固定ページ:
1 2 3 4

5

6 7 8

戦い

戦い 第41回

5月10日(月)の2

今日の午後、妻と2人で赴任先へ戻るつもりが、半日空いてしまい、1人でいても仕方が無いの
で、今から戻ろうと駅に向かいましたが、色んな事を考えながら歩いていて、急に野田の別れた
奥さんの事を思い出し、駅に着くと電車ではなく、タクシーに乗り込みました。
すぐに玄関を開けてくれた美代子さんは、白いTシャツにオレンジのミニスカートという、歳に
似つかわしくない格好でしたが、スタイルも良く、違和感は有りません。
「ご無沙汰しております。急にすみません。」
「それは良いのですが、今は私1人なので、ご近所の目も有り・・・・・・・・・。」
昨年訪問した時、私を誘っている様な素振りを見せていたので、もう一度行ってまた同じ対応な
ら、その時は抱いてみたいと思った事が何度も有りました。しかし、妻との関係が前向きになり、
私と妻と野田との関係をこじらせたく無かった私に、また来る勇気は有りませんでした。
何となく野田の事を聞きたくて来たと思っていましたが、美代子さんの言葉を聞いて、がっかり
した自分に、下心が有った事を知り。
「すみません。何の配慮も無くて。大した話では無いので失礼します。」
恥ずかしくなり、逃げ帰ろうと思った私に。
「家には上がって頂けませんが、この先にファミリーレストランが有ります。私もこの機会に聞
いて頂きたい事が有りますから、そこで待っていて貰えないですか?」
ファミリーレストランへ行くと、食事の時間から外れているせいか、客は数組しかいなかったの
で、1番離れた席に座ると、少しして美代子さんが来ました。
「お待たせしました。お話って何ですか?」
「いいえ、美代子さんからどうぞ。」
「そうですか。実は・・・・・・・私・・・再婚する事になったのです。」
相手は野田だと思い、その様な時に、妻と関係を持った事に怒りは増しましたが、感情を隠し。
「おめでとうございます。元の鞘に納まった訳だ。」
「元の鞘と言うか、何と言うか。ただ手放しでは喜べませんでした。余りに歳が違うので、お母
様に大反対され、やっと許してはくれたのですが、一緒には暮らしたく無いと言われ、私の家で
暮らす事になりました。でも反対されて当然ですね。私は四十過ぎの子持ち。彼は若くて初婚。」
「えっ。相手は野田さんでは無いのですか?もしかして先生?」
「あら嫌だ。私言いませんでしたね。どおりで元の鞘なんて、皮肉な言い方をされると思ってい
ました。そうです。」
美代子さんが、若い格好をしている訳が分かりました。
「でもあの時は、まだ野田さんの事を・・・・・・。」
「はい。彼には悪いのですが、野田に未練が無いと言えば嘘になります。でも決めました。お正
月に神社で偶然会い、これも神様が引き合わせてくれたのかも知れないと言って、あれからも私
だけを想い、誰とも付き合わずにいた事を打ち明けてくれました。それからお付き合いする様
になり、私も決めました。このまま生活していても何も変わらない。私だけを見ていてくれた、
彼の一途な愛に応え様と。」
「この事を野田さんは知っているのですか?」
「はい。4月の初めに彼とここで食事をしていたら、私の所に来るつもりだった野田が、偶然こ
こに来たらしいのです。彼の話が面白くて、夢中になって聞いていた私達は、野田に全く気付き
ませんでした。その夜電話が有り、どういうつもりだと凄い剣幕で怒っていたので、正直に話し
て謝りました。しかし野田は怒ってばかりで私の話など聞いてくれず、つい私も、もう他人なの
だから干渉しないで、いつまでも夫面しないでと、きつく言ってしまいました。」
「私達と言う事は、2人だけでは無かったのですか?お子さん達も?」
「はい、子供達も一緒でした。それが何か?」
私は入り口を見ると、その時の野田の姿がはっきりと見えました。別れたと言っても、まだ愛し
ている美代子さんや、子供達にこれから会える。その前に食事をしようとファミリーレストラン
に入った。すると、これから会おうと思っていた美代子さんや、子供達が楽しそうに食事をして
いる。しかし、もう一度自分が座りたいと、思い焦がれていた席には他の男が座り、それもその
男は自分達の家庭を壊した憎い男。家族全てを横取りされた気がして、寂しさで立ち尽くしてい
たが、子供達までもが楽しそうに笑っていて、誰も自分の存在に気が付かない。寂しくてどうに
も成らなくなり、その場を立ち去ると今度は怒りが込み上げて来た。夜電話すると、あの憎い男
と再婚して、美代子さんや子供達との思い出が、いっぱい詰まった家で暮らすと言われた。今ま
で自分がいた空間を、出来るなら、また自分が埋めたいと思っていた空間を、憎いあの男が埋め
る。自分が築き上げた物全てをあの男に奪われる。何もかも、子供達まで。どうにかしたいが正
式に離婚している以上、法的にはどうする事も出来ない。
私には野田の怒り、寂しさが、手に取るように分かりました。

 

