固定ページ:

1

2

真面目だった彼女がヤリチンDQNのオナホ便器に

大学に通っていた頃、ユキという彼女がいた。もちろん仮名。
ユキは堀北真希を少しキツくした感じの見た目。
頭が良くて真面目な子だった。真面目って言うとお堅い印象があるけど、ユキにはそんなところはなかった。明るくて人当たりが良くて、誰に対してもやさしかった。
ただ、女友達からはちょっと怖いって言われていたw
俺は最初どうしてそう言われているのかわからなかったけど、段々とわかってきた。
ユキは時々理由もなく不機嫌そうにしている時があって、普段ニコニコしているだけに、ムスッとしていると話しかけづらい。
あと仲良くなった相手には厳しくなるw初対面の相手とか、そこまで仲良くない相手とかには凄い親切なのにw

意外と好き嫌いが激しいということも付き合ってわかった。というより嫌いなものが、かなり多い。
煙草が嫌い。食べ物を残す人が嫌い。アイドルが嫌い。予定が狂うのが嫌い。エレベーターが嫌い。
下品なバラエティが嫌い。バレーが嫌い。カラオケが嫌い。飲み会が嫌い。
ペットボトルのキャップを外さないで捨てる人が嫌い。携帯で音楽を垂れ流ししてるのが嫌い。靴を半分履きする人が大嫌い。
あげるとキリが無い。しかもそれを直接は言わない。態度とか言動からこっちが察する感じ。あ、こういうこと嫌なんだ、みたいな。
だから最初気付かないことも多い。俺はカラオケ好きだから付き合い始めた当初はよく一緒にカラオケに行ってたんだけど、カラオケ行った後いつもテンションが低い。
それで、
「もしかしてカラオケ嫌い?」
って聞いたら、
「あまり好きじゃない」
って返って来た。その時はだったら最初から言ってよw、と思ったけどね。

恋愛に関してはドライな感じだった。
俺から告白して付き合うことになったし、デートする時は大抵俺からで、向こうから誘われることはほとんどなかった。
メールとかも大体俺からだった。だから、俺がユキのことを想うほどユキは俺のことを想っていてくれてないのかな、とか悩んだこともあった。

けど付き合って二年ぐらいしたある日、唐突に、
「勇人(俺の名前)って結婚願望ってある?」
と聞かれた。いきなりだったので俺は何も考えず、
「いや、結婚とかあまり考えたことない」
と正直に答えてしまった。言ってから『しまった』と思った。
「ユキは?」
「…………」
「……」
「……」
無言が返って来た。
しばらくして、
「…………勇人は別にしたくないんでしょ?」
と拗ねたように言った。
「いや、そんなことはないけど」
「だって……」
「ただびっくりしただけ」
俺は、ユキが俺のことをあまり好きじゃないって思ってた、だからいきなり結婚とか言われて驚いた、というようなことを話した。
そしたらあっちが驚いてた。
「なんでそう思ってたの?」
「いや、だっていつも遊ぶとき俺からだし……」
「それは……」
ユキは迷惑かなと思ってあまり自分から誘わなかったらしい。メールとかも抑え気味にしてた、と言った。
「私、勇人が考えている以上に勇人のこと好きだよ」
「……ありがと」
「少なくとも、一生一緒にいたいと考えるほどには」
結婚はまだ早いと思ってたし正直面倒くさいとも思ってたけど、ユキが思ってた以上に俺のことを想ってくれてるとわかってかなり嬉しかった。
俺はユキに、もっと甘えて欲しいし頼って欲しいし迷惑だってかけて欲しい、と話した。
それからは少しだけだけど、ユキから誘われることも連絡が来ることも多くなった。

ユキは学費を親から借りて払っていた。
バイトを探していたので、俺は自分のバイト先を紹介してあげた。

バイト先では、俺達が付き合ってるってことは黙っておいた。
言いふらすことでもないし、特にユキが嫌がった。

バイト先には一個下の山本くんっていうすごいチャラい男がいた。
髪を薄い赤に染めて、耳にピアス。服装もだらしない。当時から、よくコイツ、バイトの面接受かったなと思っていた。
山本くんは俺が今まで会ったことのないタイプの人間で、ちょっとしたカルチャーショックだった。
簡単に言うと女好きで遊び人。こんな人ほんとにいるんだと驚いたのを覚えている。
しかも清々しいほどの女好きで、あそこまで露骨だと逆に許せるレベルだった。
「俺さんって大学生でしたっけ?」
「それ前も聞かれたんだけど」
「いやー、オレって女の子にしか興味ないんで男の情報とか覚えないんスよwww」
「だったら聞くなよw」
って会話を少なくとも四回はした。

実際同僚の女の子とよく話していた。話が上手で女の子も山本くんと話していて楽しそうだった。
けど、真面目なユキとは合わないタイプだろうなあと思った。

実際同僚の女の子とよく話していた。話が上手く女の子も山本くんと話していて楽しそうだった。
ただ真面目なユキとは合わないタイプだった。

山本くんはよく女の子と遊んだ、とか誰々とヤッたとかいう話をした。
俺は内心、コイツほんとに品がないなー、と思いつつ適当に聞き流してた。
「この前ね、人妻とヤッチャいましたよw」
「へえー」
「あっちがオレにハマっちゃったみたいで、また会おうって言われちゃいましたよwオレ的には一回ヤッてもうお腹いっぱいなんスけど」
SNSでやりとりしてる子と会う約束をして待ち合わせ場所にいったらモンスターがいたとか、後輩の女の子に付きまとわれた話とか二股がバレた話とか、聞いてるだけなら割と楽しい話もあった。
時々、それホントかよーと思うような嘘くさい話もたくさんあったけど。

