彼女の寝取られDVD

彼女「佳織」とは高校の頃からの付き合い。高一のとき友達といっしょに映画部に入ったとき初めて会った。

佳織も友達に連れられて入ったらしくてあまり乗り気じゃ無かったみたいだけど、なんていうか暗いタイプで男子の人気もあんまり無かった。
おれも最初はどうでもいいやつと思ってたんだけど、夏の野外の撮影のとき、佳織といっしょに大道具運んでたら風でボサボサの前髪がまきあがって、そのとき見えた顔がすごい綺麗でビックリ…
他の男子は佳織にあまり興味持ってなかったんで「これはチャンス」と思い、一年生の秋ごろ告ったら佳織は顔真っ赤にしながら「私でいいの?」って言って。

付き合いだして一年目くらいには佳織も身なりを気にするようになってて、回りもけっこう見る目変わってた。

付き合う前は以前はリングの貞子そのものwだったんだけど、その頃には髪の毛は肩の後ろまでにして、前髪も眉にかかる程度。

付き合い始めはあんまり会話が無かったけど、よく笑うようになってた。
二人で地元の大学目指して、高三の春にようやくおれの部屋で初エッチ。
おれも佳織も初めてだったんで色々失敗wしたけどそれからは週に2,3回やってた。親には部屋で勉強してるっつって。

いや、勉強もちゃんとしてたんだけど。そのかいあっておれも佳織も同じ大学に入れた。

で、ここからが本題。

佳織には妹(一歳年下)の和美がいて、コイツが佳織と正反対のバカ女。
髪は金に近い茶髪で態度も声もでかいやつ。正直いっておれは大きらいだった。
男癖も悪いって話で、佳織は和美をいつも心配してるようだった。

和美は佳織と仲がよさそうに見えたけど、どこか佳織をバカにしてるようだった。

和美の友人もロクなやつがおらず、おれはなるべく相手にしないようにしてた。

大学に入ってから、おれは大学の近くのアパートに移り、佳織は自宅が大学と近かったのでそこから通ってた。

大学ではほとんど一緒にいた。佳織は外泊認められてないので、おれの部屋でエッチしたあと、遅くならないうちに自宅に送ってた。

エッチしない日も大学のかえりはだいたいいつもおれの部屋によってから帰ってたんだけど、大学2年のある日から少しづつ理由をつけてまっすぐ帰るようになってた。
それでも夜は電話してたんだけど、たまに繋がらない日があった。

大学2年の冬頃、その日も佳織はまっすぐ帰ったんだけど、その夜なぜか和美が俺の部屋に来た。すこし酔っ払ってるみたいだった。

おれが迷惑そうに「何しにきたんだよ」というと(実際迷惑だった)、「裕二君(おれの名前)ちょっと休ませてよー」とよくわからないこと言い出して、しかたなく部屋にいれて、「酔いが覚めたらさっさと帰れよ。佳織に心配かけんな」て言ったら「あははー、なんにもしらないくせに~」みたいなこと言って、そのときはおれも全然気にとめてなかった。
しばらくテレビ見てると、和美が急に体をよせてきた。

おれが「なにしてんだよお前!」というと「いいじゃん。最近佳織とはしてないんでしょ。しってるよ~」とか言い出して。
「お前に関係ないだろ」「ねーしよー」「やめろって!」みたいなかんじになって。

おれは佳織がホントに好きだったし、こんなことで嫌われたくないと思いひたすら拒絶してると、急に和美が「ふーん。じゃいいもの見せてあげようか」とか言い出して。
おれのパソコンの電源入れてバッグからCD-R取り出して読み込んで。
和美がデータひらいてるの見てるとなんかあえぎ声が聞こえてきた。

ネットで落とした無修正動画かー?とか思ってたら、『あっ、あん、や、やぁー、あん』
よく聞くとそれは佳織の声だった。びっくりしたおれが画面を見ると確かに佳織だった。
一瞬おれが佳織とやってるとこを盗み撮りされたのかと思ったら、おれの部屋じゃない。
「ちょっ、コレなんなんだよ」
「見たら分かるじゃん。佳織とマサシ(和美の男)がやってるとこ」って。

マサシは一つ年下で見た目いかにもチャラくて、まあ和美にはお似合いかなと思ってたやつ。
こいつもあんまり好きじゃなかった。

おれはそれ以上言葉が出なくて、画面の佳織とマサシをずっと見てた。
『あ、うぁ、んっ、やぁん』
『ほら、こことか』(耳あたり?なめる)
『やあっ!ん、んう、だめぇ』
(耳元で)『ねえ、これいい?どんな感じする?』
『あ、い、うんっ、いいですっああっ』