戦い 第42回

5月10日(月)の3

一瞬野田に同情してしまいましたが、同情出来る相手では有りません。野田は離婚した奥さんと
私の妻の2人共を、自分の物にしようとしていた男です。私の妻を、今でも狙っている男です。
同情などしていると、今度は私の席を野田に盗られてしまいます。
「野田は最後に“教育委員会へ行って今までの事を全て話してやる。あんな奴が教育者で良いの
かと抗議してやる。お前達だけ幸せにはさせない。”そう言って電話を切ってしまいました。
ただの脅しだと思っていましたが、本当に抗議しに行ったらしく、後日彼は、教育委員会に呼ば
れました。しかし、生徒の親と不倫関係になった事は遺憾だが、過去の事で、すでに法的責任も
取っている。ましてや今回の結婚は、お互いに独身なので、何の問題も発生しないという判断を
してくれた様です。野田もそう言われているはずで、もう諦めがついたのか、その後、今まで何
も言ってきません。」
美代子さんは何も分かっていないと思いました。そんな簡単に諦められる事では有りません。
「前を向いて歩いていく事に決めました。そういう訳で、言い難いのですが、もう私の所へ来る
のは、今回で最後にして頂きたいと・・・・・・・。過去は忘れて、前だけ見て生きて行きたい
ので・・・・・・・・・。」
美代子さんは勝手だと思いましたが、彼女の人生に口出しできる立場ではなく。
「分かりました。幸せになってください。」
新幹線の中で考えていて初めに思ったのが、昨年の様に妻が同情して、また関係を持ってしまっ
たのではないかという事でした。しかしこの場合、私に知られて急に怖くなって保身に走ったと
しても、同情している野田を、犯罪者にしてまで自分を庇うでしょうか?
やはり、自棄になっていた野田は、本来なら美代子さんに向くはずの、どうする事も出来ない感
情が目の前にいる妻に向き、また自分の物に出来れば、少しでも楽になれると思ってしまった。
その為には、多少犯罪行為になろうとも、身体の関係さえ持ってしまえば、妻の身体は野田を思
い出して、また離れられなくなると考えた。しかし、いくら犯罪行為になっても良いと思ってい
ても、ずる賢い野田は、出来れば犯罪行為が立証され難い方法は無いかと考えて実行に及んだ、
と考える方が自然では無いかと思えました。
そうだとすれば、自棄になっているはずなのに、あの冷静な話し方は、逆に今までに無い怖さが
有ります。最初に感じた、ストーカーの様な陰湿な怖さを思い出しました。
野田が少し酔っている時に言った、“離婚してくれないか”という言葉が、今では“別れさせて
奪ってやる”と言われた様に思えます。
妻に多く向けられていた疑いは、これで大きく野田に傾きました。
アパートに着いて1人になると、私の不安は大きくなり、妻を連れて来なかった事を悔やみ、家
に電話すると、妻は帰って来ていたので少し安心しました。
「野田はどうだった?何か言われたり、されたりしなかったか?」
私の心配を他所に、妻は明るい元気な声で。
「いいえ、何も。今日はずっと課長を睨み付けていました。私と目が合いそうになると、下を向
いて目を合わさないのです。今度2人になった時は、私を脅した事や、嘘をついている事を、強
く抗議してやります。罪を償えと言ってやります。」
私は不思議でした。いくら脅される事はもう無いと思っていても、野田は男で妻は女です。妻は
怖くないのか不思議でした。
「もうお前はあいつに関わるな。それに2人になる事が有るのか?あんな事が有ってもお前は2
人になれるのか?例え仕事でも、2人にだけになる様な事があるのなら会社を辞めろ。俺が嫌な
事は知っているだろ?本当に無理やりされたのか?」
「ごめんなさい。つい調子に乗って言ってしまいました。課長と2人だけには、絶対になりませ
ん。約束します。ごめんなさい。」
仕事を辞めるか辞めないかは別にして、明日にでもこちらに来させるつもりで電話しましたが、
私の事を気遣い、わざと明るく振る舞っている様には聞こえず、妻への疑いも完全には消える事
が無く、そのまま電話を切りました。
私はこの時、今までに無いぐらい、会社を辞めさせたいと思いました。昨年から今までに何度も
考えた事ですが、自分に色々理由を付けて、初めから決めていたように思います。
お金の問題も有りましたが、それは二の次で、仕事を辞めさせても、妻の心が変わらなければ同
じだとか、野田から逃げる事に私のちっぽけなプライドが許さないという理由が、1番だと思っ
ていました。勿論それらの理由も有りますが、冷静に考えると、それは自分に対する見栄で、お
金の問題が1番だったのではないかと思えて来ます。
私の育った家は、とても私を大学に行かせる事の出来る経済状態ではなかったのですが、父は1
つ返事で笑って許してくれました。しかし家に帰る度、父も母も、いつも同じ服を着ており、私
は下宿代や食費などは勿論ですが、アルバイト学費の一部も出し、月末にはバイト代が入るまで、
酒瓶を拾い集めてパンに代えてもらい、食い繋いだ事も有りました。
しかしそれは、苦労したとは思っていませんし、今では良い思い出だと思っているのですが、や
はり子供達にはさせたくないのが本心です。特に息子の入った学部は学費も高く、4年で卒業出
来ません。回りにはバイトもしないで、高級外車を乗り回している者が何人もいるそうです。上
を見れば桐が無く、とてもその様な生活はさせられませんが、学費とアパート代くらいは、出し
てやりたいと思ってしまいます。
子供達は、私が何も言わなくても、家に帰る間が無いほどバイトをしてくれ、食費などの生活費
は、自分で稼いでくれています。レベルは違っても、自分の学生時代を思い出し、これ以上は言
い難いのが正直な気持ちです。夫婦が壊れるかも知れない時に、くだらない親の見栄かも知れま
せん。
家のローンと今後の生活を考えれば、2人の退職金も当てにならず、バブルの時代に、どうして
大きな家を買ってしまったのかと悔やみます。自分の甲斐性の無さ、不甲斐無さが嫌になります。

 

戦い 第43回

5月11日(火)

出社すると、昨日休んだのが響き、仕事が山積みになっていて、アパートに戻れたのは11時で
したが、それでも仕事は片付かず、何日かはこの状態が続きそうです。
今朝は寝坊をしてしまい、昼もどうにか食事が出来る時間しか無い状態だったので、今日は1回
も妻に連絡が出来ませんでした。妻からは今帰ったと7時にメールが入って来ましたが、返事も
出せませんでした。
帰ってすぐに電話をしましたが、それは妻にでは有りません。
「もう寝ていたのか?お前はいいな。された俺はなかなか眠れない。」
「いや、まだ起きていた。そんな言い方をしないでくれよ。本当に私も反省している。」
「まあいい。少し聞きたい事が有るのだが。お前は妻の中に出していたそうだな。妊娠したらど
うするつもりだった?美鈴の身体に傷を付けるつもりか?いい加減にしろよ。もう、どちらが嘘
をついているかなんて、どうでもいい。何もかも嫌になって来た。お前だけは絶対に許さん。」
中に出していた事を聞きたい思いも、怒りも有りましたが、この様な言い方をしたのには、それ
以外にある考えが有りました。
「すまん、許してくれ。確かに最初の日と生理前の2日間は誘惑に負けてしまった。言い訳にな
るが、美鈴さんが途中で止めるのを嫌がって望んだ事だ。いや、言い訳にならんな。誘惑に負け
て、我慢出来なかった俺が悪い。生理が来てくれて良かった。その3日だけで、あとは必ず外に
出していた。本当だ。」
昨年の野田なら得意になって、もっと私が悔しがる様な言い方をしたでしょう。下手に出て謝る
ような態度が、美代子さんの話を聞いた後の私には、余計不気味に感じました。
「あとは外に?スキンを付けた事は無いのか?」
「すまん。美鈴さんに聞けば、ばれる事だから正直に話すが、いつもそのまま・・・・・。」
妻に私以外の男の物が入れられるのは、耐え難い事です。ましてや、何も付けずに入れられると
いう事は、性器と性器が直に触れ合い、悔しさも違ってきます。その上、中に出される行為は、
私が中に出した時に、征服感を感じるのと逆に、妻を征服された様でとても許せる行為では有り
ません。また、同じ中に出されたとしても、安全な時期かそうで無いかでは、大きな違いが有り
ます。たとえ妊娠しなくても、妻の中で妻と私以外の男が結び付こうとするのです。新しい命を
作ろうとするのです。それは何より許せる事では有りません。
妻の話では、最初に犯された日、妻が野田に跨る体位の時、野田はスキンを付けてその中に出し、
あとは外に出したと言っていましたが、野田に途中で付けるだけの配慮があるとは思えません。
また、快感に負けてしまっていた妻が、途中で止めるように強く言ったとは思えず、ましてや、
両方がある程度の歳だと、妊娠し難いと思っているとしたら、途中で止めないで欲しいと、頼ん
だ可能性も有ります。
私に言ったのと同じ様に“お願い、止めないで。美鈴はもうすぐなの。そのまま、そのまま中に
出して。”とお願いしたかも知れません。最初の日、中に出されたのは間違い無いと思いました。
「それ以外は、本当に中に出していないだろうな?あとは何処に出していた?」
「お尻やお腹の上にも出したが、ほとんど・・・・・口に・・・・・。」
「飲ませたのか?」
「すまん。以前に関係があった時は、飲めと言って飲ましてしまった事は有ったが、今回は違う。
何も言わなくても、口に出すと飲んでくれた。他に出した時も、自分から吸い付いてきて、残り
を飲んでくれたりもした。俺からは何も言っていない。本当だ。・・・・・・言い訳にならない
な。君にしたら大した違いは無いな。本当に悪かった。」
私は唖然としました。不倫していた時、度々野田に言われて、飲まされていた事は聞いて知って
いました。飲まされる行為は、中に出されるのとは違っていても、何故か同じくらい嫌な物です。
野田の話を信用している訳では無いのですが、自分から進んで飲んだと聞き、飲まされたのとは
比べられないほどの、怒りや寂しさを感じました。その話が本当なら、その行為には妻の野田へ
の愛しさ、野田の物への愛着を感じてしまうからです。
私が野田に電話をして、今までなら悔しくて野田に聞けないような事を聞いたのも、野田の話を
信じて、野田のペースに嵌った振りをするためなのに、危うく引き込まれてしまうところでした。
「お前は美鈴に何をした?美鈴がその様な事をしたのは、何かされたからに違いない。くそー。
あんな奴、俺から捨ててやる。いや、離婚はしない。別れないでこのまま飼い殺しにしてやる。
やはり着の身着のままで放り出した方が楽になれそうだ。違う、離婚だけはしない。」
そう言って一方的に電話を切りました。
野田が嘘をついているとすれば、それはただ犯罪行為を誤魔化したいだけでは無く、美鈴を自分
の物にする為に、私の気持ちを揺さぶり、私を追い詰める事が目的だと思い、その作戦にわざと
乗り、精神的に追い詰められている振りをしようと思ったのです。
今の言動で、もう一歩だと思ってくれれば、何らかの行動を興すはずです。