ユキにバイト先を紹介してしばらくたった。
仕事にも大分慣れたようだった。

その日、山本くんはかなり機嫌が良さそうだった。
露骨に何か聞いて欲しそうな顔をしてたから、
「今日は一段とテンションが高いね」
と声をかけた。
「いやー、ね。実はっすね……」
すごいニヤニヤした顔で、珍しくもったいぶった言い方をした。
「オレ…………ユキさんとヤッちゃいましたよ」
俺は「は?」と思った。当然山本くんは俺とユキが付き合ってることを知らない。
今までにも山本くんが同僚の女の子とヤッた話をされたことはあった。その時もけっこう動揺したけど、今回はその時の比じゃなかった。
軽く目眩がしそうだった。俺は必死に動揺を気取られないようにした。
そして、すぐに山本くんが、おそらく作り話をしているんだと気付いた。
山本くんは、女の子と寝ることを自慢しているようなフシがあったから。見栄を張っているのだとわかった。
「前からユキさんは狙ってたんスよ」

「ユキさんマジで肌綺麗で白いっスね。前からそう思ってたんスけど、脱がせたら余計っスねwww」
確かにユキは肌が綺麗だけど、それは本人と会えばわかることだった。
「あとマジでシマリいいっスわwチンポ突っ込んだらビクビクって体が震えて全身で締め付けてくるんスわw顔はいいし感度も良好で久々の上物ッスよwww」
俺は山本くんの話を信じてはいなかった。でも全く気にならないわけじゃなかった。
たまたまその日ユキと会う機会があったので、軽くカマをかけてみた。無反応だった。
ユキの様子もいつも通りだった。俺は安心した。
そもそも山本くんは、ユキが一番嫌いなタイプだろうし、ユキ本人も前に苦手だと言っていた。

「最近ユキさん開発しまくりっスw」
山本くんは会う度にユキの妄想話を垂れ流すようになった。もしかすると今までの話も、ほとんどが嘘だったのかもしれない。
「チンポで子宮の奥をグリグリってしてやるとびくびくって全身が小刻みに震えて『ああああ』とか情けない声で喘ぐんスよw
完全に俺のチンポにドハマりしてますねwww」

山本くんの妄想話は日に日にエスカレートしていった。
「元からMッ気あったっすけど、俺に調教されて完全にドMに目覚めちゃったみたいっスw
バックからついてやったらイキまくりw髪の毛掴んでかなり乱暴に犯したんすけどキ○ガイみたいに感じまくってましたねwww
ハメながら唾とか飲ませましたよwww完璧に俺の奴隷www
ヤッた後はお掃除フェラさせましたw
ああ、マジウケるんすけど、小便飲ませたっすwww
ユキはもう俺が命令したらなんでもするっすね」

ある日、山本くんがニヤニヤしながらこんなこと言って来た。
「ああそうそう、いいものあるんすけど見るっすか?」
「なに?」
俺は適当に返事をした。
山本くんが携帯をいじる。
「これちょーウケるっス」
山本くんが示した携帯の画面を見て、血が凍った。
画面には全裸のユキが写っていた。前髪から鼻にかけて白い液体がたれている。卑屈な笑顔を浮かべピースサインをしていた。
「この時綺麗に顔射出来たんで記念に撮ったんすよwwwめっちゃ出てるっしょwww」
山本くんが下品な笑い声をたてる。その画面に映っていたものがショックで、平衡感覚を失いそうになる。
「他にもいっぱいあるっすけど見ます?」
「……いや、いい」
それだけ返すのが精一杯だった。
「そっすか残念っすねー。
まんぐりがえしさせてバイブつっこんだやつとか、コンドームくわえさせたやつとか傑作なんすけどねえw」

 

固定ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 真面目だった彼女がヤリチンDQNのオナホ便器に
  • ■出典など

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 倒錯の夏

    倒錯の夏 第1章 一日目・8月6日 プロローグ …
  2. 美奈子

    美奈子 ―"MINAKO" a wife of boys' toy. ― …
  3. 蒼きハイエナたちの時代 I

    ―― 蒼きハイエナたちの時代 1~6 ――「優しそうだし、何でも許してくれそうじゃん」「崩れたっ…

人気記事をチェック!

  1. その封筒を、最初に見つけたのは僕だった。――これって、 お母さん、 封筒の中には、母の写真が入っ…
  2. 『僕の好きな委員長は僕の嫌いなクラスの不良に女にされていた。』委員長はどちらかというとクラスでも地味…
  3. 誰でもよかったわけではない。 どうでもよかったわけでもない。 ただ少し――疲れてしまっていたのか…
  4. *サイト閉鎖されておられました作者様がDL販売を開始されましたので作品の補完および公開を自粛させて頂…
  5.  私は40歳の公務員です。妻は36歳で、私が言うのもなんですが、美しい妻だと思っています。いや美…

ピックアップ記事

  1. 2017-11-22

    倒錯の夏

    倒錯の夏 第1章 一日目・8月6日 プロローグ …
  2. 2017-11-22

    美奈子

    美奈子 ―"MINAKO" a wife of boys' toy. ― …
  3. 2015-7-27

    蒼きハイエナたちの時代 I

    ―― 蒼きハイエナたちの時代 1~6 ――「優しそうだし、何でも許してくれそうじゃん」「崩れたっ…
ページ上部へ戻る