固定ページ:
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

12

13 14

友達と母

第12章  ** 古い日記(-8人目-自動車教習所にて)**

母に半年ほどの平穏な日々が戻っていた。次ぎの男は自動車教習所で知り合った大学生
だった。この大学生はイニシャルでTとしか記述されていないが、4月に大学に入学し
たばかりの18歳の長髪で美少年タイプの男だったようだ。彼が和男と知り合う前に母
が出会った一番大きなペニスの持ち主として日記に記載されていた男性だ。二人の関係
は母が免許を取る為に自動車研修所に通い始めた1984年5月から始まり、この年終
わりまで続いていた。母は当時34歳になったばかり。私は小学校6年生である。

34歳の母は、子供を一人持つ人妻としての落ちついた大人の魅力に溢れていた。過去
のみだらな男性経験を全く感じさせない貞淑な外見を保ちながら。

母がTと話をするようになったのは、教習所で頻繁に出会い、お互いそれとなく意識し
ていたからのようだ。5月の終わりに、教習所からの帰りに母はTにお茶に誘われた。
それまで、Tの熱い視線を思わせぶりにそらしていた母はTの誘いを断らなかった。二
人は話ながら教習所から駅に向かうバスに乗り、駅前の喫茶店で話し合った。こんな肉
体関係が無い付合いが暫く続いていた。

二人が最初の関係を持ったのは、Tが先に仮免許を取得して教習所通いも残り少なくな
った7月も終わりだった。二人は渋谷に出て道玄坂のラブホテルに無言で向かった。

Tは童貞だった。母はTが恥ずかしそうにブリーフを脱いだとき彼のペニスの大きさに
驚いた。長さ18CM以上と母は日記に書いている。父のものよりは遥かに大きな篠原
少年のペニスに連日のように嵌めつづけられた母の膣は広げられ緩くなっていたのでは
ないか。その為、父のものでは満足できない身体に。父もまた母に不満を漏らした話し
が日記に出ていた。

Tのペニスは篠原少年よりずっと大きく、太かった。母は若く元気なそして大きなペニ
スに歓喜したと思われる。Tもまた初めて見る女性の裸体を飽くことなく探索した。母
はそれに応え全てを晒した。

Tは母をベッドに寝かせ、何時間も母の恥部を覗きこみ開いたり、クリトリスを舐め上
げたり、指を入れ母を夢中にさせた。童貞のTにとって見るもの触るものが全て新しく
母の身体がTの好奇心を満たしてくれた。

Tの要求を全て満たすように、母は積極的に応じた。フェラチオ、69。正常位、バッ
ク、女性上位、母はTとのセックスの虜になったようだ。

二人は免許を取得すると、車で郊外のラブホテルへ出かけたり、Tのアパートに入りこ
んだりして定期的な逢瀬を重ねた。母はTの長さをいかしたストロークを好んだ。朝、
家族が家を出るのを待ちかねて母はTのアパートまで車で駆けつける。大学生のTは殆
んどまだ寝ている。母は合鍵を使い部屋に上がりこむとパンティストッキングとパンテ
ィをおろし、布団にくるまり寝ているTの顔を跨ぐ。

母の陰部に顔を押し付けられてTは目を覚ます。こんなエッチな目の覚まし方をTは母
に頼んだのだ。母は恥じらいながらも大胆な行為に興奮し、Tとの情事を楽しむ為のス
パイスとして積極的に応じたと思われる。母は布団をまくりTのブリーフを下げ、決し
て綺麗とは言えない朝だちした大きなペニスを美味しそうにしゃぶる。Tは母の陰部の
匂いを胸一杯に吸いこみ、舌を伸ばし陰部を舐める。母の口による愛撫に高まったTは
母を布団に押し付けると正上位で焦らすように長い一物を挿入する。

母の入り口を撫ぜるようにペニスの先で上下したあと、長さをいかすように、根元まで
一気に挿入するとゆっくりと亀頭がかろうじて母の入り口に留まるところまで引く。母
は膣のなかが一杯になるような感覚と膣の中が空っぽになるような感覚を相互に味わう
ことになる。Tは母が好むこのピストン運動を気が遠くなるように何度も何度も繰り返
した。

Tとの情事で象徴的なのは母がTに尽くす態度を取っていたことだ。これまでの男性関
係ではどちらかと言うと母は受身で爛れた関係に巻き込まれていたような記述だったが
、Tとの関係では母が積極的にTにのめり込んでいた。

Tはそうした母の心情に我侭な若さで応えていた。ドライブの最中に母にフェラチオを
強い射精まで行き、母を喜ばせることなく一日を終えたり、訪ねてきた母を奴隷のよう
に跪かせ何十分もフェラチオだけさせ自らの欲望を静めたりしていた。

Tとの関係はTに同級生の恋人が出来て二人が分かれるまで、少なくとも週に2回、合
計20回以上も続いた。母はTとの別れを望んでいなかった様だがTは同世代の女性に
より興味を持ったようだ。母に女体を喜ばす方法を教え込まれたTはその甘い美少年風
の容貌を活かし、若い女性を思いのままに、弄ぶことを選んだようだ。

<つづく>

 

固定ページ:
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

12

13 14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 友達と母
  • ■出典など

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 倒錯の夏

    倒錯の夏 第1章 一日目・8月6日 プロローグ …
  2. 美奈子

    美奈子 ―"MINAKO" a wife of boys' toy. ― …
  3. 蒼きハイエナたちの時代 I

    ―― 蒼きハイエナたちの時代 1~6 ――「優しそうだし、何でも許してくれそうじゃん」「崩れたっ…

人気記事をチェック!

  1. 栃木県の那須塩原の近くに父の会社の社長が保有する別荘があった。 子供の頃、毎年、夏休みになると、そ…
  2. (1)  皆さん、私の悩みを聞いて下さい。 それは2歳になる、我が家の長女のことですが、どうも…
  3. *サイト閉鎖されておられました作者様がDL販売を開始されましたので作品の補完および公開を自粛させて頂…
  4. 母が連れ去られてからもう2週間がたとうとしている。母は半強制的に同級生の剛太のマンションで囲われ…
  5. 『僕の好きな委員長は僕の嫌いなクラスの不良に女にされていた。』委員長はどちらかというとクラスでも地味…
熟女のサンプル動画が見放題!

ピックアップ記事

  1. 2017-11-22

    倒錯の夏

    倒錯の夏 第1章 一日目・8月6日 プロローグ …
  2. 2017-11-22

    美奈子

    美奈子 ―"MINAKO" a wife of boys' toy. ― …
  3. 2015-7-27

    蒼きハイエナたちの時代 I

    ―― 蒼きハイエナたちの時代 1~6 ――「優しそうだし、何でも許してくれそうじゃん」「崩れたっ…
ページ上部へ戻る