 

戦い 第44回

5月13日(木)

昨日は流石にメールではなくて、携帯とアパートに電話して来ましたが、私が出なかったので、
留守電に“どんなに遅くてもいいので、電話して来て下さい。”と入れて有りました。
子供染みた考えですが、何か私の様子が変だと思わせ、妻に心配させたくて、色々聞きたい思い
を我慢して電話に出ませんでした。ただこれは、妻がまだ私の事を心配してくれれば、の話しで
すが・・・・・・・。
今日も留守電に入っていて、口だけかも知れませんが、可也心配している様子だったので、電話
しましたが、妻が話す前に。
「美鈴、どうして嘘をつく。最初の日にも中に出されていただろ?お前の全てが信用出来なくな
った。そんな小さな事をと思っているのか?お前には哀訴が尽きた。」
「ごめんなさい。ごめんなさい。言えませんでした。無理やりされて、その上・・・・・・。自
分が惨めで、言えませんでした。」
私に圧倒されたのか、その事はすぐに認めました。
「どうして正直に言わない?まだ隠している事が有るだろ?生理前に、中に出された事は話せた
のに不自然だ。お前の嘘が分かる度に、どんどんお前を疑ってしまう。本当は、自分から進んで
抱かれに行ったのでは無いのかとさえ思えて来る。隠すな。」
妻が泣いているのが分かりました。
「それは本当です。信じて。脅されて無理やり・・・・・・。信じて。」
「お前が逆の立場なら信じられるのか?色々聞きたいが、今日はもう時間が遅い。どうしてその
事を黙っていたのか、その事だけでいいから、正直に詳しく話せ。」
妻は涙声で、ぽつりぽつりと話し出しました。
最初の日、1回目が終わった時に中に出された事を知り、私は泣いて抗議しましたが、課長は聞
き入れてくれず、その後も全て中に出さました。次の日、また脅されてアパートに行くと。
「どうだ、美鈴。私を思い出したか?私を未だに愛している事を思い出したか?」
「愛してなんかいません。思い出すも何も、私が愛しているのは主人だけです。」
「いや、違う。そう思い込んでいるだけだ。美鈴は今でも私の事を愛している。何か私が脅した
様な形になってしまったが、昨日来てくれたのは、写真を見て愛し合っていた時を思い出し、自
分の本当の気持ちに、気付いたからだと思っていた。しかし、美鈴は優しい言葉を掛けてくれな
い。以前の様に愛していると言ってくれない。それならば美鈴が早く気付く様に、2人の愛の証
を作ろうと思った。」
「酷い。愛してもいないのに。それに、もしも出来たとしても私は生みません。年齢からしても
生めないし、何より課長の子供など生みたくも有りません。」
「生むか生まないかは、どうでもいい。2人の愛の結晶が出来たかどうかが重要なのだ。」
私が帰ろうとすると、前日撮られた写真を出し。
「いいのか?私も脅すような事はしたくないが、これも美鈴の為だ。いつか自分の本当の気持ち
に気付いた時、必ず悔やむ。私の人生はこれで良かったのかと、必ず悔やむ。私は美鈴に、その
様な悔いの残る人生を送らせたくない。」
課長の話は真実では無い事ばかりでしたが、写真を見せられると、逆らう事が出来ません。
この日課長は、わざとゆっくり動きながら。
「昨日1日だけでは、出来てないかもしれない。今日からもがんばろうな。美鈴が私の子供を身
ごもれば、必ず本当の自分に気付く。今は知らず知らずの内に生活の事や、子供達の事を考えて
しまい、自分の本心を隠してしまっているが、そうなれば必ず本当の自分に気付く。」
私は何も言えずに、ただ泣いていました。
「どうした?生むにしろ生まないにしろ、年齢的に危険が伴うから怖いのか?それならどうして、
自分の本心にふたをして、素直になろうとしない?私の事を愛していると言えない?私も美鈴を
危険な目には合わせたくない。自分に正直になり、私を愛していると言ってくれれば、本当の自
分を曝け出してくれれば、この様な事はしたくない。どうだ?私を愛しているか?正直に言って
みろ。」
そう言いながら腰の動きを早くされ、出されてしまうと思った私は“本当はあなたを愛していま
す。”と言ってしまいました。それを聞き、また動きをおそくしましたが、時々早くしては“出
そうだ”と言われ、その度に私は“あなたを愛しています。”とか“本当はあなたと一緒に暮ら
したい。”とか言わされ続けました。
その後も関係を持つ度に、中に出したいと脅されながら、同じ事を言わされましたが、私はそれ
よりも妊娠していないかが心配でした。生理前に嫌々ながらも、中に出される事を承諾したのは、
課長に“安全な日は中に出させろ。そうしないと誘惑に負けて、いつ出してしまうかも分からん”
と言われたからです。
生理が来た時は、凄く嬉しかった。今の私の境遇を忘れるほど嬉しかったです。しかし、生理中
も手や口でさせられ、すぐに現実に引き戻され、生理が終わった後の事を考えると、怖くて仕方
が有りませんでした。生理後も写真で脅されて、仕方なくアパートに行きましたが、あの様な苦
しい思いは二度と嫌で、課長のを入れられている時は、もう脅されなくても“あなたを愛してい
ます。”“もうあなたと離れたくない。”と言って、機嫌をとる様になってしまいました。
特に課長は、あなたにライバル心を持っていて、あの最中に“あいつとどちらが気持ちいい?”
とか“本当はあいつの物では満足出来なくて、ずっとこいつが欲しかったのだろ?”とか聞いて
きました。あなたの事を言われ、あなたを思い出して辛かったのに、恐怖心の方が強く“比べ物
にならない。”“ずっとこれが欲しかった。”“もうこれでないと気持ち良くなれない。”とあなた
を侮辱するような事も、色々言っていました。
自分からその様な事を言っていたと、あなたに知られたくなかった。恥ずかしい事をされた事よ
り、その様な事を言っていたと、知られる方が辛かった。
妻を可哀想に思い、野田に対して怒りが込み上げましたが、それとは違った感情もありました。
しかしそれが何なのかは分かりません。
「本当に愛していたのでは無いだろうな?」
「違います。本心で言ったのでは有りません。信じて。あなただけを愛しています。信じて。」
「でも、そこまでされても感じたんだろ?気持ちいい声を出したんだろ?野田の方が気持ちいい
と言ったのは、本心じゃないのか?」
「本心じゃ有りません。あなたの方がずっといいです。信じて。家にいても会社にいても、毎日
が地獄でした。特に課長のアパートにいる時は、死にたいほど嫌でした。本当です。でも、ごめ
んなさい。嫌だと思っていても、色々されている内に私の身体が、身体が勝手に反応してしまっ
て。次第に快感に負けて、もっと気持ち良くなりたいと思ってしまって。ごめんなさい。ごめん
なさい。」
明日の午後、会社を早退してこちらに来たいと言う妻に、明後日私が帰るから来なくてもいいと
言って、電話を切りました。