普段の大人しい佳織とはかけ離れた姿をみてなんとなく現実感沸かなかったけど、
声は確かにおれとエッチしてるときの佳織とおんなじだった。奇妙な気分だった。
『ほら。ここ好きでしょ。』(指で乳首こすってる?)
『あっ、はいぃ、あぁー』

『ね、言って?おっぱいされるの好きって、ほら、ほら』
『あー、おっぱ、おっぱい、すきっ、あん、ですっ』
まるでAVみたいなやりとりで。

動画見ながらしばらく呆然としてたが、ふと我にかえり和美にどういうことか問い詰めた。
和美はおれの様子ににちょっとびびってたみたいでいろいろ聞き出せた。

和美から分かったのは
・マサシが以前から佳織とやりたいとか言ってて、面白半分の和美と共謀して佳織とやった。
・半年前から二人の関係は続いてる。
・動画は佳織に内緒でマサシがデジカムで盗み撮ったもの。場所はマサシの部屋(アパート)。

ということ。それ以上は和美と話してもムダと思い、和美をつれて佳織の家へ行った。

佳織は家にいたのでとりあえず佳織の部屋に入った。和美は自分の部屋に行かせた。
動画のことや和美から聞いたことを言うと、佳織は驚いたようにしたあと、泣きながら「ごめんなさい・・・」と言ってきた。
おれは佳織が落ち着くまで無言で待ってからなにがあったか聞いた。

ここから佳織から聞いた話。セリフは佳織から聞いた話と動画を参考にしてます。
大学2年の春ごろ、佳織の部屋で佳織、和美、マサシの三人で飲んでた時。

佳織の酔いが回ったころ、和美とマサシの二人がエッチな話で盛り上がりだし、佳織も二人に聞かれて少しづつおれとのエッチについて話し出した。

二人に触発?されてちょっと大胆になってたらしく、割と細かく話してると、マサシが次第に佳織に近づいてきた。

佳織の隣まできたとき、急に和美が「あたしトイレー」といって部屋を出た。

佳織は和美がすぐ戻ると思いあまり警戒してなかったらしく、すぐ隣にきたマサシとエッチな話を続けた。
するとマサシが
「ねえ、裕二君に胸とかどんな風にされてんの?」
「え・・・うん・・・やさしくしてくれる」
「こんな感じ?」(佳織の胸の上のほうを軽く触る)
「あっ!だめ!」
「いいじゃん。和美とするとき参考にしたいからさ」

少しやばいと思った佳織は
「だめ。和美が見たら泣くよ」というと
「和美がもどるまでだから。俺たちまだあんまりしてない(大嘘)から、参考にしたいんだって」
といい、さらに胸をさわってくる。

酔ってた佳織は、和美が戻れば終わると思い、マサシの腕を手でおさえながら話を続けた。
「裕二君は・・・乳首のまわりとか撫でてきて」
「えっこんなかんじで?」(同じように)
「あっもう、ダメだってば!あ・・・」

「こんなのとかは?」(乳首のあたりを指で弾く)
「だめ、もうやめて、もう」

佳織はとにかく和美が戻るまで我慢すればというのがあたまにあったらしく、かなりマサシの好きにされたらしい。

ところがいつまでたっても和美が戻らない。

佳織がおかしいと思ったころにはかなり感じてたらしく、濡れてるのが自分でも分かってた。
マサシに「ね、和美遅いよ、おかしい」というと、マサシは佳織の耳をペロっとなめて、耳元で「和美さ、戻らないよ」とささやいた。

「えっ?どういうこと?」と佳織が聞くと、
「実は俺前からお姉さんのこと好きでさ。和美が気を利かせてくれたんだよw」といい、
佳織の耳に息を吹きかけた。佳織はビクッとしてから
「なにいってるの?あたし彼氏いるのに、あっ、だめっ」

喋ってる途中で胸を揉まれ、力が抜けていった。
手もマサシの腕をおさえるというより持ってるだけみたいになってた。

マサシは「お姉さんすごいかわいい。」といって首筋をなめながら片手を服の中に入れてきた。
すぐにブラをはずされて、直に胸を揉まれた。
「だめー、だめ、あー、あん・・・」

この頃にはもうマサシのなすがままで、ダメということしか抵抗できなくなってた。
「わっ、お姉さんすごい濡れてるよ!」

いつのまにかマサシの手がスカートの中に入ってた。ビックリした佳織は
「あーっ!だめだめ、だめぇーーー」と少し大きな声を出して拒絶したけど
体が思うように動かない。

「お姉さん、俺もう我慢できないから」といい、佳織をベッドにのせて、息の荒い佳織のアソコをショーツの上から舐めはじめた。

「だめーー!いや、あ、あんっ、やぁ、やめて、あっ!」
「気持ちいい?お姉さん脱がしてあげるね」(ショーツをおろす)
「いやっ、見ないでよ、やだやだぁ・・・やめて」

