タグ:*長編

  • 中学生に寝取られた

    中学生に寝取られた_1 (ふふ、またすぐしわになるのにね) 思わず笑みがこぼれてしまうのは、今晩、夫の利之が出張から戻ってくるからだ。 そして、そんな夜は決まって抱き合うのが、ここ数…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 倒錯の夏

    倒錯の夏 第1章 一日目・8月6日 プロローグ その日は、片田舎の民宿にしては珍しく忙しい日だった。団体客を早朝に送り出したばかりだというのに、午後3時には次の団体の予…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 美奈子

    美奈子 ―"MINAKO" a wife of boys' toy. ― 第1話  美奈子 私は23歳の人妻です。元は小学校教師で、1年前に職場の同僚の男性(もちろん彼…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 蒼きハイエナたちの時代 Ⅳ

    ―― 蒼きハイエナたちの時代 284 ――巷で言う「オヤジ狩り」とは、中年の男を若い男たちが襲い、殴る蹴るの暴行を加えた揚げ句、金品を奪うというもの。一方、「オバサン狩り」とは、中年の女を同様に若い男たちが襲うのだが、目…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 蒼きハイエナたちの時代 Ⅲ

    *未保管分(190~277)を追加致しました(2015/12/13)―― 蒼きハイエナたちの時代 183 ――山名真佐子は、寿司詰めの電車内で、必死に息を殺していた。服の上から豊満な乳房をつかまれ、荒々しく揉…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 蒼きハイエナたちの時代 Ⅱ

    ―― 蒼きハイエナたちの時代 79~87 ――おばさん教師・北村光枝は、息子のベッドの上で、教え子の木山に犯されていた。全裸で、がに股の格好にさせられ、開いた肉壺をこれでもか、これでもかといった具合に突きまく…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 蒼きハイエナたちの時代 I

    ―― 蒼きハイエナたちの時代 1~6 ――「優しそうだし、何でも許してくれそうじゃん」「崩れたってゆーか、中年っぽい体が好き」「若いやつじゃだめだよ、もはや」――彼らは屈託なく笑う。皆、都内の公立高校に通う2年生の4…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 悪者と僕

    その封筒を、最初に見つけたのは僕だった。――これって、 お母さん、 封筒の中には、母の写真が入っていた。すべては、この時から始まった。僕が高校生になって初めての冬は、年が明けてからもっと寒くなって、その日は小雪がちら…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • タバコ

    「けほけほっ・・・もうー!このお店煙草臭いわよ!禁煙席ないの?じゃあもう帰りましょうよ。」 「え!?だってもうこの店しか空いてないよ?ほら、煙草吸っている席から離してもらうからさ。」 「いやよ。あたしが煙草の匂い…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 押しに弱くて断れない性格の妻と巨根のAV男優

    僕は33才のサラリーマンです。結婚はしていますが子供はいません。妻は中学からの同級生で、学生時代から7年ほど付き合って27才の時に結婚しました。 僕は昔から勉強が出来たので一流と呼ばれる大学に行き、今は某大手商社に…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 愛情よりも

    お隣さん① 結婚して十数年。不倫や浮気など考えたこともなかった私が、あんな体験をするなんて。私は今年36才になる主婦です。顔はごく普通で、身長がわりと高く骨太の体型で、独身時代もあまり男性にモテたという経験はありま…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 被虐天国

    前作 → 2対1の交換 ニュートン 「被虐天国」 予告 「2対1の交換」ですっかり私の恥ずかしい性癖を全国の方に知られる事となってしまいました。 T・和夫はいつもわたしを嫉妬させ、興奮させ、結局、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2対1の交換

    夫 Y 43才、妻 知子 35才 1.再婚  今、私たち夫婦の寝室で、夫である私以外の男であるT・和夫が・・ 何の遠慮もなく、コンドームも付けずに私の妻である知子の膣内にイチモツを挿入して・・・・ 生の膣内の滑り…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 柔道整復業界における需要と供給

    柔道整復業界における需要と供給 36才.柔道整復見学師  会社に向かう途中、@治療院の看板が見えます。 最近、どうも腰が痛いという妻の愚痴を思い出した私は、たまには奥さん孝行でもしてみるか等と、柄にもないことを考え…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 悩める父親

    (1)  皆さん、私の悩みを聞いて下さい。 それは2歳になる、我が家の長女のことですが、どうも私の子ではないようなのです。「ようなのです」というよりも、まず間違いなく私以外の男の子供だと思います。 妻は他の男の子種…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ごめんもう無理。嫁返して。

    379 名前:愛妻家 ◆97Q1KrYsDQ 投稿日:2012/04/17(火) 21:42:22.21 ID:LnbU0VtE0 ぽまえら~ 念願叶って抱かせたけど一発目で嫁からギブアップ宣言されたぞ~ 正直興奮…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 幼馴染が家にやってきた

    家族は父親一人きりという父子家庭で育った主人公。彼には幼馴染がいる。 小さい頃から一緒に遊んだ幼馴染。ともに原っぱを駆け回った幼馴染。クラスメートでもある幼馴染。 ショートヘアがトレードマークの活発な君。運動部に所…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 寝取られボウヤ<商店街シリーズ④>

    (いやらしい体つきになってる・・・) 浴室にある大きな鏡の前で湯上りの裸身を映しながら、遥はそんな思いに悩まされていた。 温泉での相姦劇後、商店街の面々は飯島にいい含められれているのか、遥を嬲りに来る事が 無くなった…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 飯島の回想<商店街シリーズ②>

    その日、飯島酒店の後継ぎである飯島清は、御用聞きの最中にいきつけの喫茶店『はるか』で一休みをしていた。当節十九歳。高校を中退し、あまり素行が良いとはいえないこの少年を、喫茶『はるか』の女主人、佐古遥は事ある毎に優しく…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 町内会の寄り合い<商店街シリーズ①>

    「ただいま、あれ?母さんは?」「商店街の寄り合いに行ったよ。遅くなるから先に寝てなって、言ってた。」「そうか」まだ晩夏の雰囲気が漂う薄曇の八月某日、地元の公立高校に通う佐古真治は、中学生の妹、奈津実とそんな会話を交わ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 【あらすじ】主人公である息子は母親と古びた工場で雨宿りをするのだが、そこに住んでいた浮浪者との出会い…
  2. 「いやぁ、君が凛ちゃんだね? 初めまして」 「……どうも」 「ま、ま。座って座って」  どこか甘っ…
  3. 【あらすじ】 自宅のポストに不審なDVDを見つけたリト。そのDVDには彼のよく見知った女生徒が何人も…

おすすめ記事

  1. 2015-7-23

    悪者と僕

    その封筒を、最初に見つけたのは僕だった。――これって、 お母さん、 封筒の中には、母の写真が入っ…
  2. 2015-6-9

    不倫残業で上司の巨根の虜とされていた妻

    【あらすじ】商社に勤めている妻の出社後、休みであった夫は妻のクローゼットの中からDVDを見つける。胸…
  3. 2015-6-7

    いつも楚々とした母が僕のせいで……

    栃木県の那須塩原の近くに父の会社の社長が保有する別荘があった。 子供の頃、毎年、夏休みになると、そ…

ピックアップ記事

  1. 【ToLoveる】不良たちの肉玩具となった風紀委員・古手川唯

  2. 【ドラゴンクエスト・トルネコの大冒険】せめて悪い夢ならば(仮題)

  3. エロガキに狙われた母

ページ上部へ戻る