 

戦い 第45回

5月14日(金)の1

アパートに帰ると、私の部屋に明かりが点いています。中に入って靴を脱ぐと同時に、妻が抱き
付いて来ました。私も抱き締めそうになりましたが、ぐっと堪え。
「来なくてもいいと言ったのに、どうして来た?俺に帰られては、不都合な事でも有るのか?」
「違います。お疑いなら、明日私も一緒に帰ります。ただ1日でも早く、逢いたかっただけです。」
妻がより強く抱き付いたので。
「俺は疲れているのに、いつまで抱き付いている。風呂に入りたい。用意は出来ているだろう
な?」
妻は慌ててお風呂に行って、バスタオルなどを用意し、私の前を通り過ぎたかと思うと、あわた
だしく下着などの用意をしていました。
私がお湯に浸かっていると、妻は下着だけの姿で入って来て、狭い洗い場に正座しています。
私がお湯から出ると、妻は1ケ所を残し、頭の先から爪先まで洗ってくれ、1度全身を洗い流す
と、仁王立ちの様な格好で立っている私の後に回り、ボディーソープを付けた両手を前に回して、
残された所を、時間を掛けて丁寧に洗ってくれました。あまりに丁寧に洗われたので、私は反応
してしまい、それを手に感じた妻は洗うのを止めてシャワーで流し、前に来て跪いたかと思うと
口に含んできたので、一瞬“この様な時に何を考えているのだ”と思いましたが、前を大きくし
てしまっている私には、その言葉は言えずに、黙って妻のする事を見ていましたが、この時の妻
の動きは、今の自分を忘れてしまいたいかの様に、今までに無く激しく、私は堪らず妻の口に出
してしまいました。
妻は顔色1つ変えずに、口の中の物を全て飲み込んで、その後も私の中に残っている物を、1滴
も残さず吸い取るかのように、吸い付いています。
この前の時は野田の顔を思い出してしまい、この様な事は考えられませんでしたが、私も変われ
ば変わるものです。
私がビールを飲んでいる間に妻も入浴を済ませ、2人で遅い夕食を摂りましたが、その間2人共
無言でした。食べ終わっても、妻は片付けようとせず、無言で俯いていたので。
「どうした?何か話したい事でも有るのか?」
「あなた、すみませんでした。どうしても自分を庇ってしまって・・・・・・。嘘はつきたく無
いのに、言い難い事はつい隠してしまい、その後苦しくなって話したくても、何を今更と思われ
そうで、言い出せなくなってしまって・・・・・・。でも、昨日あなたに聞いてもらって、少し
楽になりました。あなたは余計辛くなったのに、ごめんなさい。」
「何でも話せ。野田と不倫するまでのお前は、嘘や隠し事が大嫌いだったよな?身体だけで無く、
そんな事まで野田に変えられてしまった様で、どんな小さな嘘でも分かる度に、俺はどんどん辛
くなる。まだ聞きたい事は沢山有るが、それは追々聞くとして、今までの事で隠している事は、
もう無いだろうな?」
「それが、実は・・・・・・。その事を早く言おうと思って、今日来ました。電話では嫌だった
ので・・・・・・・。」
「何だ?早く話せ。」
「私が課長のした事を、犯罪には出来ないと言ったのは、もう1つ理由が有って・・・・・。」
「分かっている。写真の事だろ?前に不倫関係にあったとか、美鈴からアパートに行ったとかだ
けでは無くて、あの微笑んだ写真を見せられたら、おそらく誰も信用しない。俺もあの写真が未
だに気になっている。無理やり犯された女が、いくら脅されたにしても、微笑んで写真を撮られ
る事が、出来る物なのかと疑っている。以前なら、何が有ってもお前を信用したと思う。しかし、
不倫中やその後のお前は、嘘や隠し事を平気で出来る女になってしまった。昔俺が好きだった美
鈴とは別人の様だった。最近になって、ようやく信用出来る様になったと思った矢先に今回の事
だ。お前の言っている事が本当かも知れない。しかし、余りにも嘘や隠し事が多い。正直、今の
俺は、お前の言う事全て、疑いながら聞いている。」
妻は、信用されない事が辛いのか、そういう女になってしまった事が辛いのか分かりませんが、
大粒の涙を流しました。
「あれは本当です。心から微笑んではいません。本当です・・・・・・・。これからは何も隠し
ません。どんなに恥ずかしい事でも、話せばあなたに嫌われてしまう様な事でも、正直に話しま
す。どの様な小さな事でも話します。あなたに嫌われたくない。昔の私に戻りたい。」
妻は涙を拭いて、大きく深呼吸をすると。
「今日聞いて欲しいのは、写真の事では有りません。もう1つ課長のした事を犯罪行為に出来な
い理由が有ります。もし訴えても課長には、有利な証言をしてくれる、証人がいるんです。」
「なに?証人?詳しく話せ。」
証人がいると言う事は、妻と野田の関係を知っている人間が、もう1人いると言う事です。
私にはそれが誰なのか、何故知っているのか見当も付かず、聞くのが怖い反面、早く聞きたいと
焦っていました。

 