「うわーお姉さんすごい。びしょびしょだし」(指を這わす)
「あー、あん、やだ、あ、あっ」
佳織が力なく喘いでいると、いきなりマサシがキスしてきた。

軽くキスしてからいったん離し、今度は下を入れてきた。

くちゃくちゃ音をたてながらディープキスされ、頭がボーっとしてるところで、
「お姉さん、もう入れるね。ゴムあるから大丈夫だからw」といい、
コンドームをつけてから、一気に佳織に挿入した。

そのまま正上位でしばらく突いた頃、佳織はもう一切抵抗せずただ喘いでた。
マサシの首に腕を回して、何度もキスしながらイッたらしい。
佳織がイッてからちょっとしてマサシもイッたらしく、佳織を強く抱きしめながら腰を押し付けてた。

いってからも佳織になんどもキスして、しばらく横になった後、佳織のアソコを拭いたりして後始末してから、まだ息の荒い佳織に
「お姉さんすごい良かったよ。声も可愛かったし。またしようね」といい、肩を抱いてかるくキスして部屋を出た。
佳織は何も言えなかったらしい。

それから何度か和美の部屋にきてたマサシにやられてたらしい。
いつも抵抗はするけど最後はなすがままになってしまったと佳織は言ってた。

ある日、マサシに「俺の部屋にきなよ」といわれ、断れずにマサシの部屋に行き、そこで何度もやられたらしい。

そのころから佳織が大学帰りにおれの部屋に寄らずに帰る様になったんだけど、やっぱりやられてたんだろうなー(泣

で、マサシの部屋でやり始めた頃からビデオに撮られてたらしく、和美の持ってきたCDーR以外にもかなりの量編集してたらしい(どういうやつだよ)。

動画を見る限りマサシは相当いわゆる『寝取り』が好きらしく、エッチしながら「裕二とどっちがいい?」とか聞いたり恥ずかしいことを言わせたりしてた。
マサシとのエッチはかなり気持ちいいらしく、佳織は言いなりになってた。

一番ショックだったのが
『明日は彼氏としたい?俺としたい?』
『あっ、あんっ、マサシくん、とっ、したい、です、あっ』
みたいなこと(実際はもっとグチャグチャな会話)いってるの見たとき・・・あー

結局全部のことを知ってからマサシとおれ、佳織で話をつけて、二度と佳織には近づかないと約束させた。佳織にも。
マサシとしてはその動画をおれが見たのは計算外らしく、それを話すとひたすら謝ってきた。
最初おれは、マサシはおれに見せて悔しがらせるために動画を見せたかと思ったが、単に和美がバカで、和美がマサシからもらったCD-Rを考えなしにおれに見せただけらしい。

今は佳織とはきちんと連絡とるようにして、マサシとは二度としないように言ってるけど確信は持ててない。
しらないとこでやってるんじゃ・・・とか思ってしまう。
マサシと和美は別れたらしく、佳織の家にマサシが行くこともないのでやや安心。

動画は全部没収、分かる範囲でデータも消去させたけどたぶん隠し持ってるだろうなー
動画のCD-Rは今ではおれのズリネタになってます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 彼女の寝取られDVD
  • ■出典など

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 倒錯の夏

    倒錯の夏 第1章 一日目・8月6日 プロローグ …
  2. 美奈子

    美奈子 ―"MINAKO" a wife of boys' toy. ― …
  3. 蒼きハイエナたちの時代 I

    ―― 蒼きハイエナたちの時代 1~6 ――「優しそうだし、何でも許してくれそうじゃん」「崩れたっ…

人気記事をチェック!

  1. ■不倫残業で上司の巨根の虜とされていた妻(全画面でプレイ)[説明]インストール不要でブラ…
  2. (1) 「うぉ~い、みんなぁ。撤収、撤収~!」 現場監督の野太い声がだだっ広いホールに響き渡る…
  3. 「……!?」倉庫を整理していたらとんでもないものを見つけてしまった。それはぼくの母さんが見知らぬ…
  4. 戦い 第1回 私45歳、妻美鈴42歳、結婚21年目を迎えた夫婦です。私は一昨年より地方の支社に…
  5. とある午後の昼下がり、暖かい春の日差しが室内に降り注いでいた。  (ほんとに暖かくなったわね・・…

ピックアップ記事

  1. 2017-11-22

    倒錯の夏

    倒錯の夏 第1章 一日目・8月6日 プロローグ …
  2. 2017-11-22

    美奈子

    美奈子 ―"MINAKO" a wife of boys' toy. ― …
  3. 2015-7-27

    蒼きハイエナたちの時代 I

    ―― 蒼きハイエナたちの時代 1~6 ――「優しそうだし、何でも許してくれそうじゃん」「崩れたっ…
ページ上部へ戻る