離婚して下さい。」
2人が私の前に正座して、そう言いながら頭を下げている光景が浮かびます。
勝手にその様な事を想像して、怒りよりも無性に寂しくなり、泣けて来そうになります。今から
問い詰めなければ成らない事が沢山有るのに、可也弱気になっていましたが、そんな素振りは妻
には見せず。
「おい、今夜野田が来るそうだ。何を言いに来るんだ?」
妻は何回も首を横に振っています。
「野田が来る前に、何か俺に言っておく事は無いのか?」
やはり妻は何回も首を横に振りました。
無言で首を振る妻を見ていると、婚約したての時を思い出します。2人で家具を見に行こうと待
ち合わせをした時、待ち合わせ場所に行くと、妻は見知らぬ男と2人でいました。少し離れた所
に車を止めて暫らく様子を見ていると、妻は私に気付かずに凄く楽しそうにしていたので、嫉妬
深い私は腹が立ち、男が去るとすぐに妻を乗せ、矢継ぎ早に質問の嵐です。
その男と妻が、疚しい関係で無い事は分かっていても、疑っている様な言葉が口を突き、その時
の妻は今と同じで、無言で何回も首を横に振っていました。結局、学生時代の同級生に偶然会い、
もうすぐ結婚する事を楽しそうに話していたと分かったのですが、私はそれからも時々嫌味を言
い、悲しそうな顔をする妻に申し訳ないと思いながらも、妻に対して貸しを作った様な、下らな
い優越感を感じた事を思い出しました。
今思えばその頃から、自分に自信の無い、小さな男だったのです。
妻を疑っていても無性に愛しくなり、力一杯抱き締めたく成りましたが、素直にそれが出来ませ
ん。妻を抱き締めて、一緒に泣きたく成りましたが、それが出来ません。
妻をまだ愛していると再確認しましたが、これは、まだ昔の妻を追いかけていて、昔の妻を愛し
ているだけなのでしょうか?
惚れたが負けで、今の自分の気持ちをぶつければいいのに、それが出来ないのです。
これも私のちっぽけなプライドなのでしょうか?

 

固定ページ:
1 2 3 4 5 6

7

8
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 戦い
  • ■出典など

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 倒錯の夏

    倒錯の夏 第1章 一日目・8月6日 プロローグ …
  2. 美奈子

    美奈子 ―"MINAKO" a wife of boys' toy. ― …
  3. 蒼きハイエナたちの時代 I

    ―― 蒼きハイエナたちの時代 1~6 ――「優しそうだし、何でも許してくれそうじゃん」「崩れたっ…

人気記事をチェック!

  1. 嫁の麗子とは結婚してまだ2年だ。お互いに32歳で、職場結婚だ。大手ハウスメーカーに勤務していて、…
  2. 夏の午後、暑さに耐えかねた須藤和仁は市営プールへやってきた。一応、市営と 銘打ってあるが、実際の…
  3. 栃木県の那須塩原の近くに父の会社の社長が保有する別荘があった。 子供の頃、毎年、夏休みになると、そ…
  4. *サイト閉鎖されておられました作者様がDL販売を開始されましたので作品の補完および公開を自粛させて頂…
  5. 関連 ⇒ 【無料NTRゲーム】【To LOVEる】 リトのアンラッキースケベ 古手川唯編 【女性キャ…

ピックアップ記事

  1. 2017-11-22

    倒錯の夏

    倒錯の夏 第1章 一日目・8月6日 プロローグ …
  2. 2017-11-22

    美奈子

    美奈子 ―"MINAKO" a wife of boys' toy. ― …
  3. 2015-7-27

    蒼きハイエナたちの時代 I

    ―― 蒼きハイエナたちの時代 1~6 ――「優しそうだし、何でも許してくれそうじゃん」「崩れたっ…
ページ上部へ戻る