戦い 第46回

5月14日(金)の2

まだ妻を疑っている私は、野田以外の誰と何が有ったのか、早く知りたい焦る気持ちを抑えて、
話に辻褄の合わない所は無いか、黙って妻の話を聞きました。
私が犯されてから2日後の19日“今日からは平日なので、しばらくは呼び出される事も無い。
もしかしたら2日間だけで、もう満足したかも知れない”と思いましたが、昼休みに白い封筒を
渡され、トイレでその中を見た時、私の考えが甘かった事を知らされました。
中には、昨日の日付の入った新しい写真と、メモ書き、アパートのスペアキー、お金が入ってい
て、メモには。
“今は暇な時期なので残業も無いから、仕事が終わり次第私のアパートに来い。私もすぐに帰る
が、美鈴の方が早いだろうから、部屋の中で待っていてくれ。タクシーなら10分掛からない距
離だから、そのお金で今週は足りると思う。昨日の写真もきれいに撮れているだろ?こんなに上
手く撮れると、美鈴の子供達にも見せて、自慢したくなる。このメモは私が処分するから、読ん
だらすぐに返してくれ。つまらぬ事に使われては困るからな。会社のみんなに知られない様に気
を付けろ。俺はもう独身だからいいが、美鈴は嫌だろ?”と書いて有りました。
アパートには行かず、このメモを証拠に警察に行こうか迷いましたが、裁判にでもなれば、子供
達に私のしてきた事が知られないか気掛かりで、何より、自棄になった課長が写真を送り、子供
達がそれを見ている姿を想像すると、とても私には逆らう勇気は無くて、結局アパートに行って
しまいました。
アパートに着くと、すぐに課長も帰って来て。
「メモはどうした?どうしてすぐに返さなかった?余計な事を、考えていたのでは無いだろう
な。」
「違います。みんなに知られずに、渡す機会が有りませんでした。」
私がメモ、スペアキー、お金を差し出しながら言うと、課長はメモだけを受け取り、破りながら。
「本当か?まあいい。今日でその様な気は起こらなくなる。それより、美鈴はこれから毎日ここ
に来るのだから、そのスペアキーとお金は持っていろ。」
「もう許して下さい。もう何もしないで。」
「許して下さい?それじゃあ私が無理に来させている様に聞こえるな。嫌なら来なくてもいいん
だぞ?さあ、話はその位にして服を脱げ。今日は時間が無いから、早くしないと美鈴は最後まで
いけないかもしれないぞ。最後までいきたいだろ?」
課長は、私が逆らえない事を知っていて好きな事を言い、黙って俯いている私を遠まわしに脅し
ながら、剥ぎ取る様に服を脱がせると、シャワーも使わせてくれずに、最初から恥ずかしい場所
に吸い付き、すぐに入れると激しく腰を使ってきました。
課長が“もう出そうだ。中にいいか?”と脅すので、私が何回も“愛しています”と言うと、満
足そうにお腹の上に出しました。流石に平日は早く帰してもらえると思い、汚された身体をシャ
ワーで洗い流し、濡れた身体を拭いていると、課長が箱を持って入って来て、タオルで前を隠し
ただけの、裸の私に中を見せながら。
「美鈴。今から着ける下着を選べ。昨日あれからアダルトショップまで行って、美鈴に似合いそ
うな、美鈴が興奮しそうなのを買ってきてやった。結構選ぶのに時間が掛かったし、高かったん
だぞ。」
箱の中には、色取り取りな下着が何枚も入っていましたが、私が黙って目を背けると、課長はそ
の中から赤いのを出して。
「迷っている様だから選んでやった。これを着けろ。どうした?嫌なら無理にとは言わん。」
そう言われると余計に怖くて、それを受け取りましたが、ブラジャーもパンティーも透けていて、
恥ずかしい所を隠してくれる様なフリルも付いていないので。
「他の物にしてください。私に選ばせて下さい。」
「もう遅い。だから選べと言っただろ。」
課長は箱と私の服を持って出て行ってしまいました。仕方なくそれを身に着けると、思った以上
に透けていて、乳首も恥ずかしい毛も丸見えです。少しでも足を開けば、全て見えてしまいます。
課長は様子を見に来て、私の姿を見ると満足そうな笑みを浮かべ。
「思った通りよく似合う。その格好のままビールの用意をしてくれ。」
「今日はもう帰してくれるのでは・・・・・・。」
「誰がその様な事を言った?美鈴は黙って俺の指示に従えばいい。グラスは2個用意しろ。」
「私は呑みたく有りません。それより、もう帰して下さい。」
「美鈴は呑まなくていい。黙って用意しろ。」
私はキッチンでビールとグラスを用意していましたが、この格好では落着きません。その時チャ
イムが鳴って誰かが入って来た様なので、私はキッチンの隅に身を隠しました。

 

