ページ:

1

2 3 4 5 6

陥落した母

母が連れ去られてからもう2週間がたとうとしている。
母は半強制的に同級生の剛太のマンションで囲われているのだ。
剛太はマンションを買い与えられ、家族とは別居している。
噂では、姉をレイプしたとかで、家族から見放されてしまったのだという。
かなり荒れた生活をしている剛太とその不良仲間がぼくの母に目をつけてしまった。
息子のぼくから見ても、母は美しく魅力的だ。高校生との息子がいるとは思えないみずみずしく透明感のある白い肌をした
母は、ぼくの自慢の母だった。
はじめは剛太たちに母の下着を盗んでくるように強要された。暴力をふるわれ、ぼくは命令に従った。
母の下着を差し出すぼくは惨めな存在だった。洗濯をする前の母が身につけていた下着も要求された。
あろうことか、剛太はぼくに顔に母の下着をかぶせその姿を撮影した。
そしてぼくに自慰を強要してきた。母のパンティをかぶったまま、下半身をむき出しにされ、
股間を自分の手でこするあまりの惨めさにぼくの目頭は熱く濡れた。情けないことにぼくは下半身に欲情の高ぶりを示してしまったんだ。
母の恥部の匂いを鼻腔に吸い込みながらぼくは勃起させてしまった。
剛太たちはとうとうぼくの自宅に押しかけてきた。友人を装ってあがりこんだんだ。
母が剛太たちに襲われたのはそれからまもなくだった。母は集団でレイプされた。
その行為を撮影された。もっと恥ずかしい姿もとられてしまった。
全裸に剥かれて泣き崩れている母の前に立たされた僕は下半身をむき出しにされていた。
ぼくのものを口に含めと母は命令された。当然母は激しく拒否した。
剛太の答えは取り出したナイフだった。そのナイフの刃が僕の股間に当てたれた。
ナイフの脅かしに母は屈服した。髪をつかまれぼくの股間に顔を寄せられる母。
僕は羽交い絞めにされ、後ずさることもできない。とうとう母はぼくの股間に顔を埋めた。
ぬめ温かい母の口に包まれたぼくのものは一気に勃起した。こられきれないこれまでに味わったことのない快楽だ。
舌を使うように剛太が笑いながら母に命じている。その一部始終が撮影された。動画でも撮影された。
ぼくのものに母の舌が絡んでいる。熱い塊が下腹部に膨れ上がると、こらえきれない高ぶりに一気に放出した。
ぼくの精液を母は飲んだ。もちろんそれも剛太の命令だった。
剛太たちの暴力と恥ずかしい写真そして動画がぼくと母を支配した。まるで蜘蛛の糸が蝶をからめとるのに似ていた。
もがけばもがくほどに絡みつく蜘蛛の糸。それからまもなくぼくとは母
剛太たちが見物する中で一線を越えた。母と抱き合ったのだ。
見世物にされる性行為。そんな状況の中でも勃起し、母の膣に激しく抽送してしまうぼくの男の部分が呪わしい。
ぼくに組み敷かれて母は哀しい顔をしてすすり泣いている。それでいて母の膣は
分泌された体液でおびただしく濡れていた。性行為を終えた後の母の股間を眺めて笑う剛太たちは悪魔だった。
そして母はとうとう剛太のマンションに連れて行かれた。

「晴男さん、ママはたくさんのペニスに囲まれて幸せよ。今もママの中に固くて太いペニスが入っているのよ。
もうママはペニスの奴隷になったわ。一日中犯されているのが今のママの悦びなの」
いちにに何度もかかってくる携帯電話の母は卑猥なことばかり言う。同時に剛太たちのぼそぼそとした声が洩れて聞こえてくる。
母は剛太たちに強要された破廉恥な言葉をぼくに聞かせているんだ。
「志保のお○んこをもっと突き刺してください。ご主人様のおちんぽで志保をうんと泣かせてください。
もう志保はご主人様のチンポなしでは生きていけません」
あえぎ声まじりの母の言葉にぼくは携帯電話を耳に押し付けながら股間を熱くした。
「ねえ、晴男さん、ママのパンティを使ってオナニーしていてね。ママと一緒にいってくれなければいやよ」
ぼくは股間の勃起したペニスに母のパンティをまきつて自慰をしているのだ。
母の寝室のベッドでぼくは母の性行為の報告を聞きながら果てた。携帯の向こうでも母がうめき声をあげながら
果てていた。
「休ませて・・・もう何度も・・・すこしでもいいから休ませて」
その声は強要された声ではなく母の真実の声だった。何度も母はいかされているのだ。
毎日だ。連れ去られてから母は毎日剛太たちとセックスをし、携帯は朝も昼も夜もかかってくる。
一日中は母は彼らに玩具のように扱われ犯されているのだ。
「チンポ好きの未亡人奴隷のくせにだらしないぜ。よお、晴夫、聞いているか。お前のママさんは数え切れないどほいかされてすっかりチンポ奴隷になったぜ。いつでもどこでも俺たちが望めば
お○んこをつきだして公衆便所のように使われるのさ。な、志保、そうだろ?」
しばらくして母はあえぎ声を交えながら
「ママは、剛太さんたちのおちんぽに支配された未亡人奴隷よ。おちんぽのためならどんな命令にも服従するわ。どこでもいつでもママのお○んこは精液処理用公衆便所として使っていただくのよ」
と恥ずかしい言葉を吐き、やがてあえぎ声ばかりになった。ぼくは射精して汚したママのパンティの中でまた勃起させてしまった。

