タグ:アナル

  • お母さんvsヤンキー

    田村たかし高校二年です。 久し振りに 中学校時代のクラスメートで友達だった田中、佐藤、伊藤の3人と会い、今年の夏休みに 僕のお母さんが働いている食堂にご飯を食べに行った時の出来事です。 「いらっしゃ~い」 黒のエプ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 毀れてゆく母

    1. 今、手許に送り付けられてきた2枚目のDVDがある。 今回の映像から受けた衝撃は、1枚目で受けたものを遥かに上回り、 さらに激しい興奮状態に巻き込まれた。 何度も繰り返し見ながら、そのたびに白い液を撒き散らし…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 中学生に寝取られた

    中学生に寝取られた_1 (ふふ、またすぐしわになるのにね) 思わず笑みがこぼれてしまうのは、今晩、夫の利之が出張から戻ってくるからだ。 そして、そんな夜は決まって抱き合うのが、ここ数…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 蒼きハイエナたちの時代 Ⅳ

    ―― 蒼きハイエナたちの時代 284 ――巷で言う「オヤジ狩り」とは、中年の男を若い男たちが襲い、殴る蹴るの暴行を加えた揚げ句、金品を奪うというもの。一方、「オバサン狩り」とは、中年の女を同様に若い男たちが襲うのだが、目…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 蒼きハイエナたちの時代 Ⅲ

    *未保管分(190~277)を追加致しました(2015/12/13)―― 蒼きハイエナたちの時代 183 ――山名真佐子は、寿司詰めの電車内で、必死に息を殺していた。服の上から豊満な乳房をつかまれ、荒々しく揉…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 蒼きハイエナたちの時代 Ⅱ

    ―― 蒼きハイエナたちの時代 79~87 ――おばさん教師・北村光枝は、息子のベッドの上で、教え子の木山に犯されていた。全裸で、がに股の格好にさせられ、開いた肉壺をこれでもか、これでもかといった具合に突きまく…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 悪者と僕

    その封筒を、最初に見つけたのは僕だった。――これって、 お母さん、 封筒の中には、母の写真が入っていた。すべては、この時から始まった。僕が高校生になって初めての冬は、年が明けてからもっと寒くなって、その日は小雪がちら…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【To LOVEる】 リトのアンラッキースケベ 古手川唯編

    【あらすじ】 自宅のポストに不審なDVDを見つけたリト。そのDVDには彼のよく見知った女生徒が何人もの男たちに犯されている映像が収められていた…… ■【To LOVEる】 リトのアンラッキースケ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • あゆみ

    あゆみ 週に1度か2度、今のご主人様の調教を受けないと、心身共に満足できないからだになってしまったことを、後悔はしていません。夫にこの事実がいつばれても仕方ないと思っています。でもこの生活を維持していけるものなら今…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 愛情よりも

    お隣さん① 結婚して十数年。不倫や浮気など考えたこともなかった私が、あんな体験をするなんて。私は今年36才になる主婦です。顔はごく普通で、身長がわりと高く骨太の体型で、独身時代もあまり男性にモテたという経験はありま…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 母と痴漢

    (あっ!あれ、母さんだ)通勤ラッシュもピークを過ぎた夕刻の電車に揺られながら、郊外の私立中学に通う高橋直人は、同じ車両の中に母の姿を見つけることが出来た。ピークを過ぎたとはいえ、車内にはまだかなりの乗客がいる。しかし…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた

    嫁の麗子とは結婚してまだ2年だ。お互いに32歳で、職場結婚だ。大手ハウスメーカーに勤務していて、世帯年収は1700万ほどあり、余裕のある生活を送っていた。 つきあい始めの頃は、俺の方が引っ張っていくような関係だった…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 家庭訪問

     私は40歳の公務員です。妻は36歳で、私が言うのもなんですが、美しい妻だと思っています。いや美しいというより、色気のある女です。結婚10年目の今でも、服装から言葉遣い、床の中まで気を使ってくれて、男の私を満足させて…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 悩める父親

    (1)  皆さん、私の悩みを聞いて下さい。 それは2歳になる、我が家の長女のことですが、どうも私の子ではないようなのです。「ようなのです」というよりも、まず間違いなく私以外の男の子供だと思います。 妻は他の男の子種…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 幼馴染が家にやってきた

    家族は父親一人きりという父子家庭で育った主人公。彼には幼馴染がいる。 小さい頃から一緒に遊んだ幼馴染。ともに原っぱを駆け回った幼馴染。クラスメートでもある幼馴染。 ショートヘアがトレードマークの活発な君。運動部に所…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 町内会の寄り合い(外伝)<商店街シリーズ③>

    紅葉が美しく色付いた十一月の某日、遥と真治は商店街恒例の慰安旅行で、ひなびた温泉街に来ている。今、二人は貸し切り状態になった混浴の露天風呂に入り、ゆったりと体を休めていた。「真治、もっとこっちへいらっしゃいよ」「お、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 飯島の回想<商店街シリーズ②>

    その日、飯島酒店の後継ぎである飯島清は、御用聞きの最中にいきつけの喫茶店『はるか』で一休みをしていた。当節十九歳。高校を中退し、あまり素行が良いとはいえないこの少年を、喫茶『はるか』の女主人、佐古遥は事ある毎に優しく…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 町内会の寄り合い<商店街シリーズ①>

    「ただいま、あれ?母さんは?」「商店街の寄り合いに行ったよ。遅くなるから先に寝てなって、言ってた。」「そうか」まだ晩夏の雰囲気が漂う薄曇の八月某日、地元の公立高校に通う佐古真治は、中学生の妹、奈津実とそんな会話を交わ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 妻の夏休み

    妻の夏休み(1)  我が家のお隣は、母屋と離屋、そして車4台分が楽に入る大きなガレージを配し、建売りを買って隣に引っ越してきた私達とは格がちがいました。うちの娘が、お隣の息子さんと同じ幼稚園に通っている事もあり、子…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 母を恋いうる

        ―1― 私の結婚を機に、母は家を出て、一人で別居生活を始めた。 妻は、1年前に病で夫を失った母と、同居するつもりでいたので、いきなりの母からの申し出に、ずいぶん戸惑っていたようである。 しかし私は、これから…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 【あらすじ】 自宅のポストに不審なDVDを見つけたリト。そのDVDには彼のよく見知った女生徒が何人も…
  2. 「うふふ、敵情視察といきますか」イオリ模型店に入るミホシ。次の対戦相手であるイオリ・セイの信頼を…
  3.  私はトルネコ。旅をしながら商売をしているもので、ひょんなことから勇者様の旅に同行することになっ…

おすすめ記事

  1. 2015-7-23

    悪者と僕

    その封筒を、最初に見つけたのは僕だった。――これって、 お母さん、 封筒の中には、母の写真が入っ…
  2. 2015-6-9

    不倫残業で上司の巨根の虜とされていた妻

    【あらすじ】商社に勤めている妻の出社後、休みであった夫は妻のクローゼットの中からDVDを見つける。胸…
  3. 2015-6-7

    いつも楚々とした母が僕のせいで……

    栃木県の那須塩原の近くに父の会社の社長が保有する別荘があった。 子供の頃、毎年、夏休みになると、そ…

ピックアップ記事

  1. 【ToLoveる】不良たちの肉玩具となった風紀委員・古手川唯

  2. 【ガンダムビルドファイターズ】セックスバトル②

  3. 陥落した母

ページ上部へ戻る