戦い 第47回

5月14日(金)の3

私が息を潜めて身を隠していると、課長が大きな声で。
「美鈴、ビールを持って来い。」
そう言われてもこの格好では、出られるはずが有りません。課長は怖い顔でやって来て、耳元で、
小さな声で。
「聞こえなかったのか?心配しなくても、美鈴には指1本触れさせない。ただその格好でお酌を
してくれればいい。嫌なら帰っても構わんぞ。そんなに写真を見せたいのか?本当は子供達に“お
母さんもまだ捨てた物では無いでしょ”と自慢したいのと違うのか?」
私は諦めて、何か身体を隠せる物を探していましたが、また課長に怒られて仕方無く、その格好
のまま、ビールとグラスが乗ったトレーを持って行きました。
部屋に入ると課長の前のソファーに、20代後半ぐらいに見える男の人が座っていました。裸同
然の私は恥ずかしくて、トレーを胸の高さに上げて、乳首が見えない様に隠し、足が少しでも開
かない様に太腿を閉じて、ゆっくり歩いていると。
「早く来い。お客さんを待たせるな。伊藤君、こいつが美鈴だ。名前は知っているな?君が想像
していたのとどうだ?お乳も少し垂れているし、腹の周りにも少し肉が付いている。おばさんで
驚いただろ?」
「いいえ、そんな事は無いです。想像以上です。顔は凄く可愛いし、オッパイといいウエストの
括れといい、若い僕が見ても堪らないです。本当に40を過ぎているのですか?」
「伊藤君は、お世辞が上手いな。これでも若い頃は、我が社のマドンナだったんだぞ。」
「いいえ、今でも充分通用しますよ。それに、何よりその格好にびっくりしました。」
彼は、私の全身を嘗め回すように見ながら言いました。
私は恥ずかしくて、トレーをテーブルに置くと部屋の隅に行って、身を縮めていました。
「伊藤君は、美鈴のファンだ。そうは言っても、会った事は無かったから、正確には美鈴の声の
ファンと言った方が正しいな。」
「いいえ、声だけでは無く、今、美鈴さんのファンになりました。」
「そうか。美鈴、何をしている?伊藤君がこんなに褒めてくれているのに。早くこっちに来て、
お酌をしないか。」
そう言われても、恥ずかしくて行けません。
「心配しなくてもいい。この人は隣に住んでいる伊藤君だ。隣同士でも、今までほとんど話した
事が無かったので、名前と一流企業に勤めている事ぐらいしか知らなかった。それが、今朝ゴミ
を出しに行った時、一緒になったので“昨日は、何度も大きな声が聞こえただろ?迷惑にならな
かったか?”と訊いたら“いいえ、楽しませて頂きました。”と正直に答えてくれた。伊藤君は
出かける予定だったのに、美鈴のあの声が大きいから、つい壁に耳を当てたまま聞き入ってしま
い、結局出掛けられずに、自分で4回も抜いてしまったそうだ。」
それを聞き、更に恥ずかしくなった私を見て、楽しむかの様に。
「美鈴は達する時に“美鈴イキます。”と大きな声を出すだろ?その声を何回も聞き、名前を覚
えてしまったそうだ。私は数えた事も無いが、美鈴は名前を覚えてもらえるほど、達したんだな。
美鈴はこれからも毎日、大きな声を出してしまうだろうから、その声でまた伊藤君が興奮して、
後から実物を見てガッカリするといけないので、今夜見に来るか聞いたら“是非お邪魔させてく
ださい。仮病を使ってでも早く帰ってきます。”と言ってくれたので来てもらった。」
私はただ恥ずかしくて、消えてしまいたい思いの中、何度も課長に急かされてお酌をさせられま
した。
「伊藤君どうだ?実物を見ても、また声が聞こえた時に自分で出来るか?」
「勿論です。美鈴さんを思い出して、昨日以上に興奮すると思います。」
「美鈴、聞いたか?嬉しいだろ?美鈴の身体を思い出して、声だけで出してくれるそうだ。お礼
を言わないか。どうした、早く。」
「ありがとう・・・・・・・ございます。」
「週末は朝帰りも多かったし、今朝、あの様な事を話してくれたので、堅物ではないと思ってい
たが、伊藤君とは気が合いそうだ。私は嫉妬深いから、触らせる事は出来ないが、もう少しサー
ビスしてやろう。美鈴、身体を隠していないで、立ち上がってよく見てもらえ。こら、手で隠す
な。手は頭の後ろに組め。」
課長は彼には分からない様に私を睨み、私は仕方なく従いましたが、涙が出てきて止まりません。
「よし。今度は向こう向きになって、お尻を突き出せ。どうした?言う事が聞けないのか?私の
言う事を聞かなくてもいいのか?私は構わんぞ。」
私が泣きながら従うのを見て。
「野田さん、もう充分満足しました。もうやめましょう。」
それを聞いて課長は、私にビールを取りに行かせました。

 

戦い 第48回

5月14日(金)の4

私がキッチンに行くと、普通に話していても充分聞こえるのに、わざと大きな声で。
「伊藤君、どうした?」
「だって美鈴さんは泣いていましたよ。」
「伊藤君は若いな。美鈴は虐めて欲しくてわざと逆らい、興奮を高めているんだ。まだ外には溢
れていないが、おそらく、濡らしているのは頬だけでは無いぞ。」
「そうなのですか?本当に、こんな世界も有るんだ。」
「ああ。全て言わなかったが“言う事を聞かなくてもいいのか?私は構わんぞ”の後に“その代
わり、この前みたいに、またお仕置きだぞ。”と続くんだ。」
「お仕置き?」
「ああ。前にも私の言う事を聞かなかった事が有って、その時は何回もイク寸前で止めてやった。
すると、自分でしようとしたので、両手を使えないように縛ってやると、大声で泣き出して大変
だった。結局、可哀想になってしまい、美鈴の股に枕を挟んでやると、器用に腰を使いながら、
あそこを擦り付けて、枕で達してしまった。さっきは、もう少し逆らっていようと思っていたが、
私の言葉で、また同じお仕置きをされると思い、その時余程辛かったのか、慌てて従った。」
「でも、泣きながら従うと言う事は、やはり嫌なのでは無いのですか?」
「いや。涙は流しているが、恥ずかしい事をさせられている自分に酔い、興奮している。その内
伊藤君にも分かる。美鈴は本当に淫乱な奥様だ。セックスが好きで仕方が無いんだ。私は週1、
いや2週間に1回でいいと思っているのだが、旦那が単身赴任しているから、毎日来ると言って
聞かない。私も嫌いではないが、流石に連日では身が持たん。」
課長の言った事は、ほとんど嘘でしたが、言い返せない私は、彼が信じたかと思うと恥ずかしく
て、仕方が有りませんでした。
「そうですか。心配をして損しました。それにしても分からない物ですね。今の格好ではなくて、
普通に服を着ていたら、とてもその様な女性には見えません。あの様な声を出すとは分かりませ
ん。今でも顔だけ見ていると、真面目そうで可愛いし、セックスなんてしない様に見えます。そ
れなのに、あの身体とあの下着、堪らないです。」
それからの彼は、やはり課長の話を信じたのか、私が恥ずかしいポーズをとらされて、涙を流し
ていても同情してくれなくなり、それどころか“もう少し足を開いて欲しい”とか、注文まで出
すようになりました。
課長は私と彼の顔を交互に見ながら、嬉しそうに。
「美鈴。美鈴はあの時に、声を出さないでいられるか?これからも大きな声を出して、迷惑を掛
けてしまうだろ?それなら、伊藤君の言う通りにしないか。」
その言葉で調子に乗った彼は。
「美鈴さん。四つん這いになって、僕の方にお尻を突き出して下さい。もっと足を開いて。」
彼は野田がいる事を忘れているかの様に、次々に恥ずかしいポーズを要求しました。
「次は寝転んで、両足を胸に抱えて。駄目、駄目、もっと足を開いてくれないと。凄い、凄い、
前も後も丸見えだ。あれ?美鈴さん濡れていませんか?触られてもいないのに、まさか違います
よね?しばらくそのままの格好でよく見せて下さい。」
彼は私に近付いて来て、恥ずかしい所を覗き込んでいました。
すると、笑いながら見ていた課長が。
「伊藤君、泣いているが、本当は喜んでいると言っただろ?今に分かると言った通りだろ?きっ
と中は凄い事になっているぞ。最初に言った様に、私は嫉妬深いから、中まではお見せ出来ない
のが残念だ。外と違い、中はまだピンクがかっていて綺麗だ。濡れていると更に綺麗に見える。
見せてやりたいが、そこだけは私しか見る事の出来ない場所だ。いや、違うか。もう一人、奥さ
んがこんなに淫乱だとは知らずに、隠れて何をしているのかも知らずに、一生懸命働いている馬
鹿な男がいる。」
私はあなたを思い出し、声を出して泣きました。
課長は、そんな私を無視して、私の身体のどこをどうすれば感じるのか説明し出し、それを真剣
な顔で聞いていた彼は、少し酔いが回ったのか、下着を脱いで中まで見せて欲しいとか、少し触
らせて欲しいとか言い出しました。すると課長は怖い顔になり。
「明日も仕事だ。今日はこれで終わりにしよう。また機会が有ったら呼んでやるから。帰る前に
写真をお願い出来ないか?」
彼にデジカメを渡し、課長とキスをさせられているところや、座った課長の膝の上で、恥ずかし
い下着姿のまま、大きく足を広げられているところを、何枚も撮られました。
「伊藤君。美鈴はノーマルなセックスさけでは満足出来ない女だ。これからも“いやー”とか“助
けてー”とか言う声や、泣き声が聞こえるかもしれないが、本当に嫌がっているのでは無い事を、
分かってくれるか?悲しくて泣いているのでは無い事を理解してくれるか?今の美鈴を見てい
ても分かってくれただろ?」
「はい、よく分かりました。」
「そうか。本当に嫌なら、どの様な理由が有っても、初対面の男の前で足は開けない。ましてや、
あそこを濡らしたりはしない。辱められるのが好きなくせに、嫌いな振りをした方が燃えるんだ。
それに、嫌な事を私の為に、頑張ってしたと思わせた方が、その後、いっぱい可愛がってもらえ
ると思っている。好き者と言うのは、美鈴の様な女を言うのだろうな。」
「はい、泣いていても美鈴さんが、喜んでいる事は分かりました。お二人が仲の良い事も、よく
分かりました。」
彼は酔いも手伝ってか、課長が喜ぶ事を言って帰って行きました。
「美鈴、良かったな。私の部屋は端だからお隣は彼だけだ。上の部屋も先日引っ越して行って、
今は空き部屋だし、これで心置きなく大きな声を出してもいいぞ。それに彼は、私達の仲が良い
事も、美鈴が嫌がっているのではなくて、喜んでいる事も分かってくれた。お隣が理解の有る人
で良かった。」
課長の言葉は“この部屋で私に何かされた時、助けを呼んでも無駄だぞ。それに、もし訴えても
証人もいるから、恥を掻くのはお前だ”と聞こえ、どうして彼を来させたのか、やっと分かりま
した。