「もう入れないで・・・お願い・・・つらいの」
いつもの携帯の向こうの母の声。深夜の一時だった。ぼくの股間はもう反射的に硬くなってしまう。
「こんなにむっちりとした臀をしているんだぜ。まだおかわりをお願いしなよ」
肉を打つ音が聞こえる。ビシッと乾いた音がまた聞こえた。
「おかわりをください・・・」
母の声がはっきりと聞こえた。苦しげな声だ。うめき声がときおり混じる。
「おなかが痛い・・・もう許してください」
「浣腸しているのさ」
剛太の声に変わった。
「後ろを調教してお○んこでも尻の穴でもセックスできるようにするのさ。そうすれば同時に二人相手にできるだろ。口まんこもあるから同時に三人だな。俺たちのグループに入りたいってやつが増えたから効率よくセックスできないと間がもたないのさ。浣腸して尻の穴をやわらかくしたら拡張調教だ。今夜は朝までお前のママさんはひいひい言ってよがり狂うぜ。」
けらけらと笑う剛太の声に混じって母の悲鳴が聞こえた。
「もうだめ・・・洩れてしまいます」
切羽詰った声だった。

うとうとしかけたときにメールの着信があった。ぼくは母の寝室のベッドで下半身を裸にしたままだった。ペニスにはまだ母のパンティがまきついている。
メールをあけた。「5回目の浣腸でママのお尻の穴はすっかりやわらかく開きました。ご主人様たちのおかげで浣腸が大好きになりそう。毎日浣腸のおねだりをしますって約束したのよ。お外でも浣腸して、それからお尻の穴に悪戯していただきたいわ。春男さんにもママのお尻の穴がどんなにやわらかくなったか見てほしいわ」
破廉恥な文だった。画像が添付されていた。全裸のママが映っていた。首には犬の首輪が装着されている。ママは、正面を向いてしゃがみこんでいた。しかも足を開いた格好だ。両方の膝に左右から手が伸びている。左右からの手で膝をつかまれ、無理やりに開脚させられているのだろうか。洗面器の上にしゃがんでいる母はどんな状況なのか一目瞭然だ。洗面器にほとばり出ているのは水流だった。
母はぎこちない笑顔だった。はっきりと正面を向いて右手でピースサインをしていた。乳房にも左右から手が伸びている。さらに何本ものペニスが映っていた。母の顔をはさむようにしてペニスが何本も突き出しているのだ。剛太のマンションにはいったい何人がたむろして母を責めているのだろう。
母の泣き笑いの表情が哀れだった。それでいてぼくは母の裸体から目を放せないでいた。ぼくは最低だ。

「ママはいよいよアナルセックスをしていただくの。若いたくましいおちんぽで串刺しにされるわ。ママはアナルセックスでご奉仕する奴隷未亡人よ」
メールに添付された画像では全裸の母が後ろから貫かれていた。きっとお尻の穴に挿入されているのだろう。
破廉恥な文章とは裏腹に母はすすり泣きをした辛そうな表情だった。
二枚目の画像では首輪をした母が突き出された足を舐めていた。舌を出して足を舐める母はまるで犬の扱いだ。その足は女性のものだった。女性の足を舐めながら後ろから腰を抱かれている。性交をれながら犬のように舌で女性の足を舐める惨めな姿だった。そのメールの後で母から連絡があった。母の声が携帯から聞こえてくる。
「ママの初めてのアナルセックス見ていただけたかしら。剛太さんにママはお尻の穴の処女を捧げたのよ。ママにとって記念すべき日なの。これからもママはお尻の穴を調教していただいて、ご主人様たちにアナルセックスでご奉仕するのよ。ねえ、晴男さん、ママがお尻の穴の処女を捧げた記念の日にお祝いの言葉をちょうだい。」
母の声に混じってざわめきが聞こえる。女性の声も聞こえる。若い声だ。クラスの女の子たちだろうか。
「ねえ、晴男さん、ママに祝福をください。あなたの祝福がいただけないとママはまた浣腸のお仕置きなの。ママを助けて」
哄笑が聞こえる。何人もの笑い声。肉を打つ音。きっとは母スパンキングされながらぼくと話しているのだろう。ときおり悲鳴が混じる。
「ママ、おめでとう」
ぼくの声に携帯の向こうでどっと沸き立った。
「息子にアナルセックスのお祝いをされた破廉恥ママさんに浣腸のご褒美だぜ。」
剛太の声だった。
「お願い、もう浣腸はゆるして・・・」
母の懇願の声。また肉を打つ音がした。二度三度と聞こえる。
「臀をあげな」
「こうすればいいの?」
その後、母のうめき声が小さく聞こえた。
「お尻の穴が爛れているのに・・・痛くてつらいわ」
ビシッと音がした。
「浣腸を好きになれって言っただろ!奴隷のくせに弱音をはくんじゃねえよ」
母は奴隷にされた。そしてぼくはそんな惨めな母を想って股間を固くさせている。