 

戦い 第49回

5月14日(金)の5

どちらが嘘をついているにせよ、隣の男に妻の恥ずかしい姿を見せたのは事実だと思いました。
妻は証人を作る為だと言っていますが、それは妻が脅されていた事が本当であった時のみ成立し、
野田が脅していない時は、ただ他人の前で、妻を辱める事が楽しくてしている事になります。
妻も野田に気に入られようとして従っていたか、その行為で快感を得ようとして、していた事に
なります。
どちらにしても、旅行に行った時もわざと仲居さんに見せた事を考えると、野田には、そういう
事をして興奮する、性癖が有るのだと思いましたが、妻はどうなのだろうと気になり。
「野田が話した事は全て嘘だろ?美鈴を辱める為に嘘を言っていたのだろ?」
「課長が言った事は嘘です。私が脅されていて何も言えないのを良い事に、事実ではない酷い事
を言われました。・・・・・ただ・・・・枕と・・・・・もう1つだけは・・・・・・・。」
「枕ともう1つ?」
「・・・・・・あなたに嫌われても、もう隠し事はしない、嘘はつかないと決めたから話します。
以前あなたを裏切っていた時に、あなたとセックスをするなと言われ、それは出来ないと言って
逆らった時に・・・・・その様な事を・・・・・・・・。」
「焦らされて、枕で達したのか?それも、野田に見られながら?」
「・・・・・・はい・・・ごめんなさい。でも、その後言った事は嘘です。その事を思い出して、
従ったのでは有りません。脅されていたから・・・・・・仕方なく・・・・・・本当です。」
「・・・・・・・・・・・・・・・・もう1つは?」
「・・・・・・・・・・私、濡らしてしまいました。早く終わって欲しい、夢なら醒めて欲しい
と思っていても、濡れて来るんです。こんな時になぜ?感じてなんかいないのになぜ?と思って
いても、濡れて来てしまうんです。ごめんなさい。ごめんなさい。嫌で、嫌で、興奮なんかして
いないのに・・・・・私・・・・・・。」
妻は、感じていなかったと思っていますが、ただ濡れてくる事は有り得ません。自分を否定して
いるだけで、その様な自分では無いと思いたいだけで、おそらく感じてしまっていたのでしょう。
私だけの妻を野田に見られたと知った時も、妻が私と野田の両方が好きだと思っていた時も、心
のどこかに“野田に何が分かる、野田は口先だけで、妻を1番理解しているのは俺だ。”という
自負が有りました。“妻と俺には歴史が有る。セックス意外、野田と妻に何が有る。”と思ってい
ました。私には出来なかったセックスをされ、私では与える事の出来なかった快感を、野田に教
え込まれたと知った時も“夫婦では、したいと思っても出来ないだけで、浮気だからこそ出来た
だけだ。”と自分に言い聞かせていました。これらは全て、妻を寝取られた男の、負け惜しみな
のかも知れません。しかし、そうでも思わないと、妻と前には進めませんでした。
妻の話を聞き、当然怒りも有りましたが、それよりも、性行為に関しては、野田の方が妻の本性
を見抜いている様で、妻さえも気付かない妻の姿を知っている様で、無性に寂しさを感じました。
その様な事を考えながら妻の顔を見ていると、若かった頃を思い出します。
妻と初めて結ばれてから、しばらくの間会うのを断られました。私は嫌われたと思っていたので
すが、そうでは無く、恥ずかしくて顔を合わす事が出来なかった様です。結婚してからも、妻か
ら誘われた事は無く、あまりセックスは好きでは無いと思っていました。40歳を過ぎてからは、
いざ始まると、何回も求める事も有り、少しは積極的になりましたが、それでも妻から誘われた
事は有りません。不倫するまでは、一緒にお風呂に入っても、明るいから恥ずかしいと言って、
必ずタオルで隠して入って来ました。
私はずっと、それが妻だと思っていました。妻はいつまでも、恥じらいを忘れない女だと思って
いました。妻自身もそう思っていたと思います。それが野田の手によって変えられていった。い
え、本来の妻を引き出されていったと言う方が、正しいかも知れません。その事は、身体の関係
を持たれたのと、同じぐらい悲しく寂しい事でした。
妻の涙を見ながら、その様な事を考えていましたが、野田にその様な性癖が有るとすれば、これ
で済んだとは思えず。
「その他にも、知らない男の前で何かされなかったか?外で恥ずかしい事をさせられなかった
か?」
「いいえ。それは無かったけれど、隣の彼にはその後2回、同じような事を・・・・・・。」
「エスカレートしなかったのか?触られたり、それ以上の事をされなかったか?」
「いいえ。同じ様に恥ずかしい下着姿で、お酌をさせられたり、色々なポーズをとらされたりし
ましたが、それ以上は、課長が断っていました。」
裸同然の格好をさせ、恥ずかしいポーズをとらせて、ビールを呑みながら、指を刺して冷やかし、
笑っている2人の姿が目に浮かびました。泣きながら惨めな格好で、2人の男の機嫌をとってい
る、妻の姿が目に浮かびました。
私だけの妻の身体を、妻の恥ずかしい姿を、野田だけでも許せないのに、何回も見ず知らずの男
に見せたか思うと、怒りで胸が苦しくなります。その時の妻の姿を想像すると、胸が張り裂けそ
うになります。妻を自分の物の様に扱い、同性の仲居さんでも許せないのに、他の男の前で辱め
たと思うと、いくら感じていたとは言っても、妻が惨めに思え、野田に対しての怒りが、私の中
で限界を超えてしまいました。
例え嘘をついているのが妻だとしても、もう法的な制裁だけで済ませる気は有りません。まだ、
どういう方法が有るのか分かりませんが、慰謝料を貰って済ませるような事は、絶対にしないと
心に誓いました。

 

戦い 第50回

5月15日(土)の1

今日は早い時間に、自宅に帰るつもりでいましたが、家に着いたのは、午後の4時でした。昨夜
はあれから、妻を可哀想に思ってしまい、両手でしっかり抱いてやって眠りました。当然その様
な事をするつもりは無かったのですが、妻を抱いているだけで、何故か私の物は元気になってし
まい、気が付くと妻を裸にしていました。妻の話を聞いて怒りを覚えながらも、知らない内に興
奮していた?いいえ、その様な事がある筈が有りません。今考えても、怒りで手が震えてきます。
しかし、妻もいつに無く激しく乱れ、結局寝るのが遅くなり、寝過ごしてしまったのです。
今日帰って来たのには目的が有ります。野田の他に、もう一人許せない男が出来たからです。
野田との問題の前に、まずはこの男を何とかしようと思い、会ってみたくなったのです。
家に着くとすぐに、妻を残して野田のアパートに向かいました。勿論、野田に会うためでは有り
ません。駐車場には野田の車以外1台も無く、留守かと思いましたが、一応部屋まで行ってイン
ターホンを鳴らすと、やはり返事は有りません。アポを取って有った訳ではないので、留守でも
仕方ないのですが、この時の私は苛付いていて、彼が留守だった事に腹が立ち、隣の部屋に行っ
てしまいました。
「やあ、あれから連絡もせずに申し訳ない。慰謝料の事だが・・。」
その瞬間、私は野田の顔を殴ってしまいました。野田は倒れずに、頬を押さえながら1歩近付い
て来て。
「気が済んだか?1発は仕方ないが、これ以上・・。」
言い終わらない内に、今度は鳩尾を殴っていました。野田は一瞬息が出来なかったのか、呻き声
を上げて蹲り、私は一言も話さず、力任せにドアを閉めて車に戻りました。暴力では解決出来な
い事は分かっています。しかし、殴らずにはいられませんでした。
1時間ほど近くの喫茶店で時間を潰し、もう一度アパートに行くと、今度は野田の車の他に2台
車が止めて有ります。彼は車を持っているのかさえ知りませんでしたが、帰っている様な気がし
て、部屋に行ったのですが、彼はまだ留守でした。すると、また腹が立ち、野田の部屋へ行って
ドアを何回も叩いていると、鍵は開けてくれたのですが、ドアを開けても野田の姿は有りません。
すると奥から。
「もう暴力は御免だ。流石の私も、今度したら警察を呼ぶ。」
私が上がって行くと、野田は部屋の隅に立っています。私はソファーに座り、気を落着け様と、
目に前に置いてあったタバコを、無断で1本出すと火を点けました。最近止めていたので、久し
振りのタバコは美味く、フィルターの近くまで吸ってしまい、火を消すのにガラスで出来た、大
きな灰皿にタバコを擦り付けていると、ふと、これで野田を殴りたい衝動に駆られ、灰皿を持つ
と野田の方を向いて、頭の上に振りかざしましたが、野田の怯えた目を見て我に返り、テレビに
向かって投げ付けました。幸いテレビには当たりませんでしたが、隣にある趣味の悪い洋酒棚に
当たり、静かな部屋にガラスの割れる音が響きました。
結局この時も、一言も話さないで部屋を出ましたが、話す事が無かった訳ではありません。話せ
ば声が裏返ってしまいそうで、声を出せなかったのです。
一旦家に帰ると、私が何処で、何をしてきたのか分からず、心配そうな妻に。
「野田の隣の部屋の奴について、知っている事が有ったら教えろ。どんな小さな事でもいい。」
「はい。彼は△△商事に勤めているらしいです。一度、仕事帰りの彼に、部屋の外で会ってしま
い、冷やかされました。その時、△△商事と印刷された大きな封筒を持っていました。課長が、
一流企業に勤めていると言っていたし、間違い無いと思います。・・・でも、どうして?」
「お前は知らなくてもいい。他には?」
「6月の13日に○○ホテルで、結婚式を挙げるらしいです。」
「もうすぐじゃないか。あいつ、その様な時期に・・・・・・。美鈴はどうやってその事を知っ
た?」
「はい。3回目に彼が来た時、課長が結婚祝いだと言って、エッチな下着をプレゼントしていま
した。彼は“真面目なお嬢さんなので、こんなのを穿いてくれと言ったら、結婚してすぐに離婚
になってしまいます。”と笑いながら断っていました。その時の2人の会話を聞いていて・・・・。」
私は彼が留守で良かったと思いました。あの時いたら、たぶん殴って終わりだったでしょう。ど
の様な奴かも分からないので、今頃警察沙汰になっていたか、または、若い彼の方が強く、逆に
殴られて、より悔しい思いをしていたかも知れません。
その時、頭に浮かんだ、警察沙汰という言葉で野田の事を思い出し、今頃、暴行と器物破損で被
害届けを出していないか、少し心配になっている、気の弱い自分に気付きました。

 

固定ページ:
1 2 3 4

5

6 7 8
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 戦い
  • ■出典など

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 倒錯の夏

    倒錯の夏 第1章 一日目・8月6日 プロローグ …
  2. 美奈子

    美奈子 ―"MINAKO" a wife of boys' toy. ― …
  3. 蒼きハイエナたちの時代 I

    ―― 蒼きハイエナたちの時代 1~6 ――「優しそうだし、何でも許してくれそうじゃん」「崩れたっ…

人気記事をチェック!

  1. 家族は父親一人きりという父子家庭で育った主人公。彼には幼馴染がいる。 小さい頃から一緒に遊んだ…
  2. 関連 ⇒ 【無料NTRゲーム】【To LOVEる】 リトのアンラッキースケベ 古手川唯編 【女性キャ…
  3. *サイト閉鎖されておられました作者様がDL販売を開始されましたので作品の補完および公開を自粛させて頂…
  4. ■不倫残業で上司の巨根の虜とされていた妻(全画面でプレイ)[説明]インストール不要でブラ…
  5. 『僕の好きな委員長は僕の嫌いなクラスの不良に女にされていた。』委員長はどちらかというとクラスでも地味…

ピックアップ記事

  1. 2017-11-22

    倒錯の夏

    倒錯の夏 第1章 一日目・8月6日 プロローグ …
  2. 2017-11-22

    美奈子

    美奈子 ―"MINAKO" a wife of boys' toy. ― …
  3. 2015-7-27

    蒼きハイエナたちの時代 I

    ―― 蒼きハイエナたちの時代 1~6 ――「優しそうだし、何でも許してくれそうじゃん」「崩れたっ…
ページ上部へ戻る