母が帰宅した。3週間ぶりだった。疲れた表情の母はそれでも妖艶さを増した色香がにじみ出ていた。
「ママはなんて破廉恥な女なんだ」
そうじゃない。そんなことを言うつもりはないんだ。ぼくの身代わりになって剛太たちの性奴になっている母に慰めの言葉をかけてやらなければいけないんだ。
それなのに僕の口から出た言葉は母を責める言葉ばかりだ。
「アナルセックスまでされて恥ずかしくないのかい。ぼくの同級生たちのチンポ奴隷になっているなんて最低だよ。ママのほうからアナルセックスをお願いしているんだろ」
「そ、そんなひどいこと言わないで・・・決して自分から望んだことではないわ・・・無理やりにさせられてママは死ぬほどつらいのよ」
母は目に涙をためている。ぼくは悲しみにくれる母をやさしく抱きしめてやらなければいけないんだ。それなのに
「ぼくのチンポにも奉仕してくれよ。あいつらの言いなりになりやがって。ぼくのチンポでお仕置きしてやる」
ズボンと下着を下げてむき出しにした。
「早くママの口まんこで奉仕するんだ」
ぼくは股間を突き出した。
「あなたにまで責められてママはもう堕ちるところまで堕ちるのね」
母はぼくの前にひざまずいた。口に含んでくれる。温かな口腔粘膜。舌使いは大胆になっている。剛太たちによほど調教されたのだろう。悔しさがこみ上げてきた。ぼくは母の髪をつかんで乱暴にペニスを抽送する。
母のうめき声がぼくを高ぶらせた。あっという間に射精した。
「呑むんだよ」
母はごくりと喉をうごめかせた。どろりとしたぼくの精液を呑んでくれたんだ。
「もう戻らなければ叱られるわ」
母から当座の生活費を渡された。
「ママね、お仕事やめさせられたわ。亡くなったパパの生命保険を大切に使わせてもらわなければいけないわね」
力なく笑うと、母は玄関から出て行った。ぼくは母から渡された生活費を握ったまま玄関に崩れ落ちた。
今でもママは綺麗だよ・・・そうつぶやいた。

 

ページ:

1

2 3 4 5 6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 陥落した母

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 倒錯の夏

    倒錯の夏 第1章 一日目・8月6日 プロローグ …
  2. 美奈子

    美奈子 ―"MINAKO" a wife of boys' toy. ― …
  3. 蒼きハイエナたちの時代 I

    ―― 蒼きハイエナたちの時代 1~6 ――「優しそうだし、何でも許してくれそうじゃん」「崩れたっ…

人気記事をチェック!

  1. *サイト閉鎖されておられました作者様がDL販売を開始されましたので作品の補完および公開を自粛させて頂…
  2. 『僕の好きな委員長は僕の嫌いなクラスの不良に女にされていた。』委員長はどちらかというとクラスでも地味…
  3. ■不倫残業で上司の巨根の虜とされていた妻(全画面でプレイ)[説明]インストール不要でブラ…
  4. 「……!?」倉庫を整理していたらとんでもないものを見つけてしまった。それはぼくの母さんが見知らぬ…
  5. 戦い 第1回 私45歳、妻美鈴42歳、結婚21年目を迎えた夫婦です。私は一昨年より地方の支社に…
熟女のサンプル動画が見放題!

ピックアップ記事

  1. 2017-11-22

    倒錯の夏

    倒錯の夏 第1章 一日目・8月6日 プロローグ …
  2. 2017-11-22

    美奈子

    美奈子 ―"MINAKO" a wife of boys' toy. ― …
  3. 2015-7-27

    蒼きハイエナたちの時代 I

    ―― 蒼きハイエナたちの時代 1~6 ――「優しそうだし、何でも許してくれそうじゃん」「崩れたっ…
ページ上部